ホーム 宇宙論の歴史、孫引きガイド 古城と怪奇映画など 美術の話 おまけ
怪奇城の外壕

 Ⅰ i 映画と建築など
  ii 映画のセット、映画美術など
  iii 怪奇映画とその歴史など
  iv 城など
  v ゴシック・ロマンス、その他
  vi 廃墟など
  vii 建築画、街景図、紙上建築など
  viii もろもろ(1)
廊下、塔、庭園、グロッタ、劇場、
地下、橋、建築と写真、背景用資料集その他
   ix もろもろ(2)
路地、住宅、客家民居、九龍城、
産業建造物、大谷採石場、軍艦島、
ベルント&ヒラ・ベッヒャー、学校
ボマルツォの〈聖なる森〉、パラゴニア荘、綺想建築、
郵便夫シュヴァルの理想宮、その他
 
  おまけ

i. 映画と建築など

映画についても建築についても詳しいとはとても言いかねるので、例によって穴だらけになってしまいますが、とりあえず関係のありそうなものを挙げていきましょう。「」や「」のあたりになると、あまり関係のなさそうな項となったりもしますが、そこはおいておいて、 また、宇宙論に関わるもの、とりわけ迷宮などについては「宇宙論の歴史、孫引きガイド」>「図像、図形、色彩、音楽など」のページの「v. 建築など」の項の→こちらもご参照ください。
さて、そのものずばりの資料もどこかにあることとは思うのですが、いかんせん視野が狭く、今のところ目にとまったのは;


Bob Fear, "Evil Residence. The House and the Horror Film", Architectural Design, vol.70 no.1, January 2000 : "Architecture + Film II", guest-edited by Bob Fear, pp.36-41
くらいでしょうか。取りあげられているのは『ポルターガイスト』(1982)、『悪魔の棲む家』(1979)、『ヘル・レイザー』(1987)、『キャンディマン』(1992)など。

2ページの見開きだけですが;
Claire Smith, "The Architecture of Gothic Cinema", Edited by James Bell, Gothic. The Dark Heart of Films, 2013, pp.104-105
取りあげられているのは『ノスフェラトゥ』(1922)、『オペラの怪人』(1925)、『魔人ドラキュラ』(1931)、『月光石』(1933)
同書からは、また;
Martin Myrone, "Gothic Art's Cinematic Legacies", pp.78-81
Kim Newman, "The Old Dark House", pp.96-102

James Bell, "Haunted Landscape", pp.116-120

戻って
Architectural Design, vol.70 no.1, January 2000 : "Architecture + Film II"特集(pp.4-96).の他の記事は;
液体建築-エイゼンシュテインとフィルム・ノワール
(Peter Lyssiotis & Scott McQuire)/フセヴォロド・プドフキンとモンタージュの理論(Heather Puttock)/ドイツ表現主義映画における魂の空間(Hans Dieter Schaal)霊的都市を実現する-ハンス・ペルツィヒと『ゴーレム』(Claudia Dilimann)/敵としてのモダニズム-映画と近代建築の肖像(Edwin Heathcote)/物質的な音-ジャック・タチと近代建築(Iain Borden)/壁には感覚がある-1960年代ロンドンのセックスについてのカルト映画(Katherine Shonfield)/モール映画-救出策と「悪い」建築(Stephanie Ellis)/見せかけの都市における映画的都会経験を分節する(Martin Price)/LAと災害の建築(Jonathan Bell)/サイボーグ建築とテリー・ギリアムの『未来世紀ブラジル』(Rachel Armstrong)/映画における幻想的な空間的組み合わせ(Karin Damrau)/デジタルな虚構-映画建築における新たなリアリズム(Eric Hanson)/芸術劇場への余興-モダニズム映画の展開(Edwin Heathcote)/映画的なスカルパ(Murray Grigor)/建設する映画(Karl Sabbagh)/生活を変えるためには、まず空間を変えなければならない(Patric Keiller interviewed by Joe Kerr)/治癒的なヴィジョン-ジェイムズ・ボンド、スタンリー・キューブリック、キャプテン・カークとジョージ・ルーカス(Bob Fear)

ついでにⅡに対するⅠ;
Architectural Design, vo. 64, 11-12/1994, Architectural Design Profile, no.112 : "Architecture + Film"
論説(Maggie Toy)/建築と映画の間で(Michael Dear)/時間の中の空間-建築を撮影する(Murray Grigor)/レプリカントと家で-『ブレードランナー』の建築(Andrew Benjamin)/映画に撮られたもの(撮られなかったもの)の言説としての建築的経験(Nikos Georgiadis)/エコーとナルキッソス(Kester Rattenbury)/映画と建築-オーヴァーラップと対位法:映画産業におけるスタジオ製の特徴と建築教育におけるスタジオに基づく実験(Françoise Penz)/展覧会とセット・デザイン(Daniel Libeskind)/UFA映画センター-光の破片と皮膚の層 ドレスデン(Coop Himmelb(l)au)/ジョーンズ+ゴーマン・フィルム、ロスアンジェルス(Schweitzer BIM)/プロパガンダ・フィルムズ-監督の建物、ロスアンジェルス(Schweitzer BIM)/映画としての建築としての映画 タイムズ・スクエア、ニューヨーク(Hani Rashid & Lise Anne Couture)/ソフト・セル、42番街(Elizabeth Diller + Ricardo Scofidio)/シネマ・コンヴァージョン、ファイフ(John C. Hope)/映画・テレビ国際センター、ブカレスト(Westfourth Architecture PC)/野外映画-夜の想像的なもの アテネ(Nikos Georgiadis)/IMAXシネマ、サウス・バンク、ロンドン(Brian Avery)/フェイド・イン・フェイド・アウト、カールスルーエ(Dominic Papa and Jonathan Woodroffe)/リアリティ=フィルム=リアリティ・トランスファーランス(Disney)/建築と映画(Lorcan O'Herlihy)など、96ページ。

と、いろいろありそうなのですが、どれも読んでおらず、むしろ手本とすべきなのは-やんぬるかな真似するだけの能力がないのですが-;

鈴木了二、『マテリアル・サスペンス 建築映画』、LIXIL出版、2013
ジョン・カサヴェテス論 幸せの絶頂で住宅は静かに発光する/建築映画とはなにか/青山真治論 マテリアル・サスペンス/ペドロ・コスタ論 廃墟の呼吸、現代のユリシーズ、対談/牢獄を知り尽くした建築家/ブライアン・デ・パルマ論 デ・パルマ=コルビュジェ/二人のジャック論 ターナーとロジエ 恋と銃撃のエネルギー/黒沢清論 幽霊と開口部、対談/踊り場目線で東京を掴まえる/終わったあとなど、338ページ。

残念ながら「ホラーは苦手」とのことですが(p.284、また p.256)、黒沢清は気になるようで、また対談では「僕は踊り場フェチなのです」という黒沢の素敵な発言があったりします(p.313)。

以下、ここで見ていきたい作品が扱われているわけではない場合がほとんどではありますが、参考まで;

荒井晴彦+渡辺武信、「第1夜 映画と建築」、日本建築学会編、『建築空間と想像力 PART 2 建築夜学校'91』、TOTO出版、1992、pp.14-57
空間シークエンスをたちあげる/製作現場の人間関係/映画の中の建築/監督の役割/日本の組体質/コストの重要性/時空操作/脚本から演出へ/シンクロする抽象と現実/映画・建築の迷路/ものつくりの宿命/オーソドクシーの崩れた現代/ビュー・スタンド・ポイント/建築家の映画

D.アルブレヒト、萩正勝訳、『映画に見る近代建築 デザイニング・ドリームス』(SD選書 249)、鹿島出版会、2008
原著は Donald Albrecht, Designing Dream : Modern Architecture in the Movies, 1986
訳は1995年刊本の改装版
序章/新しい建築の誕生/第7の芸術を建てる/先頭に立つヨーロッパ/ハリウッド無限会社/現代の神秘/エピローグなど、270ページ。


書名通り近代建築の話なのですが、pp.73-75 に『カリガリ博士』(1920)が出てきたり、pp.105-107 では『メトロポリス』(1926/27)、pp.156-158で『黒猫』(1934)、pp.239-245で『来るべき世界』(1936)などが取りあげられたりしています。

飯島洋一、『映画のなかの現代建築』、彰国社、1996
序論 虚構と現実の境界線をめぐって/光と影のイメージ/拠点的風景の表現/出会いと別れの構図/投影された境界線/アメリカ社会の肖像/隠喩としての空間など、268ページ。

渡辺武信、『銀幕のインテリア』、読売新聞社、1997
はじめに・なぜ映画で住宅を見るのか?/玄関/鍵と扉/居間と席/椅子/ソファー/食卓/台所/寝室/書斎 本棚/子供部屋/浴室 トイレ/階段 地下 屋根裏/縁側 テラス/灯火/暖房 暖炉/インテリア 室内の色彩/インテリア 個性との関わり/増改築/豪邸/住まいの祝祭など、350ページ。

五十嵐太郎、『映画的建築/建築的映画』、春秋社、2009
序-いかに建築と映画をつなぐか//
舞台と美術;建築家としての小津安二郎/どこにも存在しない、「懐かしい」空間-種田陽平論1/『ザ・マジックアワー』と映画的リアル-種田陽平論2/黄金時代の美術監督-中古智、中村公彦、村木与四郎/『さくらん』と時代劇ー蜷川実花と西岡善信//
空間と風景;他者のランドスケープ-リドリー・スコット論/不在の中心としてのローラ・パーマー-『ツイン・ピークス』/壮絶に変化する中国-『長江哀歌』『いまここにある風景』/男女、家族をつなぐ塔と家-『東京タワー』『みんなのいえ』『海辺の家』/窓・扉・壁、距離感の測定-『裏窓』『不完全なふたり』『壁男』/向こう岸にわたることがない最期の橋-『ブリッジ』/ライブ感とフェティシズムと-『ラブ&ポップ』//
架空の都市;カステロフィリアとしての宮崎駿/『イノセンス』が創造した極限都市-押井守論1/澄みわたる東京の空によぎる影-『東京スキャナー』-押井守論2/人のいない世界-『めざめの方舟』-押井守論3/ポストカタストロフィのコラージュ・シティ-『新世紀エヴァンゲリオン』/瞳に映るもうひとつの近代-『スチームボーイ』/さかしまの世界-『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』/過去と未来の東京景観-『ベクシル』/壊されるための模型-円谷プロがつくる都市/初めて見た「未来都市」-手塚漫画建築考//
建築家と映像;建築界が嫌悪した映画-『摩天楼』/ジャック・タチのウルトラ・モダン建築/ル・コルビュジェと映像/モンタージュと建築/なんだこれは?の魅力-『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』など、304ページ。
同じ著者による→こちらを参照


また
吉田眸、『ドアの映画史 細部からの見方、技法のリテラシー』、春風社、2011
扉と映画、映画への扉/追いかけ映画を追いかける/表情の奥、映画の顔/眼の力(あるいは無力)、視線で繋ぐ映画/新たに「語る」ための長回し/パノラマ空間と映画時間/パンの衝撃、衝撃的な覗き/映像と音の不自然な関係/階段の映画、映画への階段/映画の内/外/映画と媒介/「映画化」の失敗、外部の視線/補説 消えるドア 文学的に消えるドアVS.映画的に消えるドア/鏡を破砕する/補説 他者の欲望が作動する/見せることは隠すことである/探す映画は探される、など、276ページ。

W.ペーント、長谷川章訳、『表現主義の建築(下)』、1988、pp.333-343:「Ⅲ-3 建築家と映画」
映画革命/ゴーレムの街/心の鏡像/映画館建築

若山滋・今枝菜穂・夏目欣昇、「ドイツ表現主義映画にみられる建築空間」、『日本建築学会計画系論文集』、vol.73、no.626、2008.4.30、pp.875-881 [ < J-STAGE

分析の対象となっているのは『カリガリ博士』(1919)、『巨人ゴーレム』(1920)、『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)、『ドクトル・マブゼ』(1922)、『ヴァリエテ』(1925)、『喜びなき街』(1925)、『メトロポリス』(1926)の7作

D.I.アグレスト、大島哲蔵訳、『圏外からの建築-映画・写真・鏡・身体』(SDライブラリー 19)、鹿島出版会、1995
原著は Diana I. Agrest, Architecture from Without. Theoretical Framings for a Critical Practice, 1991
序言/場所の観念について/デザイン対ノン・デザイン/理論の不幸/建築のアナグラム スカイスクレーパーの象徴的展開/表現の場としての都市/映像と建築に対するノート/鏡の建築/建築の鏡/表現に関する言説のための枠組み/建築-その外部から 身体、理論、そして性など、238ページ。

長島明夫+結城秀勇編、『映画空間400選 映画史115年×空間のタイポロジー』、INAX出版、2011
248ページ。
コラムだけ拾うと;鍵/内と外/日本家屋/港/壁/都市/電話/空港/リアル/身振り/崩壊/キッチン/集合住宅/川/森/3D
作品の選択や、執筆者によって〈空間〉のとらえ方が違うのはいいとして、何せ400点なので、1点1点に与えられたスペースがあまりに短いのが惜しいところです。
それでも『白い肌に狂う鞭』(1963)などが入っている点を良しとしましょう。


忠田友幸、『下水道映画を探検する』(星海社新書 80)、星海社、2016
はじめに/上映前に 下水道の基礎知識//
ネズミ編/災害編/モンスター編/逃走路編/強奪編/隠れ家編/脱獄編/歴史編など、288ページ。


全59作品が取りあげられています。
著者は下水道の建設業務に携わっていたとのことで、その正確な知識が強みになっています。大いに見習いたいものですが、いかんせん当方には建築にせよ映画にせよ正確な知識というものが欠けているのでした。

怪奇城の外濠 Ⅱ」、「viii. もろもろ(1)」中の「地下など」も参照

映画と建築を主題にしたものではありませんが、章題に挙げられたテーマや空間の問題にからんで取りあげられている作品を観たくなるのが;

岡田温志、『映画は絵画のように 静止・運動・時間』、岩波書店、2015
ウト・ピクトゥーラ・キネーシス-絵画論と映画論/独り歩きする影/メランコリーの鏡/不気味な肖像画/エニグマとしての彫刻/静と動のあわいの活人画/さながら抽象画など、328ページ。

こちら(『吸血鬼』)そちら(『キャット・ピープル』)あちら(『私はゾンビと歩いた!』)こなた(『レベッカ』)そなた(『アッシャー家の末裔』)でも挙げています

同じ著者による→こちらを参照

ii. 映画のセット、映画美術など

レオン・バルサック、山崎剛太郎訳、『映画セットの歴史と技術』、晶文社、1982
原著は Léon Barsacq, Le décor de film, 1970
著者は 1906-1969 とのことで(p.353)、訳の原本は歿後の出版なのかどうかは不詳
序文(ルネ・クレール)/まえがき//
歴史篇;映画効果と映画セットの発達/描かれたセット/建造セット/美学的研究/自然のセット/リアリズムの勝利/ネオ・レアリズモ/映画の新しい躍進//
技術篇 映画におけるセットの役割とその概念//
  セットの研究;資料の収集/いわゆる〈時代物〉(1815-1915)映画/歴史映画/ミュージック・ホール映画、ミュージカル映画、バレー映画/幻想映画//
  カラーと新しい技術//セットの製作//トリック撮影//結論//
映画セット論集など、400ページ。


とりわけ「技術篇 1 セットの研究」中の「幻想映画」の項を参照(pp.230-240)
こちら(『カリガリ博士』)や、そちら(『巨人ゴーレム』)あちら(『死滅の谷』)こなた(『吸血鬼ノスフェラトゥ』)そなた(『メトロポリス』)あなた(『アッシャー家の末裔』)こっち(『美女と野獣』)そっち(『ハムレット』)あっち(『去年マリエンバートで』)ここ(『魂のジュリエッタ』)も参照

なお余談になりますが、『原子怪獣現わる』(1953)でこれが長篇デビューとなったレイ・ハリーハウゼンと組み、『大海獣ビヒモス』(1959)で一応という形とはいえウィリス・オブライエンと関わり、『怪獣ゴルゴ』(1959/61)では着ぐるみ怪獣を扱うと、特撮ファンには信じがたい経歴を送った監督ユージン・ローリーが、それ以前に評価の高い美術監督でもあったことを、この本で知ったのでした(p.127、p.130。本書ではフランス語読みでウゼーヌ・ルーリエと表記)。p.121 では「ウゼーヌ・ルーリエの名はいつもジャン・ルノワールの名前と一緒に残り、ルーリエの作品は比類のないことで、1930-1940年の時代でもっとも大いなる成功をおさめたもののひとつとして残る」と記されています(→こちら(『大いなる幻影』)も参照)。


杉原賢彦+編集部[編]、『映画のデザインスケープ 都市/フォルム/アートの読み方』(Cine Lesson 12)、フィルムアート社、2001
イントロ デザインスケープとは何か?(杉原賢彦)//
デザインスケープを革新した問題作14;太陽はひとりぼっち/ナック/中国女/暗殺の森/惑星ソラリス/殺しのドレス/ワン・フロム・ザ・ハート/デューン 砂の惑星/未来世紀ブラジル/シド・アンド・ナンシー/エピデミック/欲望の翼/ガタカ/アメリカン・サイコ//
都市ライフデザインの代表的作家20(1);フィリップ・ガレル/エリック・ロメール/ウディ・アレン/ジャン・ユスターシュ/ウィリアム・クライン/ヴィム・ヴェンダース/エドワード・ヤン/ジョエル&イーサン・コーエン//
最前線インタヴュー 都市と映画のデザインワーク 種田陽平//
デザインフォルムの読み方(1);サイケデリック・ポップ(森直人)/デジタル・デザイン(暮沢剛巳)/幾何学/流線的デザイン(越後谷卓司)/クリエイティブ・サルベージ(北小路隆志)/レトロフューチャー(杉原賢彦)//
都市ライフデザインの代表的作家20(2);グレッグ・アラキ/リドリー・スコット/デイヴィッド・クローネンバーグ/セドリック・クラピッシュ/テリー・ギリアム/ブライアン・デ・パルマ/ウォン・カーウァイ/ポール・マザースキー/ペドロ・アルモドヴァル/オリヴィエ・アサイヤス/クシシュトフ・キェシロフスキ/ニン・イン//
デザインフォルムの読み方(2);ディープ・エコロジー(杉山匡一郞)/悪趣味/キッチュ/キャンプ(暮沢剛巳)/エスノ・アート(村尾静二)/ロボット・デザイン(鷲巣義明)/未来派/シュルレアリスム/表現主義(暮沢剛巳)//
世界の10大美術監督(越後谷卓司);オット・フンテヴァン・ネスト・ポルグレイズ/ラザール・メールソン/水谷浩/アレクサンドル・トローネル/木村威夫/ジャック・ソールニエ戸田重昌/フェルディナンド・スカルフィオッティ/メル・ボーンなど、208ページ。


『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』(SPACE SHOWER BOOKS)、スペースシャワーネットワーク、2014
プロローグ-映画美術が光を放つ(種田陽平)/木村威夫/LEGACY:伊藤熹朔/横尾嘉良/LEGACY:中村公彦/間野重雄/COLUMN:撮影所小史-天幕ステージからオープンセットまで(大谷隆之)/水谷浩/COLUMN:戦後日本映画 美術監督の系譜/西岡善信/LEGACY:内藤昭/朝倉摂/LEGACY:戸田重昌/池谷仙克/LEGACY:井上泰幸/竹中和雄/LEGACY:中古智/井川徳道/LEGACY:鈴木孝俊/森田郷平/LEGACY:浜田辰雄/村木与四郎/LEGACY:松山崇/ワダエミ/LEGACY:村木忍/ダンテ・フェレッティ/LEGACY:アレクサンドル・トローネル/高畑勲「アニメーション美術を語る」/映画美術 過去と未来をつなぐ夢(種田陽平×金原由佳)/エピローグ 20世紀映画美術の遺産(種田陽平)
14名を取りあげた主要部分は種田陽平によるインタヴューと跋文。「水谷浩」のみ間野重雄、岡田定、水谷佐紀×種田陽平。「LEGACY」の筆者は轟夕起夫。


フィヌオラ・ハリガン、石渡均訳、『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方 プロダクションデザインという仕事』、フィルムアート社、2015
原著は Finnauala Halligan, Filmcraft : Production Design, 2013
はじめに/ケン・アダム/ジム・ビゼル/リック・カーター/LEGACY 偉大な先人たち ジョン・ボックス/ウィリアム・チャン/スチュアート・クレイグ/ネイサン・クロウリー/LEGACY 偉大な先人たち セドリック・ギボンズ/ダンテ・フェレッティ/ジャック・フィスク/アンチョン・ゴメス/LEGACY 偉大な先人たち ウィリアム・キャメロン・メンジース/サラ・グリーンウッド/グラント・メイジャー/アレックス・マクダウェル/LEGACY 偉大な先人たち フェルディナンド・スカルフィオッティ/ジョン・マイヤー/イヴ・スチュワート/種田陽平/ディーン・タブラリス/LEGACY 偉大な先人たち リチャード・シルバートなど、256ページ。
「LEGACY 偉大な先人たち」の5名以外の16人については、各人の1人称の形で綴られています。

Juan Antonio Ramírez, translated and with a foreword by John F. Moffitt, Architecture for the Screen. A Critical Study of Set Design in Hollywood's Golden Age, McFarland & Company, Inc. Publishers, Jefferson, North Carolina and London, 2004
原著は Juan Antonio Ramírez, La arquitectura en el cine : Hollywood, la Edad de Oro, 1986
『スクリーンのための建築 ハリウッドの黄金時代におけるセット・デザインの批判的研究』
序言-映画における建築と歴史におけるどこか他の場所(
John F. Moffit)/英語版への序文-映画における建築についてのレッスン/初版序文(1986)//
概説的序論;映画建築とモダニズムの危機/ロケ撮影からスタジオ撮影へ/映画館の建築と映画の中の建築/映画建築対通常の建築//
セット・デザイン;美術演出における最初の進歩/建築家対監督-ジョゼフ・アーバン/〈挿絵家たち〉-アントン・グロートとウィリアム・キャメロン・メンジース/舞台デザイナーたちと画家たち-ウィルフレッド・バックランドとベン・カレ/監修する建築家たち-ハンス・ドライアー、ヴァン・ネスト・ポルグラーゼ、セドリック・ギボンズ/他の美術監督たち/デザインの過程/背景調査/デザインの付加的な局面/想像上の施主と見る顧客-尺度のモデル/労働条件とスタジオの様式//
セット構築;技法、素材と建築的機械類/専門的知識/音の衝撃//
家具から人工的景観へ;セットの仕上げとアクセサリー部門/衣装部対セット/風景の構築/人工的な海と創造的造船/天空の効果//
建築と欲望-映画構築の性格;6つの特有な特質/色と照明/駆り立てる機能主義//
セットの死と再生;破壊の方法-火、埋葬、放棄/ハリウッドの廃墟/建築的転生-恒久的なセット/いくつかの統計値//
古代からの建築様式;メソポタミアとパレスティナ/エジプト/ギリシア=ローマ建築//
中世からルネサンスまでの建築様式;城と宮殿/恐怖のゴシック/教会、修道院、街路……/ルネサンスからの例//
異国趣味の地域;伝説的なアラビアから同時代の伝説へ-モーロ人のスペイン/元型的スペイン/インド/汎スラヴ的建築と/あるいはジャングル/極東/コロンブス以前のアメリカ//
植民地バロックから同時代の折衷主義へ;〈スペイン様式〉とブルジョワ・バロック/映画的新古典主義は存在したか?/〈アメリカ的〉建築、フロンティアから都会へ/他の(旧世界)諸国//
近代建築がハリウッドを征服する;最初の近代人たち-アーバン、ランボーヴァなど/アール・デコとジグザグ幾何学化/遠洋定期船と〈流線型モダン〉/国際様式/ミュージカルにおける合理的=シュルレアリスム的建築//
エピローグ;いくつかの遍在する要素-階段、浴室、寝室/部分的結論など、256ページ。


とりわけ第8章の中の"The Gothic of Terror"の節(pp.135-141)を参照。『フランケンシュタイン復活』(1939)も挿図つきで言及されています(pp.139-140)。→こちらにも挙げておきます
また→こちら(『オペラの怪人』)、そちら(『魔人ドラキュラ』)あちら(『フランケンシュタイン』)こなた(『魔の家』)そなた(『黒猫』)あなた(『フランケンシュタインの花嫁』)などを参照。

Edited by Dietrich Neumann, Film Architecture : Set Designs from Metropolis to Blade Runner, Prestel, Munich & New York, 1996,
catalogue of the exhibition held at the David Winton Bell Gallery, Brown University, Providence, Rhode Island, Dec. 8, 1995 - Jan. 21, 1996, The Academy of Motion Picture Arts and Sciences Academy Gallery, Beverly Hills, California, April 4 - June 6, 1996, Deutsches Architektur-Museum und Deutsches Filmmuseum, Frankfurt am Main, June 26 - Sept. 8, 1996

『映画建築 「メトロポリス」から「ブレードランナー」までのセット・デザイン』
序論
(Dietrich Neumann)/空間の爆発-建築と映画的想像界(Anthony Vidler)/欲望の場所-ヴァイマール・シュトラッセンフィルム(Anton Kaes)/『メトロポリス』以前以後-近代都市を求める映画と建築(Dietrich Neumann)/ニュー・ヨーク、オールド・ヨーク-セルロイド都市の勃興と崩壊(Donald Albrecht)/「今日のように、ただもう少しそんな風に」-『ブレードランナー』のありうべきディストピア(Michael Webb)//
カリガリ博士(1920)/ゲヌイーネ(1920)/アルゴル(1920)/ゴーレム(1920)/朝から夜中まで(1920)/蠱惑の町(1923)/ニーベルンゲン(1924)/人でなしの女(1924)/裏町の怪老窟(1924)/最後の人(1924)/アエリータ(1924)/メトロポリス(1927)/サンライズ(1927)/アスファルト(1929)/五十年後の世界(1930)/黒猫(1934)/来るべき世界(1936)/失はれた地平線(1937)/摩天楼(1949)/ぼくの伯父さん(1958)/プレイタイム(1967)/ブレードランナー(1982)/バットマン(1989)/ディック・トレーシー(1990)//
映画と建築-ヴァイマール共和国時代のテクスト撰など、208ページ。


なお、1920~30年代のユニヴァーサル怪奇映画の美術監督をつとめたチャールズ・D・ホールの担当作品→こちら
同じく1940年代のユニヴァーサルでの美術監督ジャック・オタースン→そちら
同じくユニヴァーサルで20~40年代にセット装飾を手がけたラッセル・A・ガウスマン→あちら
ユニヴァーサルを経て40年代RKOのヴァル・リュートン製作作品に携わったアルバート・S・ダゴスティーノ→こなた
1950年代から60年代のハマーフィルムで活躍したバーナード・ロビンソン→そなた
同じくドン・ミンゲイ→あなた
1960年代前半にロジャー・コーマンのポーもので美術を担当したダニエル・ハラー(ホラー)→こっち

iii. 怪奇映画とその歴史など

ガイドブックの類はけっこうありますが、とりあえずいっとうお世話になったのが;
北島明弘責任編集、『ホラー・ムービー史 シネアルバム119 恐怖・怪奇・幻想の全映画』、芳賀書店、1986
はじめに/初期から20年代まで/30年代のホラー映画/40年代のホラー映画/50年代のホラー映画/60年代のホラー映画/日本のホラー(怪談)/ブラウン管のなかのホラー/70年代から現在まで 米英のホラー映画/70年代から現在まで ホラーの諸ジャンル/70年代から現在まで さまざまな国のホラーなど、240ページ。 
こちらあちらでも挙げています

なお編者には
北島明弘、『世界SF映画前史』、愛育社、2006
(→こちら(『透明光線』)、そちら(『来るべき世界』)、ここ(『禁断の惑星』)そこ(『宇宙からの侵略生物』)あそこ(『バンパイアの惑星』)こなた(『バーバレラ』)にも挙げています)

北島明弘、『映画で読むエドガー・アラン・ポー』(SCREEN新書 018)、近代映画社、2009
(→こちら(『アッシャー家の末裔』)そちら(『黒猫』)、またあちら(『大鴉』)こなた(『アッシャー家の惨劇』)そなた(『恐怖の振子』)あなた(『姦婦の生き埋葬』)こっち(『怪異ミイラの恐怖/黒猫の怨霊/人妻を眠らす妖術』)そっち(『忍者と悪女』)あっち(『怪談呪いの霊魂』)ここ(『赤死病の仮面』)そこ(『黒猫の棲む館』)、またこちら(『吸血魔のいけにえ』)そちら(『世にも怪奇な物語』)あちら(『バンシーの叫び』)こなた(『ター博士の拷問地下牢』)にも挙げています。
なおポーについては→「viii. エドガー・アラン・ポー(1809-1849)など」(<「ロマン主義、近代など(18世紀末~19世紀)」<「宇宙論の歴史、孫引きガイド」)も参照)

などもあります。

The Horror Movies, 1~4, (スクリーンネオブックス)、近代映画社、1986.3~5
いずれもB6版、160ページで定価700円。3月に1と2,5月に3と4が刊行。当時次々にヴィデオ・ソフト化された映画の情報を提供するという趣旨なのでしょうが、下記のように各巻で小特集が組まれており、憧憬をあおってくれたものでした。続刊されたかどうかは不詳。

第1巻;ハーシェル・ゴードン・ルイス、アンディー・ミリガン、ジョージ・A・ロメロ、ブライアン・デ・パルマの他、「ロジャー・コーマン&AIPの全て」(北島明弘)など
こちら(『ハンガー』)そちら(『肉の蝋人形』1953年版)でも挙げています


第2巻;ダリオ・アルジェント、マリオ・バーバ、ルチオ・フルチの他、「残酷と流血に賭けた男たち マカロニ恐怖映画の系譜」(浦安二郎)、『13日の金曜日』シリーズ、ウェス・クレーブン、ジョン・カーペンター、ジョー・ダンテ、ジョン・ランディス、トビー・フーパーなど
こちら(『インフェルノ』)そちら(『ザ・ショック』)あちら(『ブラック・サバス 恐怖!三つの顔』)ここ(『白い肌に狂う鞭』)そこ(『顔のない殺人鬼』)あそこ(『モデル連続殺人!』)こなた(『呪いの館』)そなた(『世にも怪奇な物語』)あなた(『顔のない眼』)こっち(『血とバラ』)そっち(『処女の生血』)あっち(『レモーラ』)でも挙げています


第3巻;ジョージ・A・ロメロ、ダン・オバノン、「50年代~ SF映画はホラーの香り」(増淵健)、『ジョーズ』シリーズ、「70年代オカルト・ブームを総括してみれば…」(筈見有弘)など
こちら(『たたり』)そちら(『ヘルハウス』)あちら(『血の唇』)でも挙げています


第4巻;デービッド・クローネンバーグ、トビー・フーパー、ジョン・カーペンター、ジョー・ダンテ、ジョン・ランディス、「ハマー&アミカスの全て 全解剖!! ブリティッシュ・ホラーの源流」(北島明弘)、「ユニヴァーサル怪奇映画を背負った4人のスター」(増淵健)など
こちら(『吸血鬼ドラキュラ』)そちら(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)あちら(『吸血鬼の接吻』)ここ(『凶人ドラキュラ』)そこ(『帰って来たドラキュラ』)あそこ(『ドラキュラ血の味』)こなた(『ドラキュラ復活!血のエクソシズム』)そなた(『ドラキュラ血のしたたり』)あなた(『ドラキュラ'72』)こっち(『フランケンシュタインの逆襲』)そっち(『吸血ゾンビ』)あっち(『妖女ゴーゴン』)、またこちら(『蛇女の脅怖』)そちら(『原子人間』)あちら(『キャプテン・クロノス 吸血鬼ハンター』)ここ(『フランケンシュタイン』)そこ(『フランケンシュタインの花嫁』)あそこ(『カリガリ博士』)こなた(『巨人ゴーレム』)そなた(『吸血鬼ノスフェラトゥ』)あなた(『吸血鬼』)こっち(『ヨーガ伯爵の復活』)でも挙げています


論考としてまとまったもので初めて読んだのが;
石川三登志、『吸血鬼だらけの宇宙船 怪奇・SF映画論』、奇想天外社、1977
SF映画の知的な冒険;SF映画小史〈メリエスとSF映画の系譜〉/宇宙船にのった超人たち〈スペース・オペラ映画考〉/ロストワールドの夢〈怪獣映画と恐龍たち〉/ゴジラ〈未熟怪獣の白昼夢〉/田中友幸と東宝特撮スペクタクル史/ミクロの決死圏〈プロテウスの可能性〉/2001年宇宙の旅〈仰角的人類論〉/宇宙からの脱出/ウエストワールド/惑星ソラリス/地球爆発作戦〈コンピューターにも愛はあるのだ〉/猿の惑星〈逆転シリーズの特異性〉/未来惑星ザルドス〈生と死のためのSF的な寓話〉/ジョルジュ・メリエス直系の子孫たち〈特殊効果の系譜〉//
怪奇城の伝説;〈怪奇と幻想〉映画小史/三人の恐怖映画作家〈フィッシャー、キャッスル、フランシス〉/ビックリ箱の中の悪夢〈ロジャー・コーマン論〉/怪奇城の伝説/吸血鬼ドラキュラ/怪物団/ヘルハウス血とバラ〈現代吸血鬼考〉ドラキュラ血の味〈吸血鬼はやっぱりヒーローだった〉/エクソシスト〈神と悪魔の対決映画〉/怪談牡丹灯籠/怪談皿屋敷など、320ページ。


SFを扱った第1部に対して、第2部、とりわけ「怪奇城の伝説」(pp.194-271)は;
ロバート・ネヴィルの暗闇世界/ザロッフ伯の狂乱世界/ノーマン・ベイツの逃避世界/フランケンシュタインの創造世界/イム・ホ・テップの禁断世界/ローレンス・タルボットの変身世界/ドラキュラ伯の白昼世界
の7部からなり、精神分析的な概念装置を用いた意味づけに違和感はいなめませんでしたが、それでも当時見つけることのできた貴重な論述でした。

こちらで少し触れています、またそちら(『禁断の惑星』)にも挙げています。

少し間をおいて;
S.S.プロウアー、福間健二・藤井寛訳、『カリガリ博士の子どもたち 恐怖映画の世界』、晶文社、1983
原著は S. S. Prawer, Caligari's Children, 1980
はじめに/ジャンルの形成/恐怖の魅惑/本から映画へ(Ⅰ) マムーリアンの『ジーキル博士とハイド』/無気味なもの/本から映画へ(Ⅱ) ドライヤーの『吸血鬼』恐怖映画のイコノグラフィー ヴィーネの『カリガリ博士』/『カリガリ博士』をこえて/あるイメージの背景/結論など、366ページ。
こちら(『フランケンシュタイン』)でも挙げています

これらが教科書的な役割をはたしてくれたわけですが、それに先だっては;
『新評 臨時増刊 ALEDA 妖怪の本』、1974.7
に掲載された;佐藤重臣「吸血鬼映画のエロチシズム」(pp.192-201)、児玉数夫「怪奇映画の歴史」(pp.284-296)などで渇を癒していました。

この本は小特集のような形で吸血鬼に関する文章をいくつか載せていたのですが、少し後には『ドラキュラ都へ行く』(1979)、『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1978)、『ドラキュラ』(1979)の公開に合わせて
『季刊 映画宝庫』、no.11、1980.1、pp.1-212:「特集 ドラキュラ雑学写真事典」
なんてのも出て、その中に
平和孝、「吸血鬼映画全作品フィルモグラフィ」(pp.145-176)
が含まれていました
(→こちら(『催淫吸血鬼』)そちら(『レクイエム』)、またあちら(『オカルトポルノ 吸血女地獄』)でも挙げています)。

後に
ジョン・L・フリン、濱口幸一・村尾静二・濱田尚孝訳、『シネマティック・ヴァンパイア 吸血鬼映画B級大全』、フィルムアート社、1995
原著は John L. Flynn, Cinematic Vampires. The Living Dead on Film and Television, 1992
326ページ
という、より完備したフィルモグラフィが邦訳されましたが、やはり最初の時のワクワク感は忘れがたいものがあります。
とまれフリンの本は→こちら(『ノスフェラトゥ』)そちら(『魔人ドラキュラ』)あちら(『魔人ドラキュラ・スペイン語版』)ここ(『吸血鬼』)そこ(『古城の妖鬼』)あそこ(『女ドラキュラ』)こちら(『夜の悪魔』)そちら(『フランケンシュタインの館』)あちら(『ドラキュラとせむし女』)こっち(『凸凹フランケンシュタインの巻』)そっち(『吸血鬼ドラキュラ』)こなた(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)そなた(『凶人ドラキュラ』)あなた(『帰って来たドラキュラ』)、またこちら(『ドラキュラ血の味』)そちら(『ドラキュラ復活! 血のエクソシズム』)あちら(『ドラキュラ'72』)ここ(『バンパイア・ラヴァーズ』)そこ(『恐怖の吸血美女』)こっち(『ドラキュラ血のしたたり』)そっち(『吸血鬼の接吻』)あっち(『キャプテン・クロノス 吸血鬼ハンター』)こなた(『鮮血の処女狩り』)そなた(『バンパイアの惑星』)あなた(『血ぬられた墓標』)、またまたこちら(『ブラック・サバス 恐怖!三つの顔』)そちら(『モデル連続殺人!』)あちら(『女ヴァンパイア カーミラ』)ここ(『幽霊屋敷の蛇淫』)そこ(『血とバラ』)そこの2(『催淫吸血鬼』)そこの3(『レクイエム』)あそこ(『吸血鬼』)こっち(『黒猫の棲む館』)そっち(『女吸血鬼』)あっち(『薮の中の黒猫』)あっちの1.5(『処女の生血』)あっちの2(『ヨーガ伯爵の復活』)あっちの3(『血の唇』)あっちの4(『ワルプルギスの夜-ウルフVSヴァンパイア-』)あっちの5(『Mr.バンピラ 眠れる棺の美女』)あっちの6(『レモーラ』)こなた(『ハンガー』)そなた(『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』)あなた(『呪いの館 血を吸う眼』)、またこちら(『血を吸う薔薇』)でも挙げています


なお吸血鬼映画に関しては、
芦屋小雁、『シネマで夢を見てたいねん』、晶文社、1994、「第6章 銀幕の吸血鬼たち」
伯爵教授/かくしてこの邪悪は……
他の章は;
映写室を覗く-小学校に上るまで/手回し映写機の時代/絵看板と漫才と/ぼくが怪奇SFを好きなわけ/上方コメディ風雲録/薄膜蒐集家-集めるから観せるへ/滂沱の幻想物語/エピローグ-醒めて見る夢など、318ページ。
随所で怪奇映画・SF映画について言及されています。とりわけ「第4章 2 名なしの怪物」はフランケンシュタインものについて。
また同じ著者に『ドラキュラ百科(豆たぬきの本)』(1980)があるとのことですが未見。


『yaso 夜想/特集#「ヴァンパイア」』、2007.11
なにものかへのレクイエム(レーニン)(森村泰昌)/恋月姫 遙かなる眠り(撮影:野波浩)//
せつない吸血鬼;永遠という苦しみ(佐藤嗣麻子)/吸血鬼ファンタジア(小島文美)/天野可淡 吸血鬼人形に込められた思い(吉田良)/アン・ライスのヴァンパイア像(柿沼瑛子)/ここにも孤独なひとがいる Studio Life(倉田淳)//
サイモン・マースデンの世界(川合健一)/私たちは皆吸血鬼なのかもしれない-アベル・フェラーラ『アディクション』について(梅本洋一)//
ヴァンパイア映画クラシックス(編集部);ノスフェラトゥ ネズミと屍体と蝙蝠のキメラベラ・ルゴシの吸血鬼-魂を売り渡してまでも受難する女たち カール・ドライヤー「ヴァンパイア」//
吸血鬼文学名作百選(東雅夫)/目醒めの刻(山本タカト)//
ヴァンパイア映画クラシックス Part 2;二人のドラキュラ ベラ・ルゴシとクリストファー・リー(石田一)/米・英の吸血鬼 ユニヴァーサルとハマー・プロの吸血鬼映画(同)/マーク・ロブソン『吸血鬼ボボラカ』(編集部)/血を吸う銀幕 日本の吸血鬼映画(山田誠二)/女吸血鬼が観た吸血鬼映画(明日香七穂)//
吸血鬼王国(丸尾末広)/ヴァンパイア映画参考リスト(編集部)//
ヴィクトリア朝を背景に誕生した『ドラキュラ』(丹治愛)/ドラキュラのモデル-ヴラド・ツェペシュ(清水正晴)/「ドラキュラ」ブラム・ストーカー前史(編集部)//
闇と光のイコン ヴァーニャ・ズーラヴィロフ(天野昌直)/暗鬱なる美青年 美形吸血鬼ベスト・テン(須永朝彦)/龍の黙示録-吸血鬼のイメージはこうして作る(篠田真由美)など、200ページ。


下掲の
石田一、「ドラキュラ100年史《前編》」、1997
なども参照

話を戻すと、
菊地秀行、『怪奇映画の手帖 ホラー・シネマ・パラダイス』、幻想文学出版局、1993
はじめに奇術師ありき-G.メリエスへ/ドワイト・フライの憂愁/「フランケンシュタイン」の遺産/フランケンシュタイン創造者の悲劇-ああ、ジェームズ・ホエール/女ドラキュラの淫靡さ/ホラーを甦らせた男/我が「血塗られた墓標」「恐怖の足跡」の足跡/血しぶきの魔術師/H.G.ルイス/ジョージ・A・ロメロと「生ける死者の夜」/もうひとりの狂人/アンディ・ミリガンの世界/内に潜む狂気の演出者/クローネンバーグ//
モンスター覚え書き/HOW TO MAKE MONSTERS/ああ、怪奇スター/BIG IS GOOD/アメリカから来た玉手箱/アメリカから来た玉手箱2/アメリカから来た玉手箱3/ある原形/我が家のアンソロジー//
夜の末裔たち-吸血鬼映画ぎゃらりい/ラヴクラフト・オン・スクリーン/怪奇映画五番勝負/
怪奇映画ベスト100など、238ページ。

とりわけ「Ⅳ 怪奇映画ベスト100」(pp.189-229)は地図作りに役立ちます。
こちら(『アッシャー家の末裔』)こちらの2(『不死の怪物』)そちら(『幽霊屋敷の蛇淫』)あちら(『去年マリエンバートで』)こっち(『たたり』)そっち(『インフェルノ』)でも少し触れています

菊地秀行、『魔界シネマ館』、朝日ソノラマ、1987
恐怖城の虜;HORROR ミーティング/もうひとつの世界-怪奇SF私観-/夕映えの街//
空想科学映画の逆襲;殺戮者のみた夢-「ターミネーター」-/有り得ざるもの-「エクソシスト」-/ホラーならぬホラ話-「ゴーストバスターズ」-/まぶせ弦一郎のSF再入門講座//
映画をめぐるパラレルワールド;NEOホラー入門/ふりかえり座談会 '81年のSF・ホラー映画/ふりかえり座談会 '82年のSF・ホラー映画/文字世界から視覚世界へ-原作と映像独断偏見記-/座談会-劇場で観たい小説がこんなにあるぞ!/ブロック、マシスン&ラヴクラフト//
X君の名作鑑賞館;フランケンシュタイン/吸血鬼ドラキュラ/遊星よりの物体X/原子人間/ゾンビ//
怪奇小説の血;恐怖自叙伝/恐怖探求記-ホラーテイルズ-など、272ページ。

こちら(『禁断の惑星』)でも挙げています

菊地秀行、『夢みる怪奇男爵』、角川書店、1991、pp.137-242:「3 絶叫する銀幕」
怪奇男爵の憂鬱/怪奇男爵巡航記/モンスター・パレード/ミスターZOMBI対血まみれKING/コルト・ガヴァメントの伝説/猫とナメクジ/寝室でSF・怪奇映画を/殺しのテクニック/殺しの免許証(ライセンス)/ロング・ライダース/白い肌に狂う鞭血塗られた墓標フランケンシュタインの逆襲/地球防衛軍/ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生/原子人間/メインテーマ

また
菊地秀行監修、『妖魔の宴 スーパー・ホラー・シアター』(竹書房文庫)、竹書房、1992~1993;『ドラキュラ編』1,2/『狼男編』1,2/『フランケンシュタイン編』1.2
全6巻の巻末に収められた
菊地秀行、「我がドラキュラ映画の時代」(前後)、「我が狼人間(ウィアウルフ)映画の時代」(前後)、「我がフランケンシュタイン映画史」(前後)
などもあわせてご覧ください。

こちら(『倫敦の人狼』)や、そちら(『女ドラキュラ』)に、あちら(『フランケンシュタイン復活』)、またこなた(『狼男』)そなた(『フランケンシュタインと狼男』)あなた(『夜の悪魔』)こっち(『フランケンシュタインの館』)、そっち(『ドラキュラとせむし女』)あっち(『凸凹フランケンシュタインの巻』)、またこちら(『フランケンシュタインの逆襲』)そちら(『吸血鬼ドラキュラ』)あちら(『女吸血鬼』)こなた(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)そなた(『凶人ドラキュラ』)あなた(『帰って来たドラキュラ』)こっち(『ドラキュラ血の味』)そっち(『ドラキュラ復活! 血のエクソシズム』)あっち(『ドラキュラ'72』)あっち(『ヤング・フランケンシュタイン』)でも挙げています
同じ著者による→こちらも参照
また各編の第2巻巻末には、レオナード・ウルフによる「セレクティッド・フィルモグラフィー」も収録されています。

MONSTERS編著、『ムービー・モンスターズ 映像世界の怪物たち』、プレイガイドジャーナル社、1980
はじめに(石田一)//
怪物は呪いが生み出す;吸血鬼の世界/ミイラ怪人の世界/狼男の世界/その他の呪われた怪物たち//
怪物は科学が生み出す;フランケンシュタインの怪物/透明人間/ジキル博士とハイド氏/ロボット/その他の科学モンスター//
ムービー・モンスターズ!(フォーレスト・J・アッカーマン)/不滅のモンスターズ(芦屋小雁)など、184ページ。


石田一、『ムービー・モンスターズ 2 映像世界の怪物たち』、プレイガイドジャーナル社、1985
怪物は宇宙から来る;宇宙人/ベム(宇宙怪物)//
怪物は宇宙に棲む;宇宙人/ベム(宇宙怪物)//
怪物は人の心が生み出す;マッド・ドクター/科学犯罪者/凶悪犯罪者//
怪物は大自然が生み出す;怪人類/怪獣類など、176ページ。

こちらでも挙げています

石田一、『モンスター・ムービー』、フィルムアート社、1998
はじめに/スペース・モンスター/サイエンス・モンスター/オカルト・モンスターなど、230ページ。
こちらそちらでも挙げています

石田一、『図説 モンスター 映画の空想生物たち』(ふくろうの本)、河出書房新社、2001
A Pictorial History of Monsters/黎明期のモンスター サイレント時代から1939年/繁殖期のモンスター 1940年-1959年/成長期のモンスター 1960年-1979年/成熟期のモンスター 1980年以降/モンスターのクリエイターたちなど、128ページ。

石田一、『図説 ホラー・シネマ 銀幕の怪奇と幻想』(ふくろうの本)、河出書房新社、2002
A Pictorial History of Horror Movies/草創期 (サイレント時代~1930年代)/繁栄と低迷(1940~1950年代)/復興と世代交代(1960年代以降)/ホラー映画の仕掛け人 Who's Who on Horror Films など、128ページ。

石田一編著、『ハマー・ホラー伝説 英国ホラー・ファンタジーの世界』、キャッスル・カンパニー、1995
序文(フォーレスト・J・アッカーマン)/序文(ヴェロニカ・カールソン)//
ハマー・ホラー概歴/最上の声(ハリー・ナドラー)/偉大なる男優たち/華麗なる女優たち/優秀なスタッフたち/フランケンシュタインとドラキュラ/フィルモグラフィ-など、208ページ。

こちら(『フランケンシュタインの逆襲』)そちら(『吸血鬼ドラキュラ』)あちら(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)こなた(『フランケンシュタインの怒り』)そなた(『凶人ドラキュラ』)あなた(『帰って来たドラキュラ』)こっち(『ドラキュラ血の味』)そっち(ドラキュラ復活! 血のエクソシズム』)あっち(『ドラキュラ'72』)でも挙げています。また→こちらそちらあちらここも参照

石田一、「ドラキュラ100年史《前編》」、『アメージングムービー』、no.2、1997.12、pp.82-121
「特集 ドラキュラ映画史」のメイン記事で、前には「ドラキュラ・ミュージアム」(pp.68-71、ポスター等を掲載)、「ハマー・ドラキュラ名場面集」(pp.72-81)、後ろに「ドラキュラ映画年表 1921~1996」(pp.122-123)、「競艶 イタリアン・ヴァンパイア 1960年代のマカロニ・ヴァンパイア・ムービー」(那智史郎、pp.124-129)を収録
ただし《後篇》は雑誌自体が刊行されなかったもよう。

こちら(『吸血鬼ノスフェラトゥ』)や、そちら(『魔人ドラキュラ』)あちら(『魔人ドラキュラ・スペイン語版』)こなた(『女ドラキュラ』)に、そなた(『フランケンシュタインと狼男』)あなた(『夜の悪魔』)こっち(『フランケンシュタインの館』)、そっち(『ドラキュラとせむし女』)あっち(『凸凹フランケンシュタインの巻』)でも挙げています

石田一、『ハマー・ホラー写真集 VOL.1 ドラキュラ編』、キャッスル・カンパニー、2013
96ページ。
タイトルどおり写真集(モノクロ)ですが、セットの細部のわかるものがけっこう入っています。

こちら(『吸血鬼ドラキュラ』)そちら(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)あちら(『凶人ドラキュラ』)こなた(『帰って来たドラキュラ』)そなた(『ドラキュラ血の味』)そっち(『ドラキュラ復活! 血のエクソシズム』)あっち(『ドラキュラ'72』)でも挙げています

ムービー・モンスターズ』以下の編著者石田一氏の訃報をウェブ上で目にしました。1956年8月26日生まれで、2014年12月18日に逝去、享年59歳とのことです。上掲諸書に加え、『モンスタージン』の続刊、またキャッスル・カンパニーから刊行が企画されていた『恐怖の遺産/ハマー・ホラー完全読本』と『ドラキュラ・シネマ』を楽しみにしていただけに、残念でなりません。記して追悼に代えたいと思います。
この他に石田一が編集者等として関わったもので手もとにあるものだけ挙げておくと;

『ホラー・ワールド』、no.1、1980.3~no.2、1980.7
1号;特集「これがハマーだ!」(→こちらも参照
2号;特集「禁断の惑星」(→こちらにも挙げておきます、また→こちらも参照


『日本版ファンゴリア』、no.1、1994.9~no.8、1995.11
no.3、4 は手もとになし
こちらや、そちら、またあちらここそこも参照。また以後の号ですが→こちらや、そちらあちらも参照

『アメージングムービー』、no.1、1997.8、および no.2、1997.12
1号;宇宙SF/恐竜映画史
2号;ロボット&コンピュータSF映画史/ドラキュラ映画史(→上掲こちらで挙げました


石田一、『フォーレスト・J・アッカーマン ホラーSFコレクション博物館』、キャッスル・カンパニー、2009
アッカーマンション探訪//
はじめに/序文(フォーレスト・J・アッカーマン)/推薦文(聖咲奇)//
アッカーマンと私/アッカーマンの仕事/アッカーマンのお気に入り/3Dギャラリー/2Dギャラリー/イベントにて/アッカーマンの宝箱//
コラム(川合康雄);主なSF画家/アッカーマンのコレクションが意味するものなど、208ページ。


『モンスタージン』、no.1、2013.6、および no.2、2013.10
1号;特集『吸血鬼ドラキュラ』→こちらにも挙げています
2号;特集 ピーター・カッシング生誕100周年→こちらや、そちらあちらにも挙げています


またDVDボックス『モンスター・レガシー・コレクターズ・ボックス』(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン、2004)に封入されたブックレット The Monster Legacy File (執筆:石田一)にも大いにお世話になりました;
Introductuion/魔人ドラキュラ魔人ドラキュラ・スペイン語版フランケンシュタイン/ミイラ再生/透明人間/フランケンシュタインの花嫁倫敦の人狼女ドラキュラフランケンシュタイン復活狼男フランケンシュタインの幽霊フランケンシュタインと狼男オペラの怪人夜の悪魔フランケンシュタインの館ドラキュラの屋敷謎の狼女大アマゾンの半魚人など、22ページ。

追ってこんなのが出てきました;
1983年7月30日(土)に伊丹グリーン劇場で、夜9時からのオールナイト上映された『世界怪奇映画傑作集 H・R・I シネマサロン』の際に配布されたパンフレット、B4版二つ折りを2枚ホッチキス止め、計4ページ。手書きです。上映された『魔人ドラキュラ』(1931)、『吸血鬼ドラキュラ』(1958)、『フランケンシュタイン復活』(1939)、『フランケンシュタインの怒り』(1964)、『納骨堂の物語(魔界からの招待状)』(1971、監督:フレディー・フランシス)の解説が掲載されています。なお上映は字幕なし。なおいっしょにはさんであったのが『コレクターズ・ニュース』、1983.7、vol.2 no.7 で、16mmフィルム販売リストが主ですが、H・R・I 企画発行、連絡先として石田(方)が記されていました。


ハマー・フィルムについては、また;
梶原和男編著、『ハマーフィルム ホラー&ファンタスティック映画大全』、洋泉社、2002
ポスターギャラリー/ハマーフィルム社史(北島明弘)//
ハマーフィルム作品群;1930年代/1940年代/1950年代/1960年代/1970年代//
俳優&スタッフ;女優/男優/監督・スタッフなど、288ページ。


ハマー・フィルムを始めとして1950年後半以降の英国怪奇映画の看板となった
ピーター・クッシング(カッシング)について→こちらを参照
クリストファー・リーについて→こちらを参照
この二人と平行して米国恐怖映画の看板となったのが;
ヴィンセント・プライスについて→こちらを参照


また少し戻って;
『シネアスト 映画の手帖』、no.7、1986.7、pp.31-228:「特集 ホラー大好き!」
ホラー映画ブームが来てしまったが-(小松和彦)/ざわめく無秩序 ホラーとファンタジー(渡辺えり子)/アンチヒューマン・ユートピア(植島啓司)/すっかりゾンビで夜が明けた(筏丸けいこ)/物体X状況と目線の高さの円盤をめぐって(小野耕世)/刺激と反応(笠井潔)/マイナー・ホラーがメジャーへと転化する瞬間(塩田時敏)/恐怖は死んだ(天野哲夫)/トビー・フーパーへと至る長く困難な道(黒沢清)/映像一元論者デイヴィッド・クローネンバーグ(加藤幹郎)/ゾンビのように ホラーと「内面」なき世界(室井尚)/ホラーからホラーへ 生理学と技術論(松枝到)/モダン・ホラーを超えて 20年代から80年代へ(今泉文子)/ホラー映画の未来(秋山さと子)/トラッシュ・ア・ゴー・ゴー 60年代ストレンジ・ホラーの発掘に向けて(武邑光裕)/性器のないエロス(松浦理英子)/攻撃の構造(ノエル・バーチ)/新しいホラー映画に何が起きているか(四方田犬彦)/アメリカン・モダンホラーの夜明け(大場正明)/恐怖映画と嫌悪映画(きたやまおさむ)/〈怖いもの見たさ〉の怖さ 予告篇という提喩(島弘之)/恐怖映画の現在(福間健二)/恐怖 そして不気味な女 想像界のアブジェクシオン(バーバラ・クリード)など

『VIVA! FANTASTICA! こんなビデオが面白い ファンタスティック映画編』、世界文化社、1988
'70~'80年代のファンタスティック映画黄金時代をつくった才人たち~ぼくらはどんな場所を歩いてきたか(久保田明)/'90年代に夢を紡ぐ期待のファンタスティック・ディレクターたち/'90年代のファンタスティック映画を支える名職人たち~新進SFXアーティストの現在と未来(富谷洋)/空想的、狂想的きまぐれな?明日へのサバイバル~日本のファンタスティック映画を考える(野村正昭)/好きな映画を作りたい~対談:林海象・雨宮慶太/香港ファンタスティック映画の現在と未来~『聊斎志異』の世界を再現する3本の新作をめぐって(宇田川幸洋)/ヨーロッパ外縁部崩壊のファンタジー~廃墟と創造の螺旋階段(滝本誠)/怖~いお話を聞かせてあげよう~オムニバスSFビデオの素晴らしき世界(吉岡一夫)/東京国際ファンタスティック映画祭'88/'88年版ファンタスティック・ビデオ完璧インデックス全1320本など、288ページ。

友成純一、「幽霊屋敷は玩具箱」、『内臓幻想』、1993、pp.79-86
他の内容は;
まえがき わが名はスプラッタ//
血の考古学;逆グルメの映画史/ホラー・ベスト10/永井豪と平井正和//
血の現象学;スプラッタの行方/隣の殺人鬼/エクソシスト映画はゲテモノの宝庫/香港ホラー試論/エイリアン・テーマの作品群/スティーヴン・キング//
血の錬金術師たち;スプラッタは愛しの徒花-ジョージ・A・ロメロ/呪縛と解放-トビー・フーパー/二本の『死霊のはらわた』の間に-サム・ライミ/人格の崩壊=解放劇-デビッド・クローネンバーグ/『デューン』讃-デビッド・リンチ/歪んだ官能表現-アルジェントとデ・パルマ/女神礼賛-ジェイムズ・キャメロン//
血の結晶細胞;『新・13日の金曜日』/『13日の金曜日 PART6』/『ガバリン』/『バスケット・ケース』/『フライトナイト』/『チャイルド・プレイ』/『ビデオドローム』/『ザ・フライ』/『XYZマーダーズ』/『ヘルレイザー』/『ポルターガイスト2』など、256ページ。

こちら(『HOUSE ハウス』)でも挙げています

『幻想文学』、no.49、1997.3、pp.29-158:「特集 シネマと文學!~怪奇幻想映画館~」
吸血鬼ドラキュラ-予告篇(スペシャル・プロローグ)-(菊地秀行)/ハラァ博士の恐怖(井上雅彦)//
幻想芸術としての映画(インタビュー:巖谷國士)/魔術的芸術 抄(アンドレ・ブルトン)/映画ノートⅠ 1919年(フィリップ・スーポー)/シュルレアリスムと映画 抄(巖谷國士)//
映画芸術よりもフィルムの切れっ端-マクルーハンの先鞭者としての稲垣足穂(高橋康雄)/90年代、映画の幻想風景(新藤純子)//
私が選ぶ誌上オールナイト・ベスト;もう、キリないもんね!(田中文雄)/人間なんて糞食らえ(友成純一)/妖しさは影、影はまぼろし(須永朝彦)/あの頃の怪物たち(小中千昭)/不思議なセルロイド(稲生平太郎)//
ブックガイド 映画と幻想文学(石堂藍)//
ファンタスティック映画案内(渡電&石堂藍);幻想作家の横顔/ホラー・クラシックス/怪獣・妖怪/怪談/ポオとラヴクラフト/乱歩と久作/日本的幻想空間/奇談/幽霊/悪魔と悪霊/神秘/生と死/分身と変身/異界/ファルス/ヨーロッパ幻想空間/不条理/時間/飛翔/ラヴ・ロマンス/超能力/幻想の未来/ファンタジー/西洋的伝承世界/映像詩とナンセンス/日本の民話的世界


マーク・ジャンコヴィック、遠藤徹訳、『恐怖の臨界 ホラーの政治学』、青弓社、1997
原著は Mark Jancovich, Horror, 1992
ホラー・ジャンルとその批評家たち/ゴシック小説/アメリカの悪夢-モダニティとアメリカン・ルネッサンス/後期ヴィクトリア朝的想像力の野獣/ホラー映画の出現/フォーディストの恐怖-エイリアン的存在と合理的支配/ポストフォーディズム、ポストモダニズムとパラノイア-現代文化におけるホラー・ジャンルの支配/結論など、218ページ。
こちらそちら、またあちらこなたそなたあなたでも挙げています

デイヴィッド・J・スカル、仁賀克雄訳、『ハリウッド・ゴシック ドラキュラの世紀』、国書刊行会、1997
原著は David J. Skal, Hollywood Gothic. The Tangled Web of Dracula from Novel to Stage to Screen, 1990
序章 城と蜘蛛の巣と枝付き燭台/ストーカー氏の血の書物/イギリスの未亡人対ドイツの伯爵/「全公演に看護婦一名を常駐……」/悪魔との取引あるいは、ハリウッドは噛み付く/幽霊は西へスペイン語版『魔人ドラキュラ』/ハリウッド・ゴシックなど、386ページ。

デイヴィッド・J・スカル、栩木玲子訳、『モンスター・ショー 怪奇映画の文化史』、国書刊行会、1998
原著は David J. Skal, The Monster Show. A Cultural History of Horror, 1993
序章 幸福な時代(キャメロット)のサイドショー/トッド・ブラウニングのアメリカ/「あなたはカリガリ博士となる」-モンスター、いかさま師、そしてモダニズム/恐怖とサーカス/怪物たちとリブライト/1931年-アメリカの混迷/怒れる村人たち/「おとうさんのことも良く知ってるわよ」-戦争の恐怖、パートⅡ/ドライヴ・インは死霊と仲良し-50年代の恐怖映画/墓場でパーティ/これ生きてる、私、怖い!/スター・ウォーズ/腐った血/欠乏のダンス/モンスター・ミレニアムなど、492ページ。
こちら(『魔人ドラキュラ』)そちら(『フランケンシュタイン』)、またあちら(『黒猫』)あちらの2(『狂恋:魔人ゴーゴル博士』)こなた(『フランケンシュタインの花嫁』)こなたの2(『古城の妖鬼』)こなたの3(『大鴉』)そなた(『女ドラキュラ』)あなた(『フランケンシュタイン復活』)こっち(『狼男』)そっち(『キャット・ピープル』)にも挙げておきます
同じ著者による→こちらや、またあちらを参照

ジェフ・ロヴィン、鶴田文訳、『怪物の事典』、青土社、1999
原著は Jeff Rovin, The Encyclopedia of Monsters, 1989
あいうえお順、488ページ。
古い時代の神話等に見られるものも扱っていますが、20世紀の大衆文化、とりわけ映画やテレヴィに登場する怪物に関する項目が豊富です。
ただし「ドラキュラやオペラ座の怪人のようなろくでなしについては、すでに姉妹篇の『超悪者百科』で詳しく扱っている」(p.8)とのことで、本書には項目立てされていません。
同じ著者による→こちらを参照


黒沢清+篠崎誠、『黒沢清の恐怖の映画史』、青土社、2003
序章 それは恐怖のミイラから始まった/『生血を吸う女』と運命の機械 死の機械が発動する映画-黒沢清セレクション/吸血鬼ドラキュラと60年代ハマー・フィルムの盛衰 ハマーの怪物たち/マリオ・バーヴァとヨーロッパ怪奇の神髄 新たなジャンルを求めて/トビー・フーパーと生から死への緩やかな移行 黒沢清、フーパーに会う/アメリカン・ホラーの知恵と勇気 『CURE キュア』とアメリカ映画を比較する/終章 恐怖の星の下に生まれて、など、334ページ。
こちら(『吸血鬼』)そちら(『妖女ゴーゴン』)あちら(『吸血ゾンビ』)、またこなた(『蛇女の脅怖』)そなた(『顔のない殺人鬼』)あなた(『顔のない眼』)でも挙げています

一柳廣孝・吉田司雄編、『映画の恐怖 ナイトメア叢書 4』、青弓社、2007
「闇」への想像力をかきたてるために-「ナイトメア叢書」刊行にあたって(一柳廣孝)/はじめに(吉田司雄)//
ホラー・ファンダメンタリストの原点-小中千昭インタビュー//
映画の恐怖をたずねて;剥き出しの恐怖と接する(梅本洋一)/「紀子」の首-『晩春』の無気味さについて(中村秀之)/フリークス、モンスター、マッドサイエンティストの狂演(井上貴子)//
恐怖は伝播する;『カメラマンの復讐』-ヴワディスワフ・スタレーヴィチの初期アニメーション映画におけるグロテスク性について(中野泰)/人間と幽霊/妖怪の間-中華映画圏の怪奇映画小論(晏妮)/ヒッチコック映画-「日常」の恐怖(碓井みちこ)/『妖婆 死棺の呪い』論-ゴーゴリのロシアからプトゥシコのソ連へ(梅津紀雄)//
真夜中のセクシュアリティ(第4回) 「文化的な」主体の病-黒沢清と山本文緒のドッペルゲンガー、そして『叫』(久米依子)/書棚の隅に何かいる(第1回) 「天命学院講習録」-最後の気合術師・濱口熊嶽の教え(一柳廣孝)//
死者は偏在する;愛と幽霊は流れ続ける-ジョン・カサヴェテス『オープニング・ナイト』における演技とシャーマニズム(助川幸逸郎)/原点としてのシャワールーム-『サイコ』によるホラー映画史(進藤洋介)/人間ならざる人間-「ジャパニーズ・ホラー」と恐怖マンガの可能性(川崎公平)/死者たちの陽気な祝祭-時代劇映画における〝立回り〟(紅野謙介)//
恐怖を読む視点;ブックガイドなど、222ページ。


山崎圭司編、『イタリアン・ホラーの密かな愉しみ 血ぬられたハッタリの美学』、フィルムアート社、2008
ポスター・ギャラリー/序文(山崎圭司)//
まずはコレ! イタリアン・ホラー10選;吸血鬼(同)/生血を吸う女(同)/白い肌に狂う鞭(同)/顔のない殺人鬼(殿井君人)/炎のいけにえ(同)/サスペリア PART 2(矢澤利弘)/サスペリア(同)/サンゲリア(伊藤美和)/デモンズ(矢澤利弘)/デモンズ'95(伊藤美和)//
[SPECIAL INTERVIEW]ダリオ・アルジェント(矢澤利弘)//
テーマで覗く、イタリアン・ホラーの恐ろしい秘密。;イタリアン・スプラッター小史-芸術に昇華させた残酷描写の「技」(山崎圭司)/家庭内の権力闘争が怖い!-マリオ・バーヴァ作品における家父長制(西村安弘)/少数派(マイノリティ)が恐怖の源となる理由-外国人、障害者、同性愛者……それぞれの闘い(同)/女が一番、恐ろしい。-妖しげな月光を放つイタホラ女優たち(山崎圭司)/人肉食映画と植民地主義の関係-〈アンソロパファジー〉から〈カニバリズム〉へ(西村安弘)/イタホラは漫画から生まれる-『ディアボリク』『クリミナル』『サタニック』(同→こちらでも挙げています)/ゴシックホラーにみる性的抑圧-マッシモ・プピッロ『惨殺の古城』をめぐって(同)//
[COLUMN]イタホラは最後の秘境だ!-現代社会から遠くはなれて(中原昌也)//
怪奇!猟奇! 無敵のサブジャンル×6;ジャッロ ”いかに殺すか”を重視した伊製ミステリー・ジャンル(山崎圭司)/ゾンビ 人間の死にざまに固執したハードコア・スプラッター(伊藤美和)/吸血鬼 諷刺、お色気、パロディ……不遇な時代は今なお続く(西村安弘)/魔女 イタリアにおける魔女とはこのうえなく怖い存在(矢澤利弘)/オカルト 世界的ブームに便乗後、ゴアに走った超自然映画(殿井君人→こちらでも挙げています)/生物パニック 『JAWS』の便乗に端を発した〝安全な〟娯楽作の数々(同)//
[COLUMN]怒濤のサウンドトラック対談!(中原昌也×馬場敏裕)//
Who's Who? ハッタリのマエストロ×10;リッカルド・フレーダ イタホラの礎を築いたキーパーソン(西村安弘)/マリオ・バーヴァ 息子ランベルトが語る〝色彩の魔術師〟(山崎圭司)/レナート・ポルセリ 人間の本質を見つめた孤高の探求者(同)/ルチオ・フルチ 皮肉屋で毒舌家、権力に抗いつづけたスプラッターの帝王(同)/アントニオ・マルゲリーティ SF、アクション、動物……ブームに乗った作品を量産(殿井君人)/ジョー・ダマト 商品としてホラーに寄り添った多作職人(山崎圭司)/セルジオ・マルティーノ エロ、グロ、兇悪さがウリの、最後の娯楽職人(殿井君人)/ルッジェロ・デオダート 妙にリアルな食人映画で観客を圧倒(山崎圭司)/ダリオ・アルジェント 現役バリバリ!人気No.1ディレクター(矢澤利弘)/ミケーレ・ソアヴィ 低予算で完璧な作品をめざす、幻想ホラーの達人(同)//
イタリアン・ホラー A to Z(西村安弘)など、208ページ。


ジョン・ランディス、アンフィニジャパン・プロジェクト訳、『モンスター大図鑑~SF、ファンタジー、ホラー映画の愛すべき怪物たち~』、ネコ・パブリッシング、2013
原著は John Landis, Monsters in the Movies, 2011
まえがき/ヴァンパイア/オオカミ人間/マッド・サイエンティスト/ゾンビ/幽霊/ミイラ/神話とおとぎ話のモンスター/ドラゴンと恐竜/サル型モンスター/自然の逆襲/核による突然変異/悪魔の所業/宇宙モンスター/モンスター・マシーン/人間の皮をかぶったモンスター/モンスターの生みの親たちなど、320ページ。
随所にはさまされた対談の相手は;クリストファー・リー、ジョー・ダンテ、デヴィッド・クローネンバーグ、サム・ライミ、ギレルモ・デル・トロ、レイ・ハリーハウゼン、リック・ベイカー、ジョン・カーペンター(→こちらで触れています

こちらでも少し触れています

稲生平太郎・高橋洋、『映画の生体解剖 恐怖と恍惚のシネマガイド』、洋泉社、2014
プロローグ 映像体験/手術台は映画の根源を呼び覚ます/放電は映画のテクノロジーの象徴である/水が関わると映画は面白くなる/ただならぬ画面にこそ価値がある/現実が変容する感覚/裂け目が見える/定型的な通俗娯楽は神話に化ける/悪のインパクトが映画を輝かせる/エポックとなった映画、なれなかった映画/パラノイア感覚が画面にあふれだす/姉妹は不思議な魅力に満ちている/フィルムの中のフィルム/映画がリアルを支配する/映画の中に時間は流れていない/映画におけるオカルトとは何か?~〈わけのわからないもの〉に魅了されて~など、416ページ。
こちら(『私はゾンビと歩いた!』)そちら(『狂恋』)、またあちら(『大アマゾンの半魚人』)こなた(『顔のない眼』)そなた(『恐怖の足跡』)でも触れています。こちらそちら、またあちらも参照
稲生平太郎による→こちら(横山茂雄名義)や、あちら(同)を参照


日本映画についてはとりあえず;
『日本特撮・幻想映画全集』、勁文社、1997
1940年代/1950年代/1960年代/1970年代/1980年代/1990年代など、400ページ。
こちら(『女吸血鬼』)そちら(『大盗賊』)あちら(『奇巌城の冒険』)ここ(『怪談』)そこ(『薮の中の黒猫』)あそこ(『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』)こっち(『呪いの館 血を吸う眼』)そっち(『血を吸う薔薇』)あっち(『怪談佐賀屋敷』)こなた(『怪猫有馬御殿』)そなた(『怪猫岡崎騒動』)あなた(『亡霊怪猫屋敷』)でも挙げています。

原口智生・村田英樹監修、『日本恐怖(ホラー)映画への招待』(別冊太陽)、平凡社、2000
はじめに(原口智生)/怪談・恐怖映画ポスター傑作選//
日本恐怖(ホラー)映画前史;戦前の怪談映画(北島明弘)//
日本恐怖(ホラー)映画の軌跡;1945年~1976年の恐怖映画(北島明弘)/名作怪談映画大全集/日本怪談・恐怖映画傑作選 1945年~1976年//
現代の恐怖(ホラー)映画;1977年~2000年の恐怖映画(北島明弘)/日本恐怖映画傑作選 1977年~2000年//
日本
恐怖(ホラー)映画人名事典/日本恐怖(ホラー)映画年表/日本の怪優など、144ページ。
こちら(『呪いの館 血を吸う眼』)そちら(『怪談佐賀屋敷』)でも挙げています。

泉速之、『銀幕の百怪 本朝怪奇映画大概』、青土社、2000
序/彼岸の確信 映画が描いた超自然/魔も細部に蠢く 装飾(デコール)小類典/歌舞伎から銀幕へ 明治大正期展望/巡り巡る物語 怪談の定型/綾なす朽縄 「四谷怪談」細見/紋章は頽唐(デカダン) 13人への頌辞(オマージュ)/影を召還する 資料篇Ⅰ/また、森へ 資料篇Ⅱ/写真(スチール)への惑い 後書に代えて/明治時代に上演された怪談芝居一覧など、382ページ。
こちら(『女吸血鬼』)そちら(『呪いの館 血を吸う眼』)あちら(『血を吸う薔薇』)ここ(『怪談佐賀屋敷』)そこ(『怪猫有馬御殿』)あそこ(『亡霊怪猫屋敷』)でも挙げています

『最恐ホラー大全【邦画編】』(MEDIAX MOOK 258)、メディアックス、2004
2004年劇場公開作品/日本ホラー映画の系譜(浦山珠夫)/最恐ホラーレビュー 1930-1960/情念が呼ぶ魔性の恐怖(下村健)/日本映画の仇花作家たち(浦山珠夫)/1960-1970/石川義寬インタビュー/横断!四谷怪談映画史(樫原辰郎)/恐怖と笑い(浦山珠夫)/石井輝男インタビュー/恐怖とエロスとテレビ(白石雅彦)/山本((ママ))夫インタビュー/1970-1990/スプラッターインジャパン(樫原辰郎)/〝ジャパニーズ・ホラー〟の時代へ(小宮山敏生)/1990-2003/鶴田法男インタビューなど、114ページ。
こちら(『女吸血鬼』)そちら(『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』)あちら(『呪いの館 血を吸う眼』)ここ(『血を吸う薔薇』)そこ(『HOUSE ハウス』)あそこ(『怪猫有馬御殿』)こなた(『亡霊怪猫屋敷』)でも挙げています

内山一樹編、『怪奇と幻想への回路 怪談からJホラーへ 日本映画史叢書⑧』、森話社、2008
総論;日本映画の怪奇と幻想(内山一樹)//
怪奇映画の系譜;初期日本映画の怪奇とトリック-牧野省三と尾上松之助の忍術映画を中心に(紙屋牧子)/新東宝のお化け映画と『東海道四谷怪談』-ジャンルの復活と革新(大澤浄)/変身人間の特異性-東宝〝変身人間シリーズ〟をめぐって(大久保智康)/大映の妖怪映画-「妖怪三部作」を中心に(志村三代子)//
怪談の女たち;四谷怪談映画のお岩たち-歌舞伎と別れ、別の女へ(横山泰子)/怪物化する女優たち-猫と蛇をめぐる表象(志村三代子)/『リング』三部作と女たちのメディア空間-怪物化する「女」、無垢の「父」(鷲谷花)//
怪奇と幻想の造形;矢と甕、門と室、魂と魄、あるいは白い黒澤-『蜘蛛巣城』論(上島春彦)/ゴケミドロ、お前は誰だ(遠山純生)/怪奇と幻想の廃墟-鈴木清順『悲愁物語』論(坂尻昌平)/ホラー対ヤクザ-Vシネアストの極私的考察(谷岡雅樹)など、334ページ。


「附録2 怪奇幻想映像小史」、『日本幻想作家事典』、2009、pp.981-1048
幻想映画(堀部利之)/怪奇・伝奇映画、ドラマ(中島昌也)/特撮映画、ドラマ(同)/アニメーション(石堂藍)
………………………

以下、ろくに読んでおらず、集めていた時期も限られているのですが;

スペインの本屋で出くわした本。夜、宿でぱらぱら繰ってはにへらにへらしていたものです;
José María Latorre, El cine fantástico, Dirigido Por, S. A. Barcelona, 1987
『幻想映画』
序言/表現主義からロン・チェイニーまで/メアリー・シェリー略伝/ジェイムズ・ホエイルの肖像/近代のプロメーテウスブラム・ストーカー略伝/トッド・ブラウニングの肖像/吸血鬼たちと他の孤独デイヴィッド・グレイの奇妙な冒険/〈黄金時代〉の他の人物たち/40年代とジャック・ターナーの肖像/豹とゾンビの間で/地球に訪問者たちがいる/サイエンス・フィクションの古典/溝口との幕間テレンス・フィッシャーの肖像/フィッシャー版における数多くの恐怖映画/英国の他の製作/分類しがたい作品と珍品/驚異/恐怖映画のイタリア派ジャンルじゃなくて、ファンタスティックなんだポー、コーマンとフェリーニの間で/1968年に生まれた2001年/〈ファンタスティック〉が新たな道に取りかかる/熱狂の日々など、494ページ。

こちら(『禁断の惑星』)でも挙げています

Michael Sevastakis, Songs of Love and Death. The Classical American Horror Film of the 1930s, (Contribution to the Study of Popular Culture, Number 37), Greenwood Press, Westport, Connecticut and London, 1993
『愛と死の歌 1930年代の古典的アメリカ恐怖映画』
屍体愛好者としてのロマン主義者;『ドラキュラ』-恋多き死/『ミイラ再生』-数世紀の愛を通して/『恐怖城』-「死と愛はともに連れ添った」//
近代のプロメーテウスとしてのロマン主義者;『フランケンシュタイン』-人々は神々ではないのか?/『獣人島』-グラン・ギニョールのエデン/『フランケンシュタインの花嫁』-神の敵のための友人//
運命の象徴としてのロマン主義者;『透明人間』-「恐怖の統治」/『悪魔の人形』-「3つの命が支払わなければならない」//
苛まれたヒーローとしてのロマン主義者;『ジキル博士とハイド氏』-人の内の獣/『狂恋』-妄執による拷問『女ドラキュラ』-精神病としての吸血//
結論など、228ページ。


Peter Hutchings, Hammer and Beyond. The British Horror Film, Manchester Uiversity Press, Manchester and New York, 1993
『ハマーとその向こう 英国恐怖映画』
序論/サディスト専用? 英国恐怖映画の問題/1945-55:『夢の中の恐怖』から『原子人間』まで/1956-64:ハマーと他の恐怖映画/フランケンシュタインとドラキュラ/1964-69:恐怖映画製作会社/恐怖映画と家族/結論など、198ページ。

こちら(『宇宙からの侵略生物』)そちら(『バスカヴィル家の犬』)、またあちら(『妖女ゴーゴン』)こなた(『バンパイア・ラヴァーズ』)そなた(『恐怖の吸血美女』)あなた(『鮮血の処女狩り』)こっち(『ハンズ・オブ・ザ・リッパー』)そっち(『ドラキュラ血のしたたり』)でも挙げています

James Craig Holte, Dracula in the Dark. The Dracula Film Adaptations, (Contribution to the Study of Science Fictionand Fantasy, Number 73), Greenwood Press, Westport, Connecticut and London, 1993
『闇の中のドラキュラ ドラキュラの映画への翻案』
前書き/序論-姿を変えるもの/典拠/初期の翻案英国における復活/天ならざる主/すべての牙が男根的であるわけではない-映画の女吸血鬼たち/結論-ドラキュラたちの一世紀など、182ページ。


Linda Badley, Film, Horror and the Body Fantastic, (Contribution to the Study of Popular Culture, Number 48), Greenwood Press, Westport, Connecticut and London, 1995
『映画、恐怖と身体幻想』
序論/身体幻想/特殊効果-ポストモダンの幽霊/『フランケンシュタイン』の末裔/眼差しの脱構築/デイヴィッド・クローネンバーグの解剖学講義/『羊たちの沈黙』で母親を捜す/後書きなど、208ページ。


Roy Kinnard, Horror in Silent Films. A Filmography, 1896-1929, McFarland & Company, Inc., Publishers, Jefferson, North Carolina and London, 1995
『サイレント映画におけるホラー フィルモグラフィー、1896-1929』
序/フィルモグラフィー/エピローグなど、284ページ。


Jeremy Dyson, Bright Darkness. The Lost Art of the Supernatural Horror Film, Cassel, London and Washington, 1997
『明るい闇 超自然的恐怖映画の失なわれた技芸』
前書き
(Peter Crowther)//
プロローグ/序論-幻の地より/カール・レムリからの警告/心の迷路に迷って/理性の冷たい光/エピローグ-「おしっこが絨毯を濡らす」/附録-彼らは夜に忍び寄る、など、300ページ。

こちら(『フランケンシュタイン』)そちら(『フランケンシュタインの花嫁』)、またあちら(『女ドラキュラ』)こっち(『フランケンシュタイン復活』)そっち(『ミイラの復活』)あっち(『狼男』)こなた(『キャット・ピープル』)そなた(『フランケンシュタインと狼男』)あなた(『私はゾンビと歩いた!』)、またこちら(『夜の悪魔』)そちら(『呪いの家』)あちら(『ドラキュラとせむし女』)こっち(『回転』)そっち(『たたり』)でも挙げています。→こちらも参照

Harry M. Benshoff, Monster in the Closet. Homosexuality and the Horror Film, (Inside Popular Film), Manchester Uiversity Press, Manchester and New York, 1997
『クローゼットの中の怪物 同性愛と恐怖映画』
序論-怪物と同性愛/ハリウッドの古典的恐怖映画における怪物・クウィアを定義する/ショック療法-第二次世界大戦中に怪物・クウィアを治療する/マリファナ、少年愛者、変質者-冷戦文化における怪物・クウィアを(再)有罪とする/怪物・クウィアを日光にさらす、1969年頃、ストーンウォールの叛乱/サタンの卵、公然として誇り高く-ポストモダン期の怪物・クウィア/エピローグなど、336ページ。


Isabel Cristiana Pinedo, Recreational Terror. Women and the Pleasures of Horror Film Viewing, State Uiversity of New York Press, Albany, 1997
『娯楽的な脅威 女性たちと恐怖映画鑑賞の快楽』
序論/娯楽的な脅威と現在の恐怖映画のポストモダン的要素/湿った死のスペクタクルを見ること/見ないことの快楽/……それから彼女は彼を殺した:殺人鬼映画における女性たちと暴力/ポストモダン恐怖映画における文化的政治/人種ホラー/後書きなど、192ページ。


Tom Johnson, Censored Screams. The British Ban on Hollywood Horror in the Thirties, McFarland & Company, Inc., Publishers, Jefferson, North Carolina and London, 1997
『検閲された叫び 30年代のハリウッド製恐怖映画へのイギリスでの禁令』
(Richard Gordon)/序(Tom Weaver)//
序論/イギリスの映画検閲小史/UKにおける児童と恐怖映画/イギリス映画は30年代、どのように公開されたか/アメリカの映画検閲小史/『ドラキュラ』-「世界がこれまでに知ったもっとも奇妙な情熱」『フランケンシュタイン』-怪物を作った映画/フランケンシュタインの息子たち-「恐怖が何を意味するかあなたに示そう」/1933-34-呼吸する呪文/1935-階段は取り除かれねばならない/1936-階段は取り除かれた/1937-ブリテンで検閲された/1938-命の印/1939-死者からの帰還//
後書き
(Greg Mank)/エピローグなど、222ページ。

Randy Loren Rasmussen, Children of the Night. The Six Archetypal Characters of Classic Horror Films, McFarland & Company, Inc., Publishers, Jefferson, North Carolina and London, 1998
『夜の子供たち 古典的恐怖映画の6つの元型的キャラクター』
前書き/序論/ヒロインたち:無垢への襲撃/ヒーローたち:善人、勇敢で表面的/老賢人:保守的対立/マッド・サイエンティストたち:力のための探求/召使いたち:カリバンの息子たちと娘たち/怪物:逃れがたい呪いなど、276ページ。


Cynthia A. Freeland, The Naked and the Undead. Evil and the Appeal of Horror, (Thinking through Cinema), Westview Press, 2000
『裸女と不死者 悪とホラーの訴求力』
序論:ホラーにおける悪-フェミニズム的枠組み//
マッド・サイエンティストたちと怪物のような母たち;フランケンシュタイン博士の末裔/女たちとバグ/怪物のような肉体//
吸血鬼たちから殺人鬼たちへ;魅惑的な吸血鬼たち/殺人鬼の血への渇望/フェミニストの殺人鬼?//
災厄の崇高なスペクタクル;気味の悪いホラー/グラフィックなホラー//
エピローグ:ホラーの訴求力など、336ページ。


Edited by Ken Gelder, The Horror Reader, Routledge, London and New York, 2000
『ホラー読本』
序論-ホラーの領野
(Ken Gelder)//
幻想的なるもの;
(Ken Gelder)/幻想的なるものの定義(Tzvetan Todorov)/1848-理性への襲撃(抜粋)(José B. Monleon)/ファンタスマゴリアと近代的夢想の隠喩(抜粋)(Terry Castle)//
ホラーと精神分析;序(
Ken Gelder)/吸血鬼たち、授乳と不安(抜粋)(Joan Copjec)/クリステヴァ、フェミニティ、アブジェクション(Barbara Creed)/「彼の大胆な眼差しの内に私の破滅は大きく書きこまれていた」(抜粋)(Slavoj Žižek)//
怪物性;
(Ken Gelder)/『怪物的想像力』への序(Marie-Hélène Huet)/フリークス(Mary Russo)/人格の一類型としての連続殺人者(Mark Seltzer)//
たくさんのフランケンシュタイン
(Ken Gelder)/制作と再制作-『フランケンシュタイン』の場合(抜粋)(Paul O'Flinn)花嫁がやって来る-『フランケンシュタインの花嫁』における結婚するジェンダーと人種(抜粋)(Elizabeth Young)//
吸血鬼王を読む
(Ken Gelder)/怖れの弁証法(抜粋)(Franco Moretti)/西欧の旅行者-『ドラキュラ』と逆植民地化の不安(抜粋)(Stephen D. Arata)/吸血鬼的タイプライター書法-『ドラキュラ』とその媒体(抜粋)(Jennifer Wicke)//
クウィア・ホラー;
(Ken Gelder)/ジキル博士のクローゼット(抜粋)(Elaine Showalter)/吸血鬼を追跡する(抜粋)(Sue-Ellen Case)女性の観者、レスビアンの幽霊-『たたり』(抜粋)(Patricia White)//
エスニックな怪物たち;
(Ken Gelder)/ギリシアの吸血鬼(抜粋)(Ken Gelder)/『キングコング』と民族誌的映画における怪物(抜粋)(Fatimah Tobing Rony)//
アメリカン・ゴシック;
(Ken Gelder)/『アメリカン・ホラー』への序(抜粋)(Gregory A. Waller)/『アメリカン・ゴシック』への序(抜粋)(Teresa A. Goddu)//
スプラッター/殺人鬼映画を読む;
(Ken Gelder)/ホラー性-現在のホラー映画のテクスト性(Philip Brophy)/快楽の脅威-現在のホラー映画とポストモダン理論(Tania Modleski)/彼女のからだ、彼自身(Carol J. Clover)//
ロウブロウ/低予算ホラー;
(Ken Gelder)/ファンの「覚書」-ホラー映画のファン雑誌(David Sanjek)/『オペラ座/血の喝采』の(サディスティックな)一夜-イタリアのホラー映画についての覚書(Leon Hunt)/『蛭女』の逆襲-低予算ホラー映画の内で年老いていく夢について(Vivian Sobchack)//
新たな地域的ホラー;
(Ken Gelder)/幽霊物語、骨の笛、食人的対抗記憶(Graham Huggan)/途方もない香港ホラー-『ルージュ』の後知恵(背後見)と(男色的な)『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(Audrey Yue)など、428ページ。

ピーター・クッシング(カッシング)の自伝合本(→こちらを参照)の序論を書いていて、他に何かあるかと Amazon で検索してみて知ったのが;

Jonathan Rigby, English Gothic. A Century of Horror Cinema, Reynolds & Hearn Ltd., London, 2000/2002
『英国のゴシック 恐怖映画の一世紀』
序文(リチャード・ゴードン)/序文(バーバラ・シェリー)//
胎動期の英国ホラー/最初の大波(1954-1959)/立ち泳ぎする(1960-1964)/新たな波(1965-1969)/市場の飽和(1970-1975)/退却する英国ホラー/附録:テレヴィにおけるゴシック//
後書き(デイヴィッド・マクギリヴレイ)など、272ページ。


年代を追って具体的な作品に評釈を加えた本。600点近くの作品が取りあげられ、その内約100点が比較的詳しく扱われているとのことです。個々の評に対する賛否はあることでしょうが、それも含めて一家に一冊的な労作といってよいでしょう;
こちら(『魔の家』)こちらの2(『月光石』)そちら(『宇宙からの侵略生物』)あちら(『フランケンシュタインの逆襲』)、またここ(『吸血鬼ドラキュラ』)、そこ(『バスカヴィル家の犬』)そこの2(『死霊の町』)あそこ(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)あそこの2(『回転』)こなた(『吸血鬼の接吻』)こなたの2(『たたり』)そなた(『フランケンシュタインの怒り』)あなた(『赤死病の仮面』)こちら(『妖女ゴーゴン』)そちら(『黒猫の棲む館』)あちら(『襲い狂う呪い』)こっち(『凶人ドラキュラ』)そっち(『吸血ゾンビ』)あっち(『蛇女の脅怖』)あっちの2(『吸血鬼』)、またこちら(『帰って来たドラキュラ』)そちら(『バンシーの叫び』)あちら(『ドラキュラ血の味』)ここ(『バンパイア・ラヴァーズ』)そこ(『ドラキュラ復活! 血のエクソシズム』)あそこ(『恐怖の吸血美女』)こなた(『鮮血の処女狩り』)そなた(『ハンズ・オブ・ザ・リッパー』)あなた(『ドラキュラ血のしたたり』)あなたの2(『マクベス』1971)こちら(『ドラキュラ'72』)そちら(『ヘルハウス』)あちら(『キャプテン・クロノス 吸血鬼ハンター』)、またこちら(『Mr.バンピラ 眠れる棺の美女』)でも挙げています。

著者には
Jonathan Rigby, American Gothic: Sixty Years of Horror Cinema, 2007
があるとのことですが、2015年7月15日現在、Amazon でやたら高くなっているので断念。
またやはり Amazon によると

Jonathan Rigby, Euro Gothic: Classics of Continental Horror Cinema, 2016/6/14
と、1年近く先ではありますが刊行予定とのこと。楽しみにしつつ、その際『アメリカのゴシック 恐怖映画の60年』も再刊されるのを期待したいところではあります。

追補:『アメリカのゴシック』を見る機会があったので、次にあらためて挙げておきます。ただし Amaazon によると、2017年10月3日に増補改訂版が出るようです。旧版344ページに対し400ページとのことで、形式に変更がなければけっこう嵩が増すことになるので、関心のある向きはそちらを待った方がいいかもしれません。『ヨーロッパのゴシック』と同じ Signum の出版で、同年6月2日現在、4,184円の予定とのこと。
 また『ヨーロッパのゴシック』の方は何度か刊行延期になった挙げ句 Amazon でキャンセルされたかと思ったら、いつの間にやら出ていました。奥付けには2016年刊となっていますが、手にとったのは2017年5月8日でした。ともあれ続けて挙げましょう。


Jonathan Rigby, American Gothic: Sixty Years of Horror Cinema, Reynolds & Hear Ltd., London, 2007
『アメリカのゴシック 恐怖映画の60年』
胎動期のアメリカ恐怖映画 1897-1923/墓としてのサイレント 1924-1930/夜の子供たち 1930-1936/過去から甦る 1937-1942/収穫遁減 1943-1945/退却するアメリカ恐怖映画 1946-1956、など、344ページ。


→こちら(『オペラの怪人』)やそちら(『猫とカナリヤ』)、またあちら(『魔人ドラキュラ』)にここ(『魔人ドラキュラ・スペイン語版』)やそこ(『フランケンシュタイン』)、あそこ(『恐怖城』)、またこなた(『ドクターX』)、そなた(『魔の家』)、あなた(『成吉斯汗の仮面』)、こっち(『肉の蝋人形』)、そっち(『黒猫』)、あっち(『フランケンシュタインの花嫁』)、またこちら(『古城の妖鬼』)、そちら(『倫敦の人狼』)、あちら(『大鴉』)、こなた(『古城の扉』)、そなた(『狂恋:魔人ゴーゴル博士』)、あなた(『透明光線』)、こっち(『女ドラキュラ』)、そっち(『フランケンシュタイン復活』)、あっち(『恐怖のロンドン塔』)、ここ(『ミイラの復活』)、そこ(『悪魔の命令』)、あそこ(狼男』)、こちら(『フランケンシュタインの幽霊』)、そちら(『キャット・ピープル』)、あちら(『不死の怪物』)、こなた(『フランケンシュタインと狼男』)、そなた(『私はゾンビと歩いた!』)、あなた(『猿の怪人』)、こっち(『オペラの怪人』1943)、そっち(『夜の悪魔』)、あっち(『執念のミイラ』)、こちら(『呪いの家』)、そちら(『キャットピープルの呪い』)、あちら(『フランケンシュタインの館』)、ここ(『ミイラの呪い』)、そこ(『呪われた城』)、あそこ(『死体を売る男』)、こなた(『吸血鬼ボボラカ』)、そなた(『恐怖の精神病院』)、あなた(『らせん階段』)、こっち(『ドラキュラとせむし女』)、そっち(『謎の狼女』)、あっち(『五本指の野獣』)、こちら(『扉の蔭の秘密』)、そちら(『マクベス』)、あちら(『凸凹フランケンシュタインの巻』)、ここ(『奇妙な扉』)、そこ(『黒い城』)にも挙げておきます

Jonathan Rigby, Euro Gothic: Classics of Continental Horror Cinema, Signum Books, Cambridge, 2016
『ヨーロッパのゴシック 大陸の恐怖映画の諸古典』
序/警告する影たち 1896-1954/悪の諸実験 1954-1963/サタンのための天使たち 1963-1966/悪魔の夜々 1967-1971/血の諸儀式 1971-1975/怖れの新たな諸世界 1975-1983、など、416ページ。


→こちら(『プラーグの大学生』)、そちら(『カリガリ博士』)、あちら(『巨人ゴーレム』)、ここ(『死滅の谷』)、そこ(『吸血鬼ノスフェラトゥ 恐怖の交響楽』)、あそこ(『メトロポリス』)、こちら(『アッシャー家の末裔』)、そちら(『吸血鬼』)、あちら(『美女と野獣』)、こなた(『顔のない眼』)、そなた(『血とバラ』)、あなた(『生血を吸う女』)、こっち(『血ぬられた墓標』)、そっち(『知りすぎた少女』)、あっち(『ブラック・サバス 恐怖!三つの顔』)、こちら(『幽霊屋敷の蛇淫』)、そちら(『白い肌に狂う鞭』)、あちら(『顔のない殺人鬼』)、ここ(『女ヴァンパイア カーミラ』)、そこ(『モデル連続殺人!』)、あそこ(『生きた屍の城』)、こなた(『亡霊の復讐』)、そなた(『バンパイアの惑星』)、あなた(『惨殺の古城』)、こっち(『呪いの館』)、そっち(『ターヘル・アナトミア-悪魔の解体新書-』)、あっち(『吸血魔のいけにえ』)、こちら(『世にも怪奇な物語』)、そちら(『催淫吸血鬼』)、あちら(『ワルプルギスの夜-ウルフVSヴァンパイア-』)、ここ(『レクイエム』)、そこ(『淫虐地獄』)、あそこ(『影なき淫獣』)、こちら(『血みどろの入江』)、そちら(『処刑男爵』)、あちら(『エル・ゾンビ 落武者のえじき』)、こなた(『ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森』)、そなた(『リサと悪魔』)、あなた(『処女の生血』)、こっち(『イザベルの呪い』)、そっち(『悪魔の凌辱』)、あっち(『セリーヌとジュリーは舟でゆく』)、こちら(『赤い影』)、そちら(『ザ・ショック』)、あちら(『インフェルノ』)にも挙げておきます

また
Jonathan Rigby, Studies in Terror. Landmarks of Horror Cinema, Signum Books, Cambridge, 2011
『恐怖の諸研究 ホラー映画の里程標』
序文(マーク・ガティス)//
序論/影の舞台/著名な怪物たち/部分蝕/再生する/ブーム/身体の諸部分/ホラー=コミックス/袋小路/21世紀におけるホラーなど、304ページ。


こちらは原則として見開き2ページに作品1点を配し、計130点を紹介する映画ガイド。作品の選定に関しては読者ごとに賛否はあることでしょうが(日本映画からは『鬼婆』(1964、監督:新藤兼人、pp.130-131)、『リング』(1997、監督:中田秀夫、pp.254-255)、『仄暗い水の底から』(2001、監督:中田秀夫、pp.268-269)の3点が選ばれています)、それはそれとして;
こちら(『カリガリ博士』)そちら(『吸血鬼ノスフェラトゥ』)あちら(『猫とカナリヤ』)こっち(『吸血鬼』)そっち(『フランケンシュタイン』)あっち(『恐怖城』)こなた(『魔の家』)こなたの2(『肉の蝋人形』)こなたの3(『月光石』)そなた(『黒猫』)あなた(『倫敦の人狼』)ここ(『狂恋:魔人ゴーゴル博士』)そこ(『狼男』)あそこ(『キャット・ピープル』)、またこちら(『死体を売る男』)そちら(『宇宙からの侵略生物』のページで『原子人間』および『火星人地球大襲撃』)あちら(『フランケンシュタインの逆襲』)こなた(『吸血鬼ドラキュラ』)こなたの2(『顔のない眼』)こなたの3(『生血を吸う女』)そなた(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)あなた(『怪異ミイラの恐怖/黒猫の怨霊/人妻を眠らす妖術』)あなたの2(『幽霊屋敷の蛇淫』)ここ(『白い肌に狂う鞭』)そこ(『赤死病の仮面』)、またまたこちら(『モデル連続殺人!』)こちらの2(『生きた屍の城』)こちらの3(『亡霊の復讐』)そちら(『吸血ゾンビ』)あちら(『呪いの館』)こっち(『ダンウィッチの怪』)そっち(『処刑男爵』)そっちの2(『エル・ゾンビ 落武者のえじき』)あっち(『キャプテン・クロノス 吸血鬼ハンター』)でも挙げています。

David Pirie, A New Heritage of Horror. The English Gothic Cinema, I.B.Tauris, London, New York, 2008
『恐怖の新たな遺産 英国ゴシック映画』
新版への註釈/序(2007)/初版への序//
英国ゴシック文学の諸特徴;「戦慄の嵐のような愛らしさ」/シュルレアリスムとゴシック的伝統/ホラーと「レアリスム」の専制//
ハマーの同定 ハマーの始まり/報道の反応/ハマーと検閲/ハマーとフランケンシュタイン以後の英国ホラー/ハマーの人物たち/ジェイムズ・カレラスとアメリカ的次元/ブレイ・スタジオ//
テレンス・フィッシャーの世界 2007年の後書き//
フランケンシュタインへのアプローチ フィッシャー、フランシス、サングスター フランケンシュタインのTVシリーズ/最後のハマーによるフランケンシュタイン映画//
ドラキュラへのアプローチ//
ホラーへの他のアプローチ;サディズム的映画/英国のサディズム的映画と検閲官/余波/アミカスの因子//
3人の衛星的な監督たち;ドン・シャープ/ジョン・ギリング/ヴァーノン・ソーウェル//
サイエンス・フィクション、異郷趣味と精神病;サイエンス・フィクション/異郷趣味/精神病/コメディー=ホラーについての覚書//
主題と理念の再生?;マイケル・リーヴス/『魔女狩り将軍』以後/ハマーの最後の時期/ハマー対ワーナー・ブラザーズ/ハマーの終いの日々//
新たなホラーの神話学に向けて;近年の英国ホラー/スティーヴン・ヴォーク/スティーヴン・ウーリー/クライヴ・バーカー/1990年代/ポール・アンダースン/新たな国、新たなブーム/テレヴィの因子/未来?//
附録;ハマーの都市伝説/2つの照合表/アリス・ピリーによるフィルモグラフィーなど、272ページ。


ハマー・フィルムの作品を焦点にした最初の研究書とされる A Heritage of Horror, The English Gothic Cinema 1946-1972, 1973 の改訂増補版。

こちら(『宇宙からの侵略生物』)そちら(『フランケンシュタインの逆襲』)あちら(『吸血鬼ドラキュラ』)ここ(『凶人ドラキュラ』)そこ(『吸血ゾンビ』)あそこ(『蛇女の脅怖』)こなた(『生きた屍の城』)そなた(『バンパイア・ラヴァーズ』)あなた(『恐怖の吸血美女』)こっち(『赤い影』)でも挙げています。

Derek Pykett, British Horror Film Locations, McFarland & Company, Inc., Publishers, Jefferson, North Carolina and London, 2008
『英国恐怖映画の撮影地』
序文(フレディー・フランシス/ピート・ウォーカー)//
序論/ロケ地について:恐怖の主たち//
映画(とロケ地)/スタジオ/ロケ地-詳細に/どこで何が撮影されたか?/ハマーの恐怖の家//
後書:ロケ地狩り(サイモン・フリン)など、216ページ。


"The Films ( with Locations )"(pp.11-133) はタイトルどおり各作品ごとのロケ先を特定したもの。"Locations - In Detail"(pp.147-186)は主なロケ地についての解説。いずれもアルファベット順です。というわけで;
→こちらの0(『月光石』)、こちら(『吸血鬼ドラキュラの花嫁』)やそちら(『バンシーの叫び』)、あちら(『フランケンシュタインの逆襲』)、こなた(『襲い狂う呪い』)、そなた(『吸血鬼ドラキュラ』)、あなた(『ドラキュラ'72』)、ここ(『帰って来たドラキュラ』)、そこ(『ハンズ・オブ・ザ・リッパー』)、あそこ(『たたり』)、こっち(『バスカヴィル家の犬』)、そっち(『ハンガー』)、あっち(『回転』)、またこちら(『ヘルハウス』)、そちら(『恐怖の吸血美女』)、あちら(『吸血ゾンビ』)、こなた(『宇宙からの侵略生物』)、そなた(『ドラキュラ血の味』)、あなた(『黒猫の棲む館』)、ここ(『ドラキュラ血のしたたり』)、そこ(『バンパイア・ラヴァーズ』)で挙げています


Edited by James Bell, Gothic. The Dark Heart of Films, A BFI Compendium, London, 2013
『ゴシック 映画の暗い心臓』
緒言(
Sir Christopher Frayling)//
怪物的な;吸血鬼たち*(
Anne Billson)/女性の吸血鬼たち(Kim Newman)/TVの吸血鬼たち(Stacey Abbott)/衣裳つき吸血鬼たち(Catherine Spooner)/英国の影響(Barry Forshaw)//
  苛まれたもの*(
Jonathan Rigby)/人狼(Glen Duncan)/ゴシック・アンソロジー映画(Mark Gatiss)/ゴシックと喜劇(Reece Shearsmith)//
  生ける死者*(
Roger Luchhurst)/血糊とゴシック(James Blackford)/戦の劇場(Matthew Sweet)//
暗い技芸;黒魔術*(
Richard T. Kelly)/マリオ・バーヴァとイタリアのゴシック(Tim Lucas)//
  狂える科学*(
Mark Kermode & Sir Christopher Frayling)/ディオダティ荘(Stephen Volk)/前衛ゴシック(William Fowler)/中・東欧のゴシック(Michael Brooke)//
  目覚める悪夢*(
Ramsey Campbell)/無声映画ではあなたの悲鳴は誰にも聞こえない…(Bryony Dixon)/ゴシック的美術の映画的遺産(Martin Myrone)//
憑かれて;過去の幽霊たち*(
Roger Clarke)/お話の語り手たち(Lisa Kerrigan)/他の側からの伝言(Simon McCallum)/日本のゴシック(Jasper Sharp)//
  古く暗い家*(
Kim Newman)/元々のゴシック(David Punter)/ゴシック映画の建築(Claire Smith)//
  夜の子供たち*(
Guillermo del Toro)/子供たちのゴシックTV(Helen Wheatley)/子供たちとゴシック(Charlie Higson)//
  憑かれた風景*(
James Bell)/南部のゴシック(Michael Atkinsonl)/英国の民俗的ゴシック(Rob Young)//
愛は悪魔である;闇の王子たち*(
David Pirie)/ゴシックのスラッシャー(Nick Pinkerton)/ホラーの王たち(Vic Pratt)//
  闇の娘たち*(
Victoria Nelson)/クィア・ゴシック(Brian Robinson)/叫ぶ女王たちと吸血鬼の恋人たち(Josephine Botting)//
  汚された愛*(
Helen Oyeyemi)/美女と野獣Marina Warner)/家庭のゴシック(Geoffrey O'Brien)など、160ページ。

*をつけたやや長めの節と、多く1~2ページのコラムからなります。
『ドラキュラ紀元』(1992)等の著者キム・ニューマン、この時点ではまだ『クリムゾン・ピーク』(2015)を撮っていなかった映画監督のギジェルモ・デル・トロ、本ページなどで挙げた名前が筆者の中に一つならず見つかります。
本ページ頭の→こちらでも一部挙げました


Roberto Curti, Italian Gothic Horror Films, 1957-1969, McFarland & Company, Inc., Publishers, Jefferson, North Carolina, 2015
『イタリアのゴシック・ホラー映画、1957-1969』
序言(エルネスト・ガスタルディ)/
前書き/序論:ゴシック、イタリア様式//
作品など、218ページ。


→こちら(『血ぬられた墓標』)、そちら(『生血を吸う女』)、あちら(『ブラック・サバス 恐怖!三つの顔』)、ここ(『顔のない殺人鬼』)、そこ(『白い肌に狂う鞭』)、あそこ(『幽霊屋敷の蛇淫』)、こなた(『生きた屍の城』)、そなた(『女ヴァンパイア カーミラ』)、あなた(『惨殺の古城』)、こっち(『亡霊の復讐』)、そっち(『呪いの館』)、あっち(『世にも怪奇な物語』)でも挙げています。
また→こちら(ルチアーノ・ピゴッツィに関して)でも触れました。

次の2冊は怪奇映画のみをもっぱら扱うものではありませんが、少なからぬ比重で取りあげています;

Cathal Tohill & Pete Tombs, Immoral Tales. European Sex and Horror Movies 1956-1984, St. Martin's Griffin, New York, 1995
『不道徳なお話 欧州のセックス・恐怖映画 1956-1984』
序論/夢見る者たち&頽廃した者たち/性、映画と手術/
欧州の経験 イタリア様式、上に立つドイツ人たち、服を脱ぐフランス人、スペインの慣習/
性の迷宮 ジェス・フランコの諸作/浜辺に戻る ジャン・ロランの諸作/諸症状 ホセ・ララツの諸作/肉の叫び ホセ・ベナセラフの諸作/個人蒐集 ヴァレリアン・ボロウィッチの諸作/火と戯れる アラン・ロブ=グリエの諸作/
附録(人物解説)/漫画本のヒーローたちなど、272ページ。


→こちら(『レクイエム』)やそちら(『顔のない眼』)、あちら(『生血を吸う女』)、ここ(『惨殺の古城』)、そこ(『吸血魔のいけにえ』)、あそこ(『ワルプルギスの夜-ウルフVSヴァンパイア-』)でも挙げています。

Danny Shipka, Perverse Titillation. The Exploitation Cinema of Italy, Spain and France, 1960-1980, McFarland & Company, Inc., Publishers, Jefferson, North Carolina, and London, 2011
『倒錯したくすぐり イタリア、スペイン、フランスの搾取(エクスプロイテイション)映画、1960-1980』
緒言/序論:ユーロカルト現象//
イタリア;『吸血鬼』:イタリアでのジャンルの始まり/国外配給についての一言/60年代:ゴシックへの回帰/モンドの世界です/恐怖の色彩:イタリアのジャッロ/70年代のイタリア:性とサディスム/私たちはあなたを食べるだろう:食人・ゾンビ映画/悪魔が彼女にそうさせた:悪魔憑きと尼僧もの/セクスプロイテイション-イタリア様式/聖と俗:非ジャンルのイタリア式エクスプロイテイション/結論//
スペイン;『美女の皮をはぐ男』:スペインでのジャンルの始まり/ジェス・フランコ:巨匠/怪物の心:ポール・ナッシー/スペインの悪夢:エクスプロイテイション1970年代様式/結論//
フランス;グラン・ギニョールと目:フランスでのジャンルの始まり/血の思考:ジャン・ロランのサイケデリック映画/恐るべき性:悪魔とエマニュエル/結論
ユーロ=結論など、346ページ。


→こちら(『血ぬられた墓標』)やそちら(『生血を吸う女』)、あちら(『幽霊屋敷の蛇淫』)、またここ(『顔のない殺人鬼』)、そこ(『ブラック・サバス 恐怖!三つの顔』)、あそこ(『白い肌に狂う鞭』)、こっち(『呪いの館』)、そっち(『処刑男爵』)、あっち(『リサと悪魔』)、こなた(『亡霊の復讐』)、こなたの2(『ヴェルヴェットの森』)、そなた(『知りすぎた少女』)、あなた(『モデル連続殺人!』)、またこちら(『血みどろの入江』)、そちら(『悪魔の凌辱』)、そちらの2(『イザベルの呪い』)、あちら(『処女の生血』)、あちらの2(『影なき淫獣』)、ここ(『エル・ゾンビ 落武者のえじき』)、そこ(『顔のない眼』)、あそこ(『血とバラ』)、こっち(『レクイエム』)でも挙げています。

iv. 城など

城自体についての資料はあまり集まっていないのですが、とりあえず;
澁澤龍彦、『城 夢想と現実のモニュメント』、白水社、1981
Ⅰ~Ⅲなど、180ページ。
後に高山宏の著書名となる〈カステロフィリア(城砦愛好)〉という言葉が登場します(p.73、pp.176-177)。
 
また
澁澤龍彦、「城と牢獄」、『サド侯爵あるいは城と牢獄』(河出文庫 し 1-42)、河出書房新社、2004、pp.13-26
1980年刊『城と牢獄』の文庫化
文庫版のタイトルどおり、サドについての文章の一つ
併せて
澁澤龍彦、『幻想の画廊から』、美術出版社、1967
所収の幻想の城 ルトヴィヒ二世と郵便屋シュヴァルや(同書からは→こちらも挙げています)、
澁澤龍彦、『ヨーロッパの乳房』、1973
所収の「狂王の城」
澁澤龍彦については→こちらも参照

ハインリヒ・プレティヒャ、平尾浩三訳、『中世への旅 騎士と城』、白水社、1982
原著は Heinrich Pleticha, Ritter Burgen und Turniere, 1977
歴史を恐れるな/騎馬兵、騎士、盗賊-騎士道と騎士/一万の城砦-城とその構造/快適なのは夏だけ-住居と設備/ぶどう酒にも胡椒を入れて-食物と飲物/地獄窓と嘴靴-中世のファッション狂い/時計の針に追いたてられることもなく-労働と娯楽/厳格な作法教師-遊びと教育/勇士とミンネ-騎士文学について/50キロ近くも引きずって-装備と武器/危険な娯楽-トゥルネイと決闘/「雄羊」と「猫」-攻城戦/牛に引かせた旗車-戦争の有様/おおいなる目的のために-十字軍遠征/騎士にして修道士-三大騎士団について、など、254ページ。

片木篤、『イギリスのカントリーハウス 建築巡礼 11』、丸善株式会社、1988
中世の伝統-ノルマン朝・テューダー朝の住宅/古典様式の到来-エリザベス朝・ジェイムズ朝の住宅/ルネサンスとバロック-スチュアート朝の住宅/古典様式の変容-ジョージ朝の住宅/中世への回帰-ヴィクトリア朝・エドワード朝の住宅など、112ページ。

野崎直治、『ヨーロッパ中世の城』(中公新書 951)、中央公論社、1989
序章 中世のヨーロッパ/城塞の歴史/築城権と城塞を築いた人々/城塞の所有と保有/裁判組織/城塞と支配・領邦国家/城塞と教会・都市/開城権/城塞知行法/城塞の守備と生活、そして城塞時代の閉幕など、248ページ。

紅山雪夫、『ヨーロッパの旅 城と城壁都市』、創元社、1998
城の歴史をさかのぼれば 先史時代の素朴な砦からローマ時代の城壁都市まで;人間はいつから城を造りはじめたのか/古代オリエントの城壁都市/ギリシア・ローマ時代の城と城壁都市//
中世の城を訪ねる 城造りに注がれた情熱と知恵を今もなお残っている城で探求;モット・ベイリーから石造の城に/何のために、どんな場所に築城したのか/ヨーロッパの城の特徴/中世の城はどのように発展していったか/中世の城での生活//
中世の城壁都市を訪ねる 都市の自由と独立のシンボルだった城壁のなかでの市民の生活をたどりながら;中世都市はどのようにして生まれたか/生きている中世都市ローテンブルクを歩く/ヨーロッパ随一の城壁都市カルカソンヌ/地図と地名から読み取る中世都市の姿//
優雅な城館や擬古城が生まれるまで 大砲の発達に適応した近世城塞と巨獣のための美しい城館とに分化;中世風の都市城壁や城塞は時代遅れに/ロワール地方に見る優雅な城館の数々/19世紀のロマン主義が生んだ擬古城/城館ホテルに泊まる、など、268ページ。


池上正太とORG、画:有田満弘・原田みどり、『城』(Truth In Fantasy 60)、新紀元社、2003
城の形式と防衛施設//
城砦;古代城壁都市/アクロポリス/城塞都市/モット・アンド・ベリー形式/シェル・キープ形式/レクタンギュラー・キープ形式/エドワード式城砦(コンセントリック型城砦)/フランス式城砦/ドイツ式城砦/ムデハール形式/中東式城砦/東欧式城砦/ムガル式城砦/インダス文明の古代城砦/都城/長城/山城/平山城/平城/ルネサンス式宮殿/バロック式宮殿/ロシア・ビザンチン様式宮殿/イスラム式宮殿/中国式宮殿(明清時代)/要塞/軍事要塞/日本の洋式城砦/南米の城砦/新世界の城砦(アフリカ)/アフリカ植民地の城//
世界の城砦史など、268ページ。


ジョゼフ・ギース、フランシス・ギース、栗原泉訳、『中世ヨーロッパの城の生活』(講談社学術文庫 1712)、講談社、2005
原著は Joseph and Frances Gies, Life in a Medeival Castle, 1974/1977
まえがき-チェプストー城/城、海を渡る/城のあるじ/住まいとしての城/城の奥方/城の切り盛り/城の1日/狩猟/村人たち/騎士/戦時の城/城の1年/城の衰退など、300ページ。

ジャン・メスキ、遠藤ゆかり訳、堀越孝一監修、『ヨーロッパ古城物語』(知の再発見双書 135)、創元社、2007
原著は Jean Mesqui, Les château forts. De la gierre à la paix, 1995
日本語監修者序文(堀越孝一)//
中世ヨーロッパの城と塔/城の形としくみ/城の暮らしの日常/城の伝説//
資料編-古城をめぐる考察-;象徴と地位:モットと城/13世紀に標準化された「フランス式」の城/中東の純粋な要塞/領主の住まい/14世紀における防衛と居住/建築主の役割/専門家の役割/ロマン主義の城 歴史建造物の城など、168ページ。
「第4章 城の伝説」には「地下道、あるいは『城の謎』」「地下の城」という節があったりします(pp.113-116)。

また→こちら、またそちらでも触れています

J.E.カウフマン、H.W.カウフマン、作図:ロバート・M.ジャーガ、中島智章訳、『中世ヨーロッパの城塞 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞、および城壁都市』、マール社、2012
原著は J. E. Kaufmann, H.W. Kaufmann, Robert M. Jurga, The Midieval Fortress, 2001
中世築城の諸要素/中世前期の築城/城塞の時代/高くそびえる城壁の退場/中世の城塞と築城/付録など、320ページ。

こちら(ハルレフ城塞、各種歩廊等/『マクベス』1971)でも触れています

チャールズ・フィリップス、大橋竜太日本語版監修、井上廣美訳、『イギリスの城郭・宮殿・邸宅 歴史図巻』、原書房、2014
原著は Charles Phillips, The Illustrated Encyclopedia of the Castles, Palaces & Stately Houses of Britain & Ireland, 2007/2011
ジェントルマン住宅の見方・楽しみ方(大橋竜太)/はじめに//
古城 ~1485年;ローマ人のヴィラからノルマン人の城へ ~1154年/プランタジネット朝の力 1154~1307年/要塞化した邸宅の登場 1307~1400年/城とマナー・ハウス 1400~1485年//
チューダー朝とスチュアート朝 1485~1714年;チューダー朝初期の宮殿とカントリー・ハウス 1485~1550年頃/「偉観の館」 栄光の時代 1550頃~1600年/ジャコビアン様式のカントリー・ハウス 1600頃~1650年頃/王政復古様式 1660頃~1714年頃//
近現代 1714~現在;バロック様式とパラーディオ様式 1714頃~1760年頃/ジョージ王朝後期と摂政時代の邸宅 1760頃~1830年/ヴィクトリア朝様式と諸様式のリヴァイヴァル 1830頃~1901年/カントリー・ハウス・リヴァイヴァル 1901~現在など、478ページ。


大まかな年代順に、見開きないし×2を1単位として、コラムも含みつつ、1ないし数件の建物が写真付きで解説されます。
→こちら(ボディアム城/『ノーサンガー・アベイ』1987)やそちら(ブレナム宮殿/『ヘルハウス』1973)、またあちら(ハーレフ城/『マクベス』1971)でも触れています


トレヴァー・ヨーク、村上リコ訳、『図説 イングランドのお屋敷~カントリー・ハウス~』、マール社、2015
原著は Trevor Yorke, The English Country House Explained, 2012
はじめに//
歴史のなかのカントリー・ハウス;騎士道と暴食 中世後期とチューダー朝の館 1300-1560/富と人文科学 エリザベス一世とジェームズ一世時代の館 1560-1660/商業と科学 王政復古時代とウィリアム三世とメアリー二世時代の館 1660-1720/自由と感性 ジョージ王朝時代の館 1720-1800/帝国と産業 摂政時代、ヴィクトリア時代、エドワード時代の館 1800-1914//
カントリー・ハウスの細部;インテリアの成り立ち 鏡板、天井、そして暖炉/階上の部屋 ホール、応接間、正餐室/階下の部屋 キッチン、洗い場、そして酪農室/庭園と領地 テラス、大庭園、そして門楼//
便利な参考資料ガイドなど、128ページ。


著者は画家でもあるとのことで、写真以外に本人の手になる挿絵・図解が多数掲載されています。

日本の城についてはさらにいろいろとあることでしょうが、例によってとりあえず;

日名子元雄編、『城 日本の美術 no.54』、至文堂、1970.11
城の沿革/近世以前の城/近世の城-その成立と終末-/築城技術/城の建築/安土城と姫路城/現存する主要な城/城見学の手引きなど、102ページ。

西ヶ谷恭弘、『戦国の城 目で見る築城と戦略の全貌 総説編』、学習研究社、1993
築城;築城の歴史/地形の選定と構造/築城と農民・職人//
城と生活;普請と作事による構築/城と城下の年中行事//
城と武士・武将、合戦;城と武器・武具/城攻め/籠城戦/築城記の世界//
城郭事典;主殿建築ができるまで/城郭用語事典/城郭調査の手引など、156ページ。


福永素久、「近世城郭における『廊下橋』考~城郭史研究の視点から見る、本丸・天守へ続く不思議な橋~」、『史学論叢』、no.41、2011.3、pp.67-92
………………………

写真集的なものはたくさんあると思うのですが、とりあえず;
『別冊みずゑ スペインの城』、no.23、1959.4
イベリアに城を訪ねて(井上宗和)/スペインのお城の印象(吉田穂高)/スペインの城紹介など、60ページ。
撮影:井上宗和

→こちら(マンサナーレス・エル・レアル(新)城/『シンドバッド黄金の航海』1973)でも触れています

井上宗和、『世界の城』、朝日新聞社、1969
280ページ。
同じ著者による→こちらを参照

川田喜久治、『ルードヴィヒⅡ世の城』(ソノラマ写真選書 24)、朝日ソノラマ、1979
118ページ。
澁澤龍彦「太陽王と月の王」収録

同じ著者による→こちらを参照

太田静六、『イギリスの古城 世界の城郭(新装版)』、吉川弘文館、1986/2010
280ページ。
こちら(バンブラ城、ハーレック城/『マクベス』1971)でも触れています

太田静六、『ヨーロッパの古城 城郭の発達とフランスの城 世界の城郭(新装版)』、吉川弘文館、1989/2011
326ページ。

太田静六、『スペイン・ポルトガルの古城 世界の城郭(新装版)』、吉川弘文館、1991/2010
290ページ。
→こちら(マンサナーレス・エル・レアル(新)城/『シンドバッド黄金の航海』1973)でも触れています

太田静六、『ドイツ・北欧・東欧の古城 世界の城郭(新装版)』、吉川弘文館、1992/2010
352ページ。

勝井規和、『ヨーロッパの古城』、クレオ、1997
144ページ。

田中亮三、写真:増田彰久、『図説 英国貴族の城館 カントリー・ハウスのすべて』(ふくろうの本)、河出書房新社、1999/2008
プロローグ//
華麗なる貴族の館;館内探訪/魅惑のイングリッシュ・ガーデン//
スコットランドの城館;ブレアファン城を訪ねて/コーダー城・グラームズ城・ブレア城//
英国貴族とカントリー・ハウス;カントリー・ハウスとは?/英国の貴族文化など、114ページ。


橘川芯、監修:木村俊幸、写真協力:芳賀ライブラリー、『ヨーロッパの屋敷・庭園・貴族の館 背景資料ブックス 1』、グラフィック社、2011
176ページ。
橘川芯、監修:木村俊幸、写真協力:芳賀ライブラリー、『ヨーロッパの王宮・王と王妃の城 背景資料ブックス 2』、グラフィック社、2012
176ページ。
こうした類の本のことはまるっきり知らなかったのですが、後者のカヴァー表紙には「写真点数650点以上収録!!!」との謳い文句が記されています。
こちらも参照


Merveilles des châteaux de Bourgogne et Franche-Comté, (Collection Réalités), Hachette, 1969
『ブルゴーニュとフランシュ=コンテの城館の驚異』
308ページ。
たまたま難波の古本屋で出くわしたもので、細部の写真が豊富に掲載されています。向こうにはこうした本が地方ごとにいろいろ出ているのでしょう。


Heinz Götze, Castel del Monte. Geometric Marvel of the Middle Ages. Prestel, Munich and New York, 1998,
expanded English edition of the third German edition published in 1991, translated by Mary Schäfer

『カステル・デル・モンテ 中世の幾何学的驚異』
序論/ホーエンシュタウフェン建築の展開の諸経路/ホーエンシュタウフェン建築における形式言語/カステル・デル・モンテ-デザインと構築/幾何学的システムとその実現/平面図の由来/解釈など、238ページ。

………………………

絵本の類;
デビッド・マコーレイ、桐敷真次郎訳、『キャッスル-古城の秘められた歴史をさぐる-』、岩波書店、1980
原著は David Macaulay, Castle, 1977
96ページ。

スティーヴン・ビースティー画、リチャード・プラット文、桐敷真次郎訳、『輪切り図鑑 ヨーロッパの城 中世の人々はどのように暮らし、どのように敵と戦ったか』、岩波書店、1994
原著は Text by Richard Platt, illustration by Stephen Biesty, Stephen Biesty's Cross-Sections - Castle, 1994
32ページ。

リチャード・プラット文、クリス・リデル絵、長友恵子訳、『中世の城日誌 少年トビアス、小姓になる』、岩波書店、2003
原著は Text by Richard Platt, illustration by Chris Riddell, Castle Diary. The Journal of Tobias Burgess, Page, 1999
64ページ。

クリストファー・グラヴェット、日本語版監修:森岡敬一郎、『古城事典 「知」のビジュアル百科』、あすなろ書房、2006
原著は Christopher Gravett, Eyewitness - Castle, 1994
64ページ。
………………………

いささか過ぎるほどにいかにもいかにもなのが;
サイモン・マースデン解説・写真、平石律子訳、『幽霊城』、トレヴィル、1996
原著は Simon Marsden, The Journal of a Ghost Hunter. In Search of the Undead from Irland to Transylvania, 1994
128ページ。

サイモン・マースデン解説・写真、平石律子訳、『悪霊館』、トレヴィル、1996
原著は Simon Marsden, The Haunted Raelm. Spuk und Gespenster, 1986
コリン・ウィルスンの序文つき。128ページ。
こちらでも挙げました:ダントルーン城(ブルー・オイスター・カルト Imaginos の内ジャケット)

「永遠の痕跡 サイモン・マースデン」、『yaso 夜想/特集#「ヴァンパイア」』、2007.11、pp.68-73
川合健一、「サイモン・マースデンの世界」、 同上、pp.74-75

Simon Marsden, Phantoms of the Isles. Further tales from the Haunted Raelm, Webb & Bower, Exeter, 1990
『島々の幻影たち 憑かれた王国からのさらなるお話』
128ページ。

こちらでも挙げました:ボディアム城(『ノーサンガー・アベイ』、1987)

ついでに、これも類書はたくさんありそうですが;
井上宗和、『幽霊城 追跡! 世界のミステリーゾーン』(ベストブックシリーズ)、ベストブック社、1977
224ページ。
同じ著者による→こちらを参照

v. ゴシック・ロマンス、その他

ここで取りあげる作品の少なからずは昨今では〈ゴシック・ホラー〉と呼び慣わされています。この呼称がいつ頃から使われるようになったのかは詳らかにしないのですが、その際〈ゴシック〉の語は、おおよそ12世紀後半から15世紀初頭にかけて展開した本家ではなく、『オトラント城綺譚』(1764)を嚆矢とする〈ゴシック・ロマンス〉に由来するものと見なしてよいでしょう。そこでまずは;

紀田順一郎編、『出口なき迷宮 反近代のロマン〈ゴシック〉』、牧神社、1975
オトラントまたは夢の城 ホーレス・ウォルポール(紀田順一郎)/狂王ヴァテック-異端の成立 ウィリアム・ベックフォード(荒俣宏)/ロマンスの再生-月光と鮮血に浸されたページ アン・ラドクリフ(同)/造物主または闇の力 メアリー・シェリー(紀田順一郎)/『放浪者メルモス』または人間悪の創世記 C.R.マチューリン(荒俣宏)/ホフマン-その生の大伽藍 E.T.A.ホフマン(深田甫)/『悪魔の恋』と断頭台 ジャック・カゾット(秋山和夫)/『吸血鬼ヴァーニ』ヴィクトリア期の夢に寄せて T.P.プレスト(荒俣宏)/神話の創造と崩壊 エドガー・アラン・ポオ(紀田順一郎)/戦慄の創造者 J.S.レ・ファニュ(荒俣宏)/暗い函のなかを覗く ヴィルヘルム・ブッシュ(深田甫)/出口なき迷宮-薄明の文化を求めて(紀田順一郎)/伽藍その仕掛けられた罠(麻原雄)など、304ページ。

こちらの怪奇小説史の類も参照

横山茂雄、『異形のテクスト 英国ロマンティック・ノヴェルの系譜』、国書刊行会、1998
拡張と逸脱-ロマンティック・ノヴェルとは何か/崇高なる迷妄-『ケイレブ・ウィリアムズ』から『サン・レオン』へ/知識の両義性-『サン・レオン』から『フランケンシュタイン』へ/鏡の中の悪魔-『義とされた罪人の手記と告白』/閉ざされた楽園-『嵐が丘』/空想の不思議な魔術的歓び-『ヴィレット』//
附論 恐怖の分類学など、214ページ。
こちらで少し触れました
同じ著者による→こちらや、あちら(稲生平太郎名義)を参照


八木敏雄、『アメリカン・ゴシックの水脈』、研究社出版、1992
アメリカン・ゴシックの水脈/新大陸のゴシック風景/アメリカン・ゴシックの誕生/アメリカの「神話」-「リップ・ヴァン・ウィンクル」/フェニモア・クーパーのインディアンのいる風景/エドガー・アラン・ポーのゴシック世界/ナサニエル・ホーソンのゴシシズム/メルヴィルの『ピエール』など、280ページ。

マーク・ジャンコヴィック、『恐怖の臨界 ホラーの政治学』、1997、第2章~第4章
第2章 ゴシック小説;ゴシック小説におけるジェンダーと権力/3人のゴシック作家たち-ホラス・ウォルポール、アン・ラドクリフ、マシュー・グレゴリー・ルイス/フランケンシュタインにおける科学、ジェンダー、反乱//
第3章 アメリカの悪夢-モダニティとアメリカン・ルネッサンス;ロマンスの理論-アメリカン・ルネッサンスの規範化(キャノン)におけるホラーと歴史の否定/エドガー・アラン・ポーと近代化における反動/ナサニエル・ホーソーンと歴史の矛盾//
第4章 後期ヴィクトリア朝的想像力の野獣;ホラー・ジャンルの復活/ジキル博士、ハイド氏と19世紀後半のブルジョワ倫理のジレンマ/ブルジョワの血を干上がらせろ-『ドラキュラ』と独占資本主義の恐怖


また
クリストファー・フレイリング、荒木正純・田中孝夫訳、『悪夢の世界 ホラー小説誕生』、東洋書林、1998
原著は Christopher Frayling, Nightmare : The Birth of Horror, 1996
プロローグ-悪夢/序 恐怖の誕生/フランケンシュタインドラキュラ/ジーキル博士とハイド氏/バスカヴィル家の犬/エピローグ 恐怖……など、414ページ。
「本書はイギリスのBBC放送局によって取り上げられ、テレビの教養番組として製作された。これは日本においても、昨年夏、NHK教育テレビの『知への旅』という番組の中で放映されている。『イギリス文学に見る怪奇小説の誕生』というタイトルで、各章ごとに一回ずつ、全体で四回のシリーズであった」とのこと(「訳者あとがき」、p.387)。


荻野昌利、『視線の歴史 〈窓〉と西洋文明』、世界思想社、2004、第7章~第9章
第7章 18世紀末イギリス-ロマン主義の時代(1)-;〈崇高〉への希求/ゴシックの館にて/ゴシック的繚乱/夢魔と〈窓〉/眺望の〈窓〉-『ユドルフォ城の謎』/覗きの〈窓〉-『フランケンシュタイン』//
第8章 19世紀前半-ロマン主義の時代(2)-;ロマン主義の苦悩/無限への憧憬-ファウスト的理想/ロマンティック・アイロニー(1)-山頂に立つ/ロマンティック・アイロニー(2)-窓辺に立つ/〈窓〉の内と外-ジョン・キーツ/自己解放の〈窓〉(1)-シャーロット・ブロンテ/自己解放の〈窓〉(2)-エミリー・ブロンテ//
第9章 ヴィクトリア朝イギリス;光の呼ぶ声(1)-テニソンと〈窓〉/光の呼ぶ声(2)-ブラウニングと〈窓〉/呪われた館(1)-ポーの場合/呪われた館(2)-ホーソンの場合/呪われた館(3)-ディケンズの場合/光明の伝道者-カーライル/「良心の目覚め」-ホルマン・ハントの道徳画/〈鏡〉から〈窓〉へ-ジョージ・エリオットの世界


マリー・マルヴィ-ロバーツ編、金﨑茂樹・神崎ゆかり・菅田浩一・杉山洋子・長尾知子・比名和子訳、『ゴシック入門 増補改訂版』、英宝社、2012
『ゴシック入門:123の視点』(2006)の増補改訂版
原著は
Edited by Marie Mulvey-Roberts, The Handbook of the Gothic, 2009
(初版は The Handbook to Gothic Literature, 1998
増補改訂版・序文/初版・はじめに//
ゴシックの作家(01~43)/ゴシックの用語、テーマ、概念、コンテクスト(44~129)/ゴシックの地域(130~146)//
関連文献/映画作品目録(双方英文のみ)など、464ページ。
事典形式、初版は邦題にあるように123項目、増補改訂版で23項目追加(ただしいくつか他項に送られる項あり)。


ゴシック・ロマンス的なるものの視覚的側面について;
高山宏、「目の中の劇場 ゴシック的視覚の観念史」、『目の中の劇場』、青土社、1985、pp.71-153
逆立する魔邸/「絵画的」な文学/ピクチャレスクとサブライム、廃墟と階段(→こちらにも挙げておきます)/光学装置/額縁の中の牢獄
こちらにも挙げています

同書の他の内容は;
星のない劇場/王権神授のドラマトゥルギー 遠近法の政治学//
庭の畸形学 凸面鏡の中の〈近代〉の自画像//
迷宮の言語都市 アンチ・ピクチャレスクの一形式/光学の都の反光学 ディケンズとザ・ピクチャレスク/〈視〉に淫す ヘンリー・ジェイムズの〈窓〉//
死の資本主義 マガザン・ド・デーユ周辺/悪魔のルナパークなど、414ページ。
同じ著者による→こちらを参照


Sarah Burns, Painting the Dark Side. Art and the Gothic Imagination in Nineteenth-Century America, University of California Press, Berkely, Los Angeles, London, 2004
『暗い側を描く 19世紀アメリカにおける美術とゴシック的想像力』
序論/暗がりと運命/地下の男/覆い隠された過去/もっとも深い闇/影の呪い/心的怪物たち/腐蝕する眺め/汚い絵/エピローグなど、328ページ。


Dark Romanticism. From Goya to Max Enst, Städel Museum, Frankfurt am Main, 2012-2013, Hatje Cantz
『暗いロマン主義』展図録
暗いロマン主義 一アプローチ(フェリックス・クレーマー)/気味の悪いイメージ 1800年前後の視覚芸術の「夜の側面」(ヨハンネス・グラーフェ)/悪夢-苦悶-黙示録 近代主義の芸術における気味の悪いものと破局的なもの(フーベルトゥス・コーレ)//
カタログ;ゴヤと暗い美(マヌエラ・B・メナ・マルケス)/崇高の諸契機 フュスリとイギリス美術における暗いロマン主義の諸相(フランツィスカ・レンチュ)/サタンの後継者たち フランス・ロマン主義における非合理性の遺産(ネリーナ・サントリウス)/あなたが闇の中に見たのは…… 1850年以前のドイツ絵画における暗いロマン主義(マライケ・ヘニヒ)/デカダンスと自己の悪魔主義 フランスとベルギーの象徴主義(ドロテー・ゲルケンス)/「
あえて知恵を持て(サペレ・アウデー)」 啓蒙された時代におけるロマン的象徴主義(クラウディア・ヴァグナー)/夢の全能 ロマン主義とシュルレアリスム(インゴ・ボルゲス)//
エッセイ;「光は取り除かれた」 ロマン主義文学について(ロラン・ボルガール)/絵画の音 オペラにおける暗いロマン主義(アレクサンダー・マイアー=デルツェンバッハ)/生けるイメージ 映画における暗いロマン主義(クラウディア・ディルマン)など、305ページ。


最後のディルマンによるエッセイ(→こちらでも挙げています)の他、p.217/cat.no.150に『吸血鬼ノスフェラトゥ』、p.223/cat.no.157に『ファウスト』(1926、監督:ムルナウ)、p.231/cat.no.158に『アンダルシアの犬』(1939、監督:ブニュエル)、p.236/cat.no.163に『白い恐怖』(1945、監督:ヒチコック)、p.240/cat.no.169に『吸血鬼』、p.243/cat.no.172に『魔人ドラキュラ』、p.247/cat.no.176に『霊魂の不滅』(1921、監督:ヴィクトル・シェストレム)、p.248/cat.no.177に『死滅の谷』、p.251/cat.no.182に『アッシャー家の末裔』、p.257/cat.no.188に『フランケンシュタイン』のスティールが掲載されています。

ロマン主義と来れば、とりあえず;
マリオ・プラーツ、『肉体と死と悪魔 ロマンティック・アゴニー』、1986

ロマン主義については「宇宙論の歴史、孫引きガイド」中の「ロマン主義、近代など(18世紀末~19世紀)」、とりわけ「xii. ロマン主義、象徴主義の周辺など」等も参照ください。
………………………

主として英文学史の領域に属するゴシック・ロマンスと関わりの深いのが、主としてイギリス建築史の領域で語られる〈ゴシック・リヴァイヴァル〉となります;
ケネス・クラーク、近藤存志訳、『ゴシック・リヴァイヴァル』、白水社、2005
原著は Kenneth Clark, The Gothic Revival. An Essay in the History of Taste, 1928/1950
序文/ゴシックの残存/文学的影響/廃墟とロココ-ストロウベリ・ヒル/ロマン主義と考古学/教会/国会議事堂/ピュージン/教会論/ギルバート・スコット/ラスキン/エピローグなど、340ページ。

クリス・ブルックス、鈴木博之・豊口真衣子訳、『ゴシック・リヴァイヴァル 岩波 世界の美術』、岩波書店、2003
原著は Chris Brooks, The Gothic Revival, 1999
序/洋式の誕生 中世ゴシック/権力のレトリック ゴシックの遺産 1600-1700年/邸宅と庭園 18世紀前半/ピクチャレスクから崇高へ 18世紀後半/怪物と乙女 ゴシック小説/ロマン派の想像力 ゴシックの登場/邸宅と城館 住宅ゴシック 1775-1850年/監獄から教会へ 世俗の施設 1800-1840年/正しい原理の再発見 教会建築ゴシック 1810-1850年/伝統を継ぐもの イギリスを越えたゴシック/石に刻まれた説教 盛期ヴィクトリア朝ゴシック文選/新しい時代 ヨーロッパとアメリカ 1850-1900年/大聖堂と商業 後期ゴシック・リヴァイヴァル/結び 20世紀のゴシックなど、448ページ。

マイケル・ルーイス、粟野修司訳、『ゴシック・リヴァイヴァル』、英宝社、2004
原著は Michael Lewis, The Gothic Revival, (World of Art), 2002
序/文学/ロマン主義/ナショナリズム/真実/発展/鉄/美/絶頂など、272ページ。
………………………

その後の拡がりも含めて;
『ゴシック・テイスト 〝暗黒世界〟への扉』(TH叢書 No.17)、アトリエサード、2002
疾走する科学と甦るゴシック(中野善夫)/よくわかる〝ゴシック精神〟入門/不在にして遍在の館~『黒死館殺人事件』(虚青裕)/こうして現代エンタテインメント小説は生まれた! ゴシック・ロマンスの誕生と発展に関する非常に簡単なおさらい(沖沢あきら)/ハリー・ポッターの魔法空間(三村美衣)/ロマンス小説としての正統派ゴシック ゴシック・ロマンスの女王ビクトリア・ホルトを例に……(いわためぐみ)/Goth-ic に浸る音楽(徳岡正肇)/闇夜への誘い Goth-ic selection 47/ゴシックきせかえ劇場(井手亞紀子)/《やみくろ》と市場経済(本橋牛乳)/死をまとう暗黒舞踏-butoh (いわためぐみ)/闇へ誘う人形たち~天野可淡とクエイ兄弟(沙月樹京)/GUIDE TO WORLD OF DARKNESStalkingheads free marketT-NRG教団シリーズ(2) 失肢病(永田弘太郎)など、256ページ

『yaso 夜想/特集#ゴス』、2003.9
フローリア・シジスモンディ/トレヴァー・ブラウン nurse maniac/池田宏彦/ゴットフリート・ヘルンヴァイン ゴシックアートの帝王/宮西計三 眼から何処へ?……抜ける/マリリン・マンソン なぜ、第三帝国なのか/三原ミツカズ 死を受け入れる儀式/谷敦志/アリス・アウアア金子國義のロマン文庫/ピエール・モリニエ/ルーカス・スピラ/身体改造の進化 モダン・プリミティヴからBMEへ(ケロッピー前田)/スワヴォミル・ルミャック/交霊会のテーブル(飯沢耕太郎)/ゴシック&ロリータは関西から生まれた(鈴木真理子)/高柳カヨ子/真説・ゴス・ポップ史概論(LUV石川)/あるいは棺の皇女のために(小谷真理)/吸血鬼小説・吸血鬼映画ベスト10(須永朝彦)/罪の町(シン・シティ)(服部正)/『人体バラバラ、6畳間の悪魔祓い儀式!』-藤沢・悪魔祓い殺人事件(蜂巣敦)など、160ページ。

高原英理、『ゴシックハート』、講談社、2004
ゴシックの精神/人外(にんがい)/ 怪奇と恐怖/様式美/残酷/身体/猟奇/異形/両性具有/人形/廃墟と終末/幻想/エピローグ ゴシックな記憶など、246ページ。

高原英理、『ゴシックスピリット』、朝日新聞社、2007
古城への招待/ゴシックスピリット/メランコリー/天使と悪魔のいる処/死者たち/地下水脈/江戸時代のゴシックスピリット/東京猟奇交通図/リテラリーゴシック/アートゴシックなど、264ページ。

小谷真理、『テクノゴシック』、ホーム社、2005
プロローグ あるいは棺の皇女のために/序章 テクノゴシックとは何か?//
現代のゴシックとは?;大文字のゴシック/ゴス降臨-ゴシック・ロック/小文字のゴスへ、あるいはサブ・カルチュアとしてのゴス/映画におけるゴス・キャラクター/ゴスのジェンダー、そのステレオタイプ/脇役から主役へ/トランスローカルとしてのゴス//
妄執と感染-欧州から始まる物語;吸血鬼/日本の吸血鬼/吸血鬼を狩る吸血鬼たち-ヴァン・ヘルシングの末裔たち//
ルーナティック・アメリカ;闇のなかのラビリンス/母装のセクシュアリティ/異教のクィーン//
電気仕掛けのサイボーグ-フィーメール・ゴシック・ジャパン;つれなき美女/メイド・イン・ネットワーク/美少女人形/コスプレイ//
テクノゴシック;バグとスパムとマトリックス-『マトリックス』/無垢の将校-『イノセンス』//
テクノゴシック101など、304ページ。

同じ著者による→こちらを参照

樋口ヒロユキ、『死想の血統 ゴシック・ロリータの系譜学』、冬弓舎、2007
はじめに-怪物の世界地図/ゴシック、文化の銃弾/人形、ひとがたの呪具/SM、肉体の神学/寺山修司、百年の牢獄/秘密結社★少女椿団始末記/グロテスク、犯される聖処女/おわりに、廃墟からの手紙など、332ページ。

『ゴス』展図録、横浜美術館、2007~2008
序(雪山行二)/死を想う美術:21世紀の死の舞踏(木村絵理子)//
図版、アーティスト・インタビュー;リッキー・スワロー/Dr.ラクラ/束芋/イングリッド・ムワンギ・ロバート・ヒュッター/ピュ~ぴる/吉永マサユキなど、254ページ。


『ネオ・ゴシック・ヴィジョン』(トーキングヘッズ叢書(TH series) No.33)、アトリエサード、2008
TH special RECOMMENDATIONPREFACE ゴシックで生き延びよ(沙月樹京)/絢爛で頽廃的なヴィクトリアン・アンダーグラウンド-Rose de Reficut et Guiggles(同)/ファンタスティックな人間関係から生まれたファンタスティックな服装-ゴシック・ロリータという美学(西川祥子)/絵金と残酷絵-日本のゴシック(志賀信夫)/ダーク・ヴィジョンの饗宴-悪夢と狂気に彩られたアンダーグラウンド・アートの現在(相馬俊樹)/『ゴシック』は、孤独な変人のように、冗談めかした悪夢に戯れる。-ケン・ラッセル映画におけるゴシックな人々・画々についての一考察(加納星也)/座談会 ゴシック・ロリータ・ニッポン(樋口ヒロユキ、小谷真理、高原英理)/ゴシックを識るための本(柳喜悦)/ラヴクラフトに寄せるノスタルジア-「旧支配者」への憧憬(鷲沢弘志)/ドラキュラの灰-ジョージ・A・ロメロとゴシック映画(朝宮運河)/イタリア映画におけるゴシック的アプローチ(柳喜悦)/BONZIN interview 日本発の新しいゴシックの定義で世界を絶対ひっくり返す!(樋口ヒロユキ)/宇月原晴朗とゴシック世界帝国(虚青裕)/ゴシック絵本の世界(本多由佳)/六ケ所村の思考-宮内勝典と坂本龍一の間で(本橋牛乳)など、208ページ。

Christoph Grunenberg ed., Gothic. Transmutation of Horror in Late Twentieth Century, The Institute of Contemporary Art, Boston, The MIT Press, Cambridge, Massachusetts, London, 1997
『ゴシック 20世紀末期における恐怖の変容』展図録
解かれざる諸神秘 フランケンシュタインからヘア・イーティング・ドルまでのゴシック譚(
Christoph Grunenberg)/侵犯と腐朽(Patrick McGrath)/教化する物語 ゴシック小説、1764-1997(Anne Williams)/ベラ・ルゴシズ・デッドそして私もあまり気持ちよくない ゴスとロック音楽における苦の讃仰(James Hannaham)/「システム内の癌のように」 インダストリアル・ゴシック、ナイン・インチ・ネイルズとヴィデオテープ(Csaba Toth)/帷(Dennis Cooper)/震え(Shawn Rosenheim)/慰めようもない闇 今日の映画におけるゴシックの再登場と再定義(John Gianvito)/グロテスクについての省察(Joyce Carol Oates)など、224ページ。
………………………

古城の近辺から少し離れてしまったので、戻ると;
加藤耕一、『「幽霊屋敷」の文化史』(講談社現代新書 1991)、講談社、2009
はじめに 東京ディズニーランドに往きしことある人は……//
ホーンテッド・マンション再訪;八角形の部屋/ドゥームバギーに乗って/幽霊たちの饗宴//
それはゴシック・ストーリーから始まった;墓地派詩人たち/ウォルポールの『オトラントの城』/ストロベリー・ヒル//
そこに不思議な館は建つ;恐怖そしてロマン/ポーと
雰囲気(アトモスフェア)/秘密の場所//
ファンタスマゴリーの魅惑;恐怖が娯楽になったとき/ロベールソンという男/謎の興行師、ロンドンにあらわる//
蠟人形とペッパーズ・ゴースト;マダム・タッソーの数奇な人生/
王立科学技術会館(ロイヤル・ポリテクニック・インスティチューションア)/幽霊出現装置//
幽霊屋敷のアメリカ化;ノイシュヴァンシュタイン城の幻影/ディズニーランド誕生前後/カリフォルニアとフロリダの差//
むすび ふたたび東京へ、など、288ページ。


また

橋爪紳也、『化物屋敷 遊戯化される恐怖』(中公新書 1195)、中央公論社、1994
消えゆく「お化け」たちへ/日本における「化物屋敷」観/化物屋敷の誕生/化物屋敷と都市の近代 百貨店・遊園地・博覧会/化物屋敷の完成 国技館の納涼博覧会/化物屋敷の現在/化物屋敷の空間構成/遊戯化される恐怖をめぐって、など、196ページ。

同じ著者による→こちらを参照

橋爪紳也、「化物屋敷再考」、小松和彦編、『日本妖怪学大全』、小学館、2003、pp.619-633
恐怖と楽しみの空間論/お化け屋敷の建築学/遊園地のお化け屋敷/メディアが増殖させる恐怖とタブー/カップル向けの恐怖体験/ウォークスルー型のお化け屋敷/「史上最強のお化け屋敷」/お化け屋敷の現在形

『ユリイカ』、vol.15 no.3、1983.3、pp.49-206:「特集 幻想の建築 〈空間〉と文学」
迷宮の構造に関する妄想(入沢康夫)/建築・彫刻・幻想からの抜き書き(飯田善國)/見えない迷宮(高橋英夫)/虚構の王国-バイエルンの城(多木浩二)/ヴァレリーと建築(粟津則雄)/廃墟の思想・廃墟の美(篠田浩一郎)/文学における建築的空間(原広司)/幻想・パノプチコンとその周辺-フーコーの射程(田村俶)/対話 隠喩としての建築(柄谷行人・多木浩二)/子宮なき生理痛としての建築-M.C.エッシャーと都市の迷宮(岡田隆彦)/差異のない都市(宇波彰)/宇宙劇場-あるシンボリズムの死(高山宏)/巨大な夢-英国におけるピラネージの影響(ヨルゲン・アンデルセン)/楽園の引越し魔-ジャン・パウル(池田信雄)/俯瞰・断片・メランコリー-バロックの空間(寺島悦恩)

『現代思想』、vol.11 no.7、1983.7、pp.75-240:「特集 隠喩としての都市 都市論の新しい地平」
世界と聖域の模像 迷宮の都市/都市の迷宮(ヘルマン・ケルン)/マンダラあるいはスピノザ的都市(中沢新一)/電子都市の〝スクウォッター〟たち(粉川哲夫)/モデルとしての都市-建築家の場合(八束はじめ)/宇宙軸としてのクスコ(山崎カヲル)/増殖する都市 多元的宇宙・東京(中野収)/都市の中の方言体(田中克彦)/ランボーによる都市への一瞥(宇野邦一)/都市と記憶術(フランセス・A・イエイツ)/反都市〝ゾーン〟 タルコフスキーの世界(チェス&コル)/カルヴィーノと見えない都市 都市の神々(C.マラビーニ&I.カルヴィーノ)/追放と監禁(イーフー・チャン)/シンポジウム 都市の記号学へ(前田愛、中村雄二郎、篠田浩一郎、長谷川堯)/生の記号と死の危険 18世紀における血と都市(アルフレット・ファルジュ)

『幻想文学』、no.48、1996.10、pp.16-156:「特集 建築幻想文学館」
ゴーメンガーストの大いなる影(浅羽莢子)/家-魔象-(霜島ケイ)/手記(同)/さらに、彼方へ~南伊太利亜幻想建築紀行~(篠田真由美)/黒死館、またはまぼろしたてもの(山口雄也)/『黒死館』詣で(東雅夫)/言語芸術と建築-『カステロフィリア』を語る(高山宏)/造物主(デミウルゴス)を欲望する現代(飯島洋一)/さざえ堂と岩窟ホテル-或いは、幾何学とグロテスクの極致(藪下明博)/紙の上の建築(高山直之)/
関連書ブックガイド;澁澤龍彦/基本図書/ゴシック/迷宮/高山宏/世界劇場・記憶術・遠近法/庭と見世物/飯島洋一/私的な幻想建築/ユートピア建築//
建築幻想文学必携(石堂藍);バベルの塔/塔/城と宮殿/大聖堂/無限建築/呪われた屋敷/SF的想像力の建築/非在の空間/迷宮と地下/ミステリーの館/屋敷と家/庭//
ウット・アルキテクトゥーラ・ポエーシス-建築幻想の文学ガイド(高山宏)


『黒死館逍遙 別巻 まぼろしたてもの考 Ⅰ』(素天堂文庫)、素天堂、2011
序説 「まぼろし」の時を遡る/歴史の中に「まぼろしたてもの」をみる/建築家は金字塔の夢を見る//
付録資料;「
Visionary Architecture1960 MoMA」序文(アーサー・ドレクスラー)/狂える意匠 「二笑亭」 (谷口吉郎、『滑らかな意匠』、1948)/建築空間についてのヘルマン・フィンステルリンの考え(1921~1922)/幻想の建築展 Visionary Architecture など、106ページ。
発行者について→上記『幻想文学』、no.48、1996.10:「特集 建築幻想文学館」掲載の山口雄也「黒死館、またはまぼろしたてもの」(pp.52-71)とともに、こちらを参照

『黒死館逍遙 別巻 まぼろしたてもの考 Ⅱ 「ノートルダム・ド・パリ」を読む』(素天堂文庫)、素天堂、2012
序説 「コロン寺縁起」再訪/老いたる女王讃歌『ノートルダム・ド・パリ』を読む 1/淵源としての聖書/歪んだ鏡像 中世宗教芸術/カジモド 伽藍の生霊 『ノートルダム・ド・パリ』を読む 2//
付録資料 「これ、かれを滅ぼさん」『ノートルダム・ド・パリ』第5篇第2章など、130ページ。

こちらにも挙げておきます
………………………

また;
安井俊夫、『犯行現場の作り方』、メディアファクトリー、2006
正十角形の危険な館-『十角館の殺人』綾辻行人/日当たりの悪い「8」の字の家-『8の殺人』我孫子武丸/51mの廊下があるロッジ-『長い家の殺人』歌野昌午/明治の建物を改修したホテル-『玄い女神』篠田真由美/建物も廊下も十字の屋敷-『十字屋敷のピエロ』東野圭吾/元・天文台の大豪邸-『笑わない数学者』森博嗣/教団の中庭に立つ82mの塔-『誰彼』法月綸太郎/本陣の格式を伝える離れ家-『本陣殺人事件』横溝正史/正方形を2等分した三角屋敷-『三角館の恐怖』江戸川乱歩/斜めに5度傾けられた館-『斜め屋敷の犯罪』島田荘司など、232ページ。

有栖川有栖・安井俊夫、『密室入門』(メディアファクトリー新書 036)、メディアファクトリー、2011
ミステリ作家は、なぜ密室を書くのか?(有栖川有栖)//
密室とはいかなるものか/密室の分類/密室を建築から考える/作家が知りたい建築事情/ミステリと建築の密接な関係/密室の未来//
『密室入門』的ブックガイド//
素晴らしきミステリへの誘い(安井俊夫)など、192ページ。


柏木博、『探偵小説の室内』、白水社、2011
プロスペロ公とは誰か ポオ『赤死病の仮面』/骨董趣味とタイプライター クロフツ『樽』/精神分析学的な室内の観相者 コナン・ドイル『緋色の研究』/姿勢を制御する狭い室内 カフカ『ブルームフェルト、ある中年の独身者』/自我消失の恐怖とドッペルゲンガー ポオ『ウィリアム・ウィルソン』//
迷宮室内 江戸川乱歩『悪魔の紋章』/何もない室内 つげ義春『退屈な部屋』/保守化する生命体 安部公房『鉛の卵』/ものを堆積させた室内 橋本治『巡礼』/喪失する室内 水村美苗『私小説
from left to right』//
室内を失った男 ポール・オースター『シティ・オヴ・グラス』/収容所の室内 シュリンク『朗読者』/19世紀の室内と電脳空間 ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』/その日暮らしの老人の室内 マラマッド『悼む人たち』/テロリストは室内を持たない ジャン=パトリック・マンシェット『眠りなき狙撃者』など、248ページ。


森山高至、『マンガ建築考 もしマンガ・アニメの建物を本当に建てたら』(ThinkMap 007)、技術評論社、2011
巨大建造物/競技場・闘技場/日本建築/豪邸・洋館/集合住宅//
コラムなど、224ページ。

 2014/07/28 以後、随時修正・追補
怪奇城の外濠 Ⅱ
廃墟、建築画・街景図・紙上建築、その他
   HOME古城と怪奇映画など怪奇城の外壕