ホーム 宇宙論の歴史、孫引きガイド 古城と怪奇映画など 美術の話 おまけ
フランケンシュタインの花嫁
Bride of Frankenstein
    1935年、USA 
 監督   ジェイムズ・ホエイル 
撮影   ジョン・J・メスコール 
編集   テッド・ケント 
 美術   チャールズ・D・ホール 
    約1時間15分 
画面比:横×縦    1.37:1 
    モノクロ 

DVD
………………………

 『フランケンシュタイン』(1931)の続篇。この間にホエイルは『魔の家』(1932)や『透明人間』(1933)を監督していました。正篇以上に出来がいいとしばしば見なされているようです。劇伴音楽が部分的にしか使われていなかった『魔人ドラキュラ』(1931)や正篇から変わって、フランツ・ワックスマンによる音楽も、全篇を通じて流れるようになりました。またやはりデイヴィッド・J・スカル(→こちらを参照)が、参照したDVDに収録されたメイキングの脚本・監督などを担当しています。

 物語は嵐の夜のディオダディ荘で1816年、バイロン、メアリー・シェリー、パーシー・シェリーが歓談しているプロローグから始まります。ポリドリは登場しません。ディオダディ荘の外観は暗くてよく見えないのですが、室内に入るとひどく大きな窓、高い天井に暖炉のある居間が映る。壁は装飾のない、いささか素っ気ないものです。

 本篇に入って最初の舞台となるのは、燃えさかる風車小屋の残骸です。風車小屋には深い地下が掘られていて、水が溜まっています。梯子もあるので、何かの用途に使われていたということなのでしょう。

 次いでフランケンシュタイン男爵の館が登場するのですが、そのセットは正篇から大きく変更された点の一つです。館の前には石橋が渡されており、右上がりに映されます。城壁のようなものもあるらしく、階段が備えられています。玄関を開くと、扉の向こうには四分の一のアーチが連なっているさまがのぞいており、なかなか印象的です。
 館内に入れば大きな広間になります。いくつものゆるやかな尖頭アーチによって支えられていて、柱は壁沿いだけでなく中央あたりにもあって、交差ヴォールトによって分割されていることが分かります。奥には木製の階段があり、何回か折れながら上の階にいたる。また左奥にはやはりアーチが連なる廊下が延びていて、それが玄関につながることが後の場面で読みとれます。こうした広間の様子を、ぐ~と回りながら移動するカメラが捉えます。正篇での館が昼間の明るさで覆われていたのに対し、最初の登場も含めて、ほとんどが夜の場面なので、暗さが空間の密度を高めてくれるのでした。天井も極端に高い様子はない。


 フランケンシュタイン(正篇でけっこう魅力的に描かれた父親は今回登場せず、すでにヘンリーが男爵と呼ばれています)が運びこまれた寝室も、やはりいくつものアーチを備え、壁に巨大な燭台や窓の斜め格子の影が映ったりします。
 この部屋は扉口がいくつもあって、プレトリアス博士が登場した時には、玄関から廊下を通って、階段をのぼって入るのですが、後の場面では、何段か高くなった入口のすぐ脇に、低くなった別の入口があることがわかります。この2つの入口は広間側のセットにもきちんと作られていて、低い方は広間の床と同じ高さにあるのでした。室内から見ると高い方の扉の向こうに広間のアーチが見えます。ほとんど隣りあわせに扉を2つ設けるというのは、高低差がある点からして、低い方を使用人が使うものと考えることができるかもしれませんが、やはり機能上の意義があるとは思えない。あるいはこうした実例があるのでしょうか。ともあれ、映画の中で、見た目があざやかであるとは言ってよいでしょう。
 この2つ以外にも、一つは屋内、おそらくエリザベスのいる部屋に通じる出入り口があり、さらにもう一つ、屋外の、おそらくは庭に出る扉が後に出てきます。
 エリザベスの部屋も後に映され、やはり屋内に通じる出入り口とともに、庭に面した大きな窓状の扉があって、そこから入ると何段か下がって床になるという段差がありました。壁には窓の斜め格子の影が映っています。


 プレトリアスの実験室にヘンリーが案内されてきた際、最初に映るのが部屋の前の空間です。短い場面ですが、ここもなかなか印象的でした。手前に木の階段があり、奥の方へ廊下が延びて扉に至るのですが、奥への後退はけっこう加速されているように見えます。右側では壁に窓の影が落ちていて、床の光溜まりなど、照明に工夫が凝らされているようです。
 実験室内は広いものではないのですが、斜めの壁を斜めの梁が支えていたりします。やはり薄暗く撮られる中、テーブルの上のランプが真っ白に輝いていました。奥には戸口があり、壁に寝台の頭の部分にでもありそうな半円形の仕切りの影が映ったかと思えば、何やら電線のような曲線がかけてあったりするのでした。


 尖端の見えない木の幹が林立する森での逃走を経て、磔刑のキリストを連想させずにいない態で柱に縛りつけられた怪物が連れてこられるのが、警察らしき建物の地下牢です。石造りの階段、次いで廊下を通って入るそこには、壁の凹みの前にけっこう高い段が何段もあり、その上に怪物を鎖で拘束する椅子が設置されていました。なぜこんなものがあるのか、いささかおどろおどろしいかぎりであります。壁の上の方には窓があって、街路に接しているらしい。

 しかしただちに逃げだした怪物は、森の中で盲目の隠者の小屋にたどりつく。奥の屋根・天井は斜めになっていて、窓が開いてあります。扉を出ると、すぐ脇に何やらギザギザの道具がかかっていました。
 安住の地と友人を得たと思うも束の間、そこも追われた怪物は、墓場の地下にもぐりこむのでした。この地下墓室はかなり広いらしく、尖頭アーチが交差して連なる中、鉄格子で区切って複数の墓が安置されているようです。


 その後フランケンシュタイン邸でのやりとりを経て、ついに見張り塔が再登場します。基本的な体裁は同じなのですが、随所で変更が加えられています。玄関前の廊下から実験室に昇る階段には、上に斜めの梁が渡されているのが見えます。また実験室での最大の変化は、屋上に上がるための湾曲する階段が設けられたことでしょう。少し前には寝台のある壁龕の脇に上への狭い階段が映りますが、これがヘンリーたちが昇っていった大きめの階段と同じかどうかは、よくわかりませんでした。屋上には凧を揚げるための装置が設けられ、少し高くなった部分もあります。
 新たな被造物に生命を与える段取りも前回とは異なっていて、まず手術台の上に天井から大きな放電装置が降りてきます。次いで放電装置ごと手術台は天井の開口部に上昇して、屋上でさらに高く差しあげられるのです。この場面では斜めに捉えられたヘンリーとプレトリアスのアップが激しく切り換えられ、後になるとさらに、明暗の対比も思いきりきつくなるのでした。
 そしてクライマックス、前回の風車小屋に応じるかのように、またゴシック・ロマンスの定石の一つをなぞるかのように、塔は爆破されて幕を閉じることになります。

 なお、実験室のある見張り塔の階段が再登場するのが『女ドラキュラ』(1936)→こちらを参照
Cf.,  The Horror Movies, 4、1986、p.147

石田一、Monster Legacy File、2004、p.8

マーク・ジャンコヴィック、『恐怖の臨界 ホラーの政治学』、1997、pp.90-95

デイヴィッド・J・スカル、『モンスター・ショー 怪奇映画の文化史』、1998、pp.210-220

Michael Sevastakis, Songs of Love and Death. The Classical American Horror Film of the 1930s, 1993, pp.89-100 : "Part II -6. The Bride of Frankenstein : A Friend for the Enemy of God"

Jeremy Dyson, Bright Darkness. The Lost Art of the Supernatural Horror Film, 1997, pp.49-60

Alberto Manguel, Bride of Frankenstein, (BFI Film Classics), British Film Institute, 1997
68ページの小冊子ではありますが、1冊本。エルンストやマン・レイ、デュシャンの作品が引きあいに出されたりしています(pp.57-62)。
同じ著者による→こちらを参照


Elizabeth Young, "Here Comes rhe Bride : Wedding Gender and Race in Bride of Frankenstein"(extract), Edited by Ken Gelder, The Horror Reader, 2000, pp.128-142: chapter 11
初出は Feminist Studies, vol.17 no.3, Fall 1991, pp.403-437

また
Juan Antonio Ramírez, Architecture for the Screen. A Critical Study of Set Design in Hollywood's Golden Age, 2004, pp.138-139

この作品を短篇小説化したのが;
ジョン・L・ボルダーストーン&ウィリアム・ハールバット、風間賢二訳、「フランケンシュタインの花嫁」、風間賢二編、『フランケンシュタインの子供』(角川ホラー文庫 H 511-1)、角川書店、1995、pp.207-260


この映画はリメイクされました;
『ブライド』、1984、監督:フランク・ロッダム

おまけ Best Hits Horror Movie(邦題:『ベスト・ヒッツ・ホラー・ムービー』、2006→こちらも参照
の2曲目に
"The Bride of Frankenstein- The Creation of the Female Monster"(「フランケンシュタインの花嫁 クリエイション・オブ・ザ・フィメール・モンスター」)が入っています。8分39秒。演奏は The Westminster Philharmonic Orchestra、指揮は Paul Bateman
 2014/09/05 以後、随時修正・追補
   HOME古城と怪奇映画などフランケンシュタインの花嫁 1935