ホーム 宇宙論の歴史、孫引きガイド 古城と怪奇映画など 美術の話 おまけ
[14]<[13]<[12]<[11]<[10]<[]<[]<[]<[]<[]<[]<[]<[]<『ギュスターヴ・モロー研究序説』(1985) [1]
  主要な参考文献 
    モローに関するもの - 作品目録
      - 書簡、学生の証言など 
      - 著作、論文など 
    シャセリオーに関するもの 
    その他、モローについて言及しているものなど 
  文献追補
    - 作品目録
    モローの著述、他 
    モロー美術館に関するもの 
    展覧会図録ないしそれに準じるもの 
    論文、単行本など 
    その他、モローについて言及しているものなど 
    日本での展覧会図録等  
    日本での画集等 
    日本での記事、論文等 
    その他、モローについて言及しているものなど 
  文献余滴 
  おまけ 

主要な参考文献
 (邦訳のある場合など、補足しておきます)

・モローに関するもの - 作品目録

Catalogue des Peintures, Dessins, Carton, Aquarelles exposés dans les galeries du Musée Gustave Moreau, Paris, 1974

Bittler (Paul) et Mathieu (Pierre-Louis), Musée Gustave Moreau. Catalogue des dessins de Gustave Moreau, Paris, 1983

Mathieu (Pierre-Louis), Gustave Moreau, sa vie, son œuvre, catalogue raisonné de l'œuvre achevé, Paris, 1976
(ピエール=ルイ・マテュー、高階秀爾・隠岐由紀子訳、『ギュスターヴ・モロー その芸術と生涯 全完成作品解説カタログ』、三省堂、1980)

  - 書簡、学生の証言など

Michel (Édouard) ed.,"Gustave Moreau et Henri Evenepoel", Mercure de France, no.161, 15-1-1923, pp.383-410

Prache (Anne) ed.,"Souvenirs d'Arthur Guéniot sur Gustave Moreau et son enseignement à l'École des Beaux-Arts", Gazette des Beaux-Arts, no.1167,4-1966, pp.235-236

Reff (Theodore) ed., "More unpublished letters of Degas", The Art Bulletin, no.51, 1969, pp.281-289

Wright (Barbara) et Moisy (Pierre) ed., Gustave Moreau et Eugène Fromentin. Documents inédits, La Rochelle, 1972


ジョルジュ・ルオー『回想』武者小路實光訳、座右宝刊行会、1953

ジョルジュ・ルオー『芸術と人生』武者小路實光訳、座右宝刊行会、1976

- 著作、論文など

Alexandrian (Sarane), Gustave Moreau's Univers, translated by C.M-Sperry, New York, 1975

Bénédite (Léonce), "Deux Idéalistes, Gustave Moreau et E.Burn-Jones", La Revue de l'art ancien et moderne, 10-4-1899, pp.265-290, 10-5-1899, pp.357-378, 10-7-1899, pp.57-70

Boisse (Louis),"Le paysage et la nature dans l'œuvre du Gustave Moreau", Mercure de France, 1-11-1917, pp.417-428

Bou (Gilbert), Gustave Moreau à Decazeville, Rodez, 1964

Breton (Andrée), "Gustave Moreau", Le surréalisme et la peinture, Paris,1965(2), pp.363-366
(アンドレ・ブルトン、瀧口修造・巖谷國士監修、『シュルレアリスムと絵画』、人文書院、1997、pp.410-413:宮川淳訳、「ギュスターヴ・モロー」  *→こちらに邦訳初出

Cachin (Françoise), "Monsieur Vénus et l'ange de Sodome. L'androgyne au temps de Gustave Moreau", Nouvelle Revue de Psychanalyse, no.7, 1973, pp.63-70

Cartier (Jean-Albert), "Gustave Moreau professeur à l'École des Beaux-Arts", Gazette des Beaux-Arts, 1963, pp.347-358

Chassé (Charles), "Le mouvement symboliste dans la peinture du XIXe siècle. Gustave Moreau et Puvis de Chavannes", Mercure de France, 15-9-1938, pp.513-531

Desvallières (Georges), L'œuvre de Gustave Moreau, Paris, 1912

Dorra (Henri), "The guesser guessed. Gustave Moreau's Œdipus", Gazette des Beaux-Arts, 3-1973, pp.129-140

Duthuit (Georges), ‘Vuillard and the poets of decadence’, Art News, 3-1954, pp.29-31, 62-63

Flat (Paul), "Gustave Moreau", La revue de l'Art ancien et moderne, 10-1-1898, pp.39-50, 10-3-1898, pp.231-244

Freudenheim (Susan), "Gustave Moreau and the question of abstraction", Marsyas, vol.20, 1979-80. p.71-77

Frongia (M.Luisa),"«Finito» e «Non finit» nell'opera di Gustave Moreau", Commentari, no.23, 1972, pp.139-151

- , ‘I miti classici nelle opere della maturita di Gustave Moreau’, Storia dell'arte, no.13, 1972, pp.83-96

Hahlbrock (Peter), Gustave Moreau oder das Unbehagen in der Natur, Berlin,1976

Hofstätter (Hans H.), Gustave Moreau. Leben und Werk, Köln, 1978

Holten (Ragnar von), "Le développement du personage de Salome à travers les dessins de Gustave Moreau", L'œil, no.79-80, 7+8-1961, pp.44-51, 72

- , "Gustave Moreau illustrateur de La Fontaine", L'œil, no.115-116, 7+8-1964, pp.20-27.

- , Gustave Moreau, symbolist, Stockholm, 1965

Huysmans (J.-K.), "Le Salon officiel en 1880", L'art moderne, Paris, 1883

- , À rebours, 1884, (À rebours: Le dragoir aux épices, Paris, 1975), pp.113-123
  
(J.K.ユイスマン、澁澤龍彦訳、『さかしま』(1962)、『澁澤龍彦集成Ⅵ』、桃源社、1970、pp.40-46)

- , Certains, Paris, 1889 (England, 1970)

Jenkins (Paul), "Gustave Moreau : Moot grandfather of abstraction", Art News, 12-1961, pp.46-48, 67-69

Kaplan (Julius), "Gustave Moreau's Jupiter and Semele", Art Quarterly, no.33,1970, pp.393-414

- , Catalogue of the exhibition Gustave Moreau, Los Angeles, 1974

- , The Art of Gustave Moreau. Theory, style and content, Michigan, 1982

Lacambre (Geneviève) et
匠秀夫、『モローと象徴主義の画家たち』展カタログ、山梨、神奈川、三重、1984-85

Laran (Jean) et Deshaires (Leon), Gustave Moreau, L'Art de Notre Temps, Paris, 1913

Mathieu (Pierre-Louis), "Gustave Moreau et la création du tableau", L'information d'Histoire de l'Art , no.10. 1965, pp.91-92

- , "Documents inédits sur la jeunesse de Gustave Moreau(1826-1857) ", Bulletin de la Société de l'Histoire de l'Art français, 1971, pp.259-279

- , "Gustave Moreau amoureux", L'œil, no.224, 3-1974, pp.28-33, 73.

- , Gustave Moreau, sa vie, son œuvre, catalogue raisonné de l'œuvre achevé, Fribourg, 1976

- , "La bibliothèque de Gustave Moreau", Gazette des Beaux-Arts, no.1311, 4-1978, pp.155-162

- , "Gustave Moreau, premier abstrait?", Connaissance des Arts, no.346, 12-1980, pp.84-91

- , Gustave Moreau. Aquarelle, Fribourg, 1984

Noël (Bernard), Gustave Moreau, Paris, 1979

Olson (Roberta J.M.), "The comet in Moreau's 'Phaeton': An emblem of cosmic destruction and a clue to the painting's astronomical meaning",Gazette des Beaux-Arts, no.1368, 1-1983, pp.37-42

Orliac (Antoine), "Gustave Moreau", Mercure de France, 15-4-1926, pp.257-269

Paladilhe (Jean) et Pierre (José), Gustave Moreau, Paris, 1971

Picard (Odile Sebastiani-), "L'influance de Michel-Ange sur Gustave Moreau", Revue de Louvre, no.27, 3-1977, pp.140-152

Pool (Phoebe), ‘Degas and Moreau’, The Burlington Magazine, no.105, 6-1963, pp.251-256

Proust (Marcel), "Notes sur le monde mystérieux de Gustave Moreau", Contre Sainte-Beuve, précédé de Pastiches et méelanges, et suivi de Essais et articles, Paris, 1971, pp.667-674
(マルセル・プルースト、保苅瑞穂訳、『プルースト評論選 Ⅱ芸術篇』(ちくま文庫 ふ13-2)、筑摩書房、2002、pp.174-189:「ギュスタヴ・モローの神秘的世界についての覚書」)

Renan (Ary), "Gustave Moreau", Gazette des Beaux-Arts, 1-5-1866, pp.377-394, 1-7-1866, pp.35-51

- , "Gustave Moreau", Gazette des Beaux-Arts, no.21, 1890, pp.5-20,189-204, 299-312, no.22, 1899, pp.57-70, 414-432, 479-497

Schiff (Gert), "Die seltsame Welt des Gustave Moreau", Du-Atlantis, 1965.5, pp.330-389

Selz (Jean), Gustave Moreau, translated by A.Sachs, New York, 1979

Valéry (Paul), Degas, danse, dessin, Paris, 1938
(ヴァレリィ、吉田健一訳、『ドガ・ダンス・デッサン』(一時間文庫 53)、新潮社、1955)

Weber (Gerhard), "Some watercolours by Gustave Moreau", The Connoisseur, no.167-671, 1-1968, pp.26-29

Wright (Barbara), "A propos d'une page de Baudelaire : Gustave Moreau et Hector Berlioz"’, Studi Francesi, no.51. 9+12-1973, pp.465-470

Zola (Émile),"Lettres de Paris. Deux exposition d'art au mois de mai [Le Salon de 1876]", Œuvre complètes, Tome 12 Œuvres critiques Ⅲ, Paris, 1969, pp.946-971
(三浦篤編=解説、三浦篤・藤原貞朗訳、『ゾラ・セレクション 9 美術論集』、藤原書店、2010、pp.284-331:「パリ便り-五月の二つの美術展」、pp.313-316)

- ,"Lettres de Paris. L'école française de peinture à l'Exposition de 1878", ibid., pp.977-1000
(同上『ゾラ・セレクション 9 美術論集』、pp.338-380:「パリ便り-1878年の絵画展のフランス派」、pp.372-374)

アーサー・シモンズ、「ギュスターヴ・モロー論」、高倉正行訳、『世紀末研究』、no.3, 12-1980, pp.36-44

日本語による主要な参考文献については、『モローと象徴主義の画家たち』展カタログ、pp.168-171 を見られたい。

→下の日本での展覧会・論文等の欄に見る機会のあったものだけですが、あわせて挙げました


・シャセリオーに関するもの


Alazard (Jean), L'Orient et la peinture française au XIXe siècle, d'Eugène Delacriox à Auguste Renoir, Paris, 1930.

Chevillard (Valbert), Un peintre romantique. Théodore Chaséeriau, Paris, 1893

- , "Théodore Chaséeriau", La Revue de l'Art ancien et moderne, 10-5-1898, pp.245-255

Doyon (Gerard Maurice), "The positions of the panels decorated by Théodore Chaséeriau at the former Cour des Comptes in Paris", Gazette des Beaux-Arts, 1-1969, pp.47-56

Guiffrey (Jean), "Les peintures décoratifves de Chaséeriau à l'ancienne Cour des Comptes", Beaux-Arts, 15-9-1926, pp.241-248

Laran (Jean) et Marcel (Henri), Chaséeriau, L'art de notre temps, Paris, 1914

Linzeler (André), "Les peintures de la Cour des Comptes dans l'œuvre de Chaséeriau", Beaux-Arts, 15-9-1926, pp.249-256

Renan (Ary), "Théodore Chaséeriau et les peintures du Palais de la Cour des Comptes", Gazette des Beaux-Arts, 2-1898, pp.89-103

Sandoz (Marc), "Chaséeriau(1819-1856), quelques œuvres inédites ou peu connues publiées à l'occasion du centenaire de la mort de l'artiste", Gazette des Beaux-Arts, 2-1958, pp.105-122

- , "Les peinture de la renaissance à Fontainebleau et le maniérisme italian, sources possibles de Théodore Chaséeriau et des premiers romantiques françaises", Gazette des Beaux-Arts, 1-1970, pp.43-56

- , Théodore Chaséeriau, 1819-1856. catalogue raisonné des peinture et estampes, Paris, 1974

Ternois (Daniel), "Les collections d'Ingres", Art de France, 1962, pp.207-221


・その他、モローについて言及しているものなど

Angrand (Pierre), "L'état mécène. Période autoritaire du second empire(1851-1860)", Gazette des Beaux-Arts, no.1192-93, 5+5-1968, pp.303-348

Boime (Albert), The Academy and French painting in the nineteenth century, London, 1971
(アルバート・ボイム、森雅彦・阿部成樹・荒木康子訳、『アカデミーとフランス近代絵画』、三元社、2005)

Delvoiy (Robert L.), Symbolists and Symbolism, translated by Bray, New York, 1978

Demisch (Heinz), Die Sphinx. Geschichte ihrer Darstellung von den Anfängen bis zur Gegenwart, Stuttgart, 1977

Goldwater (Robert), Symbolism, New York, 1979

Gordon (Donald E.), "On the origin of the word 'Expressionism'", Journal of the Warburg and Courtauld Institutes, vol.29, 1966, pp.368-385.

Lucie-Smith (Edward), Symbolist art, London, 1972

Praz (Mario), The romantic agony, translated by Davidson, Oxford, 1951(2)
(マリオ・プラーツ、倉智恒夫・草野重行・土田知則・南條竹則訳、『肉体と死と悪魔 ロマンティック・アゴニー』(クラテール叢書 1)、国書刊行会、1986)

Catalogue de l'exposition Puvis de Chavannes 1824-1898, Paris, Ottawa, 1976-77

Redon (Odilon), À soi-même, Paris, 1922
(池辺一郎訳、『ルドン 私自身に』、みすず書房、1983)

Reff (Theodore), "Copyists in the Louvre, 1850-1870", The Art Bulletin, 12-1964, pp.552-559

Reverseau (Jean-Pierre), "Pour une étude du thème de la tête coupée dans la littérature et la peinture dans la seconde partie du XIXe siècle", Gazette des Beaux-Arts, 9-1972, pp.173-184

Catalogue de l'exposition Saint Sebastien, rituels et figures, Paris, 1983-1984

Sloane (Joseph C.), French painting between the past and the present, New York, 1973

Catalogue de l'exposition Le Symbolisme en Europe, Rotterdam, Bruxelles, Baden-Baden, Paris,1975-1976, pp.136-145 / cat.nos.132-144

Zagona (Helen Grace), The legend of Salome and the principle of Art for Art's sake, Genève, 1960.

高階秀爾、「『サロメ』 - イコノロジー的試論」、1963、『西欧芸術の精神』、青土社、1979、pp.275-298

- 、「切られた首 - 世紀末想像力の一側面」、1974、ibid.、pp.299-322

パリス(ジャン)、『空間と視線』、岩崎力訳、美術公論社、1974.

ホーフシュテッター(ハンス・H)、『象徴主義と世紀末芸術』、種村季弘訳、美術出版社、1970.

マイヤーズ(ジェフリー)、「Ⅱ-8 ギュスターヴ・モローと『さかしま』」、『絵画と文学』、松岡和子訳、白水社、1980、pp.139-156

朝比奈諠、「モローとユイスマンス - 『出現』をめぐって - 絵画と文学の心 11」、『ふらんす』、1979.2、pp.35-38

ムウテル(リヒャルト)、『十九世紀佛國繪畫史』、木下杢太郎訳、日本美術学院、1918、pp.209-213、379-405(1943年版;pp.249-267、281-284、図74 Jason, PLM.69)



もとより、以上の資料によって、モローに関する文献が網羅し尽くされたわけではなく、重要なもので見ることのできなかったものも少ないとは言えない。より完全な文献目録については、Mathieu, 1976 の参考文献をあたられたい。
 なお、直接モローに言及していない資料で、議論に利用した文献については、関連する箇所の註に掲げるに留めた。
 自作への註釈を主にした、モローの残したノートは、

Mathieu et Paladilhe ed., L'Assembleur de rêves. Commentaires de tableaux et écrits complets, Montpellier, 1984
としてまとめられたとのことだが、到着が間に合わず、利用することができなかったのは、誠に残念である。

・元の『モロ序』はここまででした。一部「モロかて」の文献追補(→こちら)にも挙げましたが、あらためて、その後見る機会のあった限りで、主な文献;
 やはり一部重複しますが、シャセリオーについては、「セリオ」君の文献追補を参照→こちら

- 作品目録

Catalogue sommaire des Peintures, Dessins, Carton, Aquarelles exposés dans les galeries du Musée Gustave Moreau, Paris, 1904

Musée Gustave Moreau. Peintures, Dessins, Carton, Aquarelles, etc.... exposés dans les galeries du Musée Gustave Moreau, Réunion des musées nationaux, Paris, 1990

Pierre-Louis Mathieu, Tout l'œuvre peint de Gustave Moreau, (Les Classiques de l'Art), Flammarion, Paris, 1991

Pierre-Louis Mathieu, Gustave Moreau. Monographie et nouveau catalogue de l'œuvre achevé, ACR Édition, Paris, 1998

Pierre-Louis Mathieu avec la collaboration de Françoise Siesse, Gustave Moreau. Supplément au nouveau catalogue de l'œuvre achevé, ACR Édition, Paris, 2006

Sous la direction de Marie-Cécile Forest, Gustave Moreau. Catalogue sommaire des dessins. Musée Gustave Moreau, Musée Gustave Moreau, Réunion des musées nationaux, Paris, 2009

* Catalogue sommaire des dessins
は[ Musée Gustave Moreau の公式サイト ]にも掲載されています→こちら

- 上掲 L'Assembleur de rêves, 1984 に続くモローの著述の改訂(?)・増補版、他

Écrits sur l'art par Gustave Moreau, sur ses œuvres et sur lui-même, théorie et critique d'art, Fontfroide, 2002, 2 vols., préface de Geneviève Lacambre, textes établis, présentés et annotés par Peter Cooke.

藤田尊潮訳編、『ギュスターヴ・モロー 夢を集める人【自作を語る画文集】』、八坂書房、2007

また;

Luisa Capodieci, Gustave Moreau. Correspondance d'Italie, Somogy éditions d'art, Musée Gustave Moreau, 2002

- モロー美術館に関するもの

Pierre-Louis Mathieu, Le musée Gustave Moreau, (Musées et monuments de France), Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 1986

Pierre-Louis Mathieu, Geneviève Lacambre, Le musée Gustave Moreau,Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 1997
ピエール=ルイ・マテュー、ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル、隠岐由紀子訳、『ギュスターヴ・モロー美術館』、Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 1997)

Geneviève Lacambre, Maison d'artiste maison musée, (Les Dossiers du Musée d'Orsay 12), Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 1987

Geneviève Lacambre, Musée Gustave Moreau,, (petit guide 52), Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 1991

- 展覧会図録ないしそれに準じるもの

Gustave Moreau, Galerie Georges Petit, Paris, 1906
  Robert de Montesquiou, "Un peintre lapidaire. Gustave Moreau"

Gustave Moreau, Musée du Louvre, Paris, 1961
  Préfaces de Jean Cassou et de Jean Paladilhe
  Catalogue par Ragnar von Holten


Odilon Redon|Gustave Moreau|Rodolphe Bresdin, The Museum of Modern Art, New York, The Art Institue of Chicago, 1961-62
  John Rewald, "Odilon Redon"
  Harold Joachim, "Notes on Redon's Prins"
  Dore Ashton, "Gustave Moreau"
  Harold Joachim, "Rodolphe Bresdin"
  "Odilon Redon - Writings on Bresdin"

Gustave Moreau Symboliste, Kunsthaus Zürich, 1986
  Toni Stooss, "Einleitung"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau und der Symbolismus"
  Pierre-Louis Mathieu, "Der Alltag eines Traumsammlers"
  Dorothy M. Kosinski, "Orpheus - das Bild des Künstlers bei Gustave Moreau"
  Toni Stooss, "Gustave Moreaus Ödipus - ein Kind seiner Zeit"
  "Zitatensammlung - Gustave Moreau im Urteil von Malern, Schriftstellern, Kunsthistorikern"
  André Vladimir Heiz, "Zum «ständig verfogten Ideal» von Gustave Moreau"
  Pierre-Louis Mathieu, "Gustave Moreau - Seine Zeit (Synopsis)"

Gustave Moreau 1826-1898, Sala d'Arme di Palazzo Vecchio, Firenze, Galleria Civica d'Arte, Ferrara, 1989
  Raffaele Monti, "L'«assembleur des rêves»"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau al lavoro"
  Carlo Sisi, "Le «Contemplations» di Gustave Moreau"
  Pierre-Louis Mathieu, "Gustave Moreau in Italia"
  Franco Farina, "Gustave Moreau e il mito nell'arte contemporanea (appunti)"
  Sergio Salvi, "L'orologio di Moreau"
  Geneviève Lacambre, "Notizie biografiche"

Gustave Moreau, Stadsgalerij Heerlen & Imschoot Uitgevers, 1991
  Anke van der Laan, "Voorwoord" / "Préface"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau aan het werk" / "Gustave Moreau au travail"
  John Sillevis, "Gustave Moreau 'Tussen Romantiek en Fauvisme'" / "Gustave Moreau 'Entre Romantisme et Fauvisme'"
  Carlo Sisi, "De 'contemplations' van Gustave Moreau" / "Les 'Contemplations' de Gustave Moreau"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau Parijs 1826 - Parijs 1898" / "Gustave Moreau Paris 1826 - Paris 1898"

Gustave Moreau et la Bible, Musée national message biblique Marc Chagall, Nice, 1991
  Sylvie Forestier, "Introduction"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau, peintre d'histoire"
  Pierre-Louis Mathieu, "La religion dans la vie et l'œuvre de Gustave Moreau"
  "Une prière de Gustave Moreau"

Gustave Moreau. L'elogio del poeta, Palazzo Racani Arroni, Spoletta, 1992
  Bruno Mantura, "Introduzione"
  Bruno Mantura, "Qualche considerazione sulla pittura di Gustave Moreau"
  Geneviève Lacambre, "La lira di Gustave Moreau"

Autour d'Orphée par Gustave Moreau. Peinture & dessins, Musée Faure d'Aix-les-Bains, 1993
  Avant-propos et textes par André Liatard

Gustave Moreau e l'Italia, Villa Medici, Roma, Accademia di Francia a Roma, Skira, 1996-97
  Jean-Pierre Angremy, "Gustave Moreau"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau, un 'Leonardo' moderno"
  Luisa Capodieci, "Cronaca di un viaggio in Italia"
  Peter Cooke, "Gustave Moreau e Dante"

L'Inde de Gustave Moreau, Musée Cernuschi, Paris, Musée de la Compagnie des Indes, Lorient, 1997
  Gilles Béguin, "De la Seine au Gange"
  Louis Mézin, "De l'usage inattendu d'un «retour des Indes»"
  Amina Okada, "La redécouverte de l'Inde par la France au XIXe siècle : l'exemple de Gustave Moreau"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau, «un italien primitif ou quelque peintre hindou...»"
  Michel Maucuer, "Gustave Moreau et les collections asiatiques d'Henri Cernuschi"
  Marie-Laure de Contenson, "Œuvres de Gustave Moreau en rapport avec l'inde, conservés au musée Gustave Moreau"

Gustave Moreau 1826-1898, Galeries nationales du Grand Palais, Paris, The Art Institute of Chicago, The Metropolitan Museum of Art, New York, 1998-1999
  Geneviève Lacambre, "Introduction"
  Larry J. Feinberg, "Gustave Moreau et la Renaissance italienne"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau et l'exotisme"
  Marie-Laure de Contenson, "Le Moyen Âge recréé par Gustave Moreau"
  Douglas W. Druick, "Gustave Moreau et le symbolisme"

Gustave Moreau. Diomède devoré par ses cheveaux (lire en filigrane), Musée des Beaux-Arts, Rouan, 2000
  Claude Pétry, "1866, Gustave Moreau face à la critique"
  Geneviève Lacambre, "Genèse d'une œuvre"
  Marie-Claude Coudert, "Gustave Moreau aux expositions municipales de Rouen"


Gustave Moreau. Mythes & Chimères. Aquarelles et dessins secrets du musée Gustave-Moreau, Musée de la vie romanrique, 2003
細目はこちら

Paysage de rêve de Gustave Moreau, Monastère royal de Brou à Bourg-en-Bress et Musée des Beaux-Arts de Reims, 2004-2005
細目はこちら

Quand Moreau signait Chassériau, (Carnet d'études 3), École nationale supérieur des beaux-arts, Paris, 2005
  Henry-Claude Cousseau, "Préface"
  Bruno Chenique, "Moreau, le rapt du dessin chassériesque"
  Marie-Cécile Forest, "Carnet inédits de Gustave Moreau. Le romantisme à son crépuscule"
  Stéphane Guégan, "Rachel d'un profil l'autre"


Gustave Moreau. Sueños de oriente, Fundación MAPFRE, Madrid, 2006-2007
  Marie-Cécile Forest, "Sueños de oriente"
  Geneviève Lacambre, "Las fuentes orientales de Gustave Moreau"
  Christine Peltre, "La «pintura oriental» en la época de Gustave Moreau"
  Cátalogo por Maria López Fernández


Huysmans - Moreau. Féeriques visions, Musée Gustave Moreau, Paris, 2007-2008
  Marie-Cécile Forest, "Huysmans - Moreau. Féeriques visions"
  André Guyaux, "Huysmans et «l'abstracteur de joies voluptueuses et de douleurs»
  Philippe Barascud et Samuel Mandin, "Chronologie de J.-K.Huysmans et de Gustave Moreau"
  Marie-Cécile Forest et Samuel Mandin, "Catalogue de l'exposition"
    Galaté, Hélène / Salomé, L'apparition / Le roi David / Fables de la Fontaine / Le poète et la sirène / Le cantique des cantiques / Portraits de Gustave Moreau et J.-K.Huysmans / Georges Rouault, Souvenirs intimes (Frapier, 1926) / Lettres / Manuscrits et livres
  réunis par Philippe Barascud, "Textes de Huysmans sur Gustave Moreau"
  texte introduit et établi par Benoîte de Montmorillon, "Le brouillon d'À rebours. Extrait du chapitre V"
  texte établi par Philippe Barascud, [Notes pour la chapitre de Certains sur Gustave Moreau]


Turner Hugo Moreau. Entdeckung der Abstraktion, Schirn Kunsthalle, Frankfurt, 2007-2008
細目はこちら

Konrad Klaphek Gustave Moreau, (Correspondances Musée d'Orsay Art Contemporain 22), Musée d'Orsay, Paris, 2008
  Konrad Klaphek, "Gustave Moreau et moi" / "Gustave Moreau and I"
  Emmanuel Guigon, "Le cri et le bel canto" / "Shouting and bel canto"
  Laurence Madeline, "Entretien avec Konrad Klapheck" / "Interview with Konrad Klapheck"
  Laurence Madeline, "Orphée de Gustave Moreau" / "Orphée by Gustave Moreau"

Gustave Moreau. L'homme aux figures de cire, Musée Gustave Moreau, Paris, 2010
  Jacques de Caso, "Gustave Moreau, l'envers de la sculpture"
  Marie-Cécile Forest, "Gustave Moreau et la sculpture. L'homme aux figures de cire"
  Anne Pingeot, "Les sculpteurs de cire et l'air du temps"
  Anne Coron, "La photographie «servante des arts»"
  Centre de recherche et de restauration des Musées de France, "Examen et analyse scientifiques des cires de Gustave Moreau. À la rcherche d'une chronologie par les examens de laboratoire"
  Samuel Mandin et Aurélie Peyhard, "Catalogue des œuvres exposées"
  Samuel Mandin et Aurélie Peyhard, "Catalogue sommaire du fonds du musée Gustave Moreau (hors cires de Gustave Moreau)"
  Samuel Mandin et Aurélie Peyhard, "Catalogue des projets de scuptures dessinés"
  Samuel Mandin et Aurélie Peyhard, "Annexes"
    "Documents relatifs aux sculptures présents dans l'entourage de Gustave Moreau"
    "Matériel de sculpture conservé au musée Gustave Moreau et documents relatifs aux armatures"
    "Livres concernant la scupture conservés dans la bibliothèque de Gustave Moreau"

La Sulamite dévoilée. Genèse du Cantique des cantiques de Gustave Moreau, Musée des beaux-arts de Dijon, 2011
  Christine Peltre, "La Sulamite et 《Marie la Noire》. De Théodore Chassériau à Gustave Moreau"
  Marie-Cécile Forest, "«Belle comme la fille du Cantique des Cantiques»"
  Sophie Barthélémy, "Les héroïnes bibliques vues par Gustave Moreau et ses contemporains. Entre Eros et Thanatos, une vision érotisée de l'Orient"
  Matthieu Gilles, "Dans la fabrique du tableau"

Gustave Moreau. Hélène de Troie. La beuté en majesté, Musée Gustave Moreau, Paris, 2012
  Marie-Cécile Forest, "La Glorification d'Hélène de Troie"
  Françoise Frontisi-Ducroux, "La beauté tragique"
  Pierre Pinchon, "Catalogue des œuvres exposées"
  Pierre Pinchon, "Appendice. Des sonnets pour Hélène"

A Strange Magic. Gustave Moreau's Salome, Hammer Museum, University of California, Los Angeles, 2012
  Richard Hawkins, "Indebtitude"
  Cynthia Burlingham, "From the Studio : The Creation of Gustave Moreau's Salome"
  Marie-Cécile Forest, "The Gustave Moreau Museum : A House and Stuidio Unique to Paris"


Gustave Moreau. Le chemin oublié, Musée Denys-Puech, Rodez, 2013
  Sophie Serra, "Gustave Moreau. Le chemin oublié"
  Majorie Nastro et Antoine Maury, "Dans l'intimité de l'œuvre : technique picturale et histoire matérielle du Chemin de croix de Gustave Moreau"
  Geneviève Lacambre, "Gustave Moreau et les sujes chrétiens : de l'iconographie traditionelle au symbolisme"
  Sophie Serra, "Le chemin de croix de l'Église de Notre-Dame de Decazeville"


Gustave Moreau, maître de Matisse, Musée des Beaux-Arts de Nice, 2013
  Marie-Cécile Forest, "Gustave Moreau, un maître influent"
  Anne Coron, "«Hors des chemins»"
  Anne Stilz, "Avant-dires"


- 論文、単行本など

Paul Leprieur, Gustave Moreau et son œuvre, (Extrait de L'Artiste, mars-juin 1889), Paris, 1889

Gustave Larroumet, Notice historique sur la vie et les œuvres de Gustave Moreau, Institut de France, Académie des Beaux-Arts, Paris, 1901

Ragnar von Holten, "Gustave Moreau sculpteur", La Revue des Arts, 1959, no.4-5, pp.209-216

Ragnar von Holten, L'art fantastique de Gustave Moreau, Jean-Jacque Pauvert Éditeur, Paris, 1960

Pamela G. Osler, "Gustave Moreau : Same Drawing from the Italian Sojourn", Bulletin, The National Gallery of Canada, no.11 (VI:1), 1968 [ < National Gallery of Canada Library and Archives ]

Roger Park Lang, The Pedagogy of Gustave Moreau, a dissertation submitted to the University of Oklahoma, 1979, University Microfilms International, Michigan, 1986

Victor Segalen, Gustave Moreau., Maître imagier de l'Orphisme, A Fontfroide, Bibliothèque Artistique & Littéraire, Fata Morgana, 1984
こちらでも挙げました。また→あちらも参照

Rae Beth Gordon, "Aboli bibelot? The influence of the decorative arts on Stéphane Mallarmé and Gustave Moreau", Art Journal, vol.45 no.2, Summer 1985

Pierre-Louis Mathieu, "Gustave Moreau et le mythe d'Hélène", Gazette des Beaux-Arts, no.1400, Septembre 1985, pp.76-80

Dorothy M. Kosinski, "Gustave Moreau's 'La Vie de l'humanité': Orpheus in the Context of Religious Syncretism, Universal Histories, and Occultism", Art Journal, vol.46 no.1, Spring 1987, pp.9-14

Henri Loyrette, "Degas entre Gustave Moreau et Duranty. Notes sur les portraits 1859-1876", Revue de L'Art, no.86, Avril 1989, pp.16-27

Geniviève Lacambre, "Gustave Moreau et le Japon", Revue de l'Art, no.85, 1989, pp.64-75

Pierre-Louis Mathieu, Gustave Moreau, Flammarion, Paris, 1994

John Russel, "Mexico City. Gustave Moreau and his legacy",(Exhibition Reviews), The Burlington Magazine, no.1104, March 1995, pp.210-211

Philip Hotchkiss Walsh, The Atelier of Gustave Moreau at the École des Beaux-Arts, a thesis submitted to Harvard University, 1995, UMI Dissertation Services, Michigan, 1996

Russell T. Clement, Four French Symbolists. A Sourcebook on Pierre Puvis de Chavannes, Gustave Moreau, Odilon Redon, and Maurice Denis, (Art Reference Collection, Number 20), Greenwood Press, Westport, Connecticut and London, 1996

Peter Cooke, "History Painting as Apocalypse and Poetry. Gustave Moreau's Les Prétendants 1852-1897, with Unpublished Documents", Gazette des Beaux-Arts, no.1524, Janvier 1996, pp.27-48

Geneviève Lacambre, Peter Cooke et Luisa Capodieci, Gustave Moreau. Les aquarelles, Éditions d'art Somogy et Réunion des musées nationaux, Paris, 1998

Diane de Margerie, Autour de Gustave Moreau. La maison des Danaïdes, Christian Pirot, 1998

Édition établie et annoté par Frédéric Chaleil, préface de Bernard Noël, Gustave Moreau par ses contemporains (Bloy, Huysmans, Lorrain, Montesquiou, Proust, ...), Les Éditions de Paris, 1998


Édition présentée et annotée par Thalie Rapetti, Jean Lorrain - Gustave Moreau. Correspondance et Poèmes, Réunion des musées nationaux, Paris, 1998

Richard Thomson, "Paris, Chicago and New York. Gustave Moreau",(Exhibition Reviews), The Burlington Magazine, no.1150, January 1999, pp.53-55

"Robert Rosenblum on Gustave Moreau. Gilty Pleasure", Artforum, January 1999, pp.45-46

Peter Cooke, "Gustave Moreau entre art philosophique et art pur", Gazette des Beaux-Arts, no.1570, Novembre 1999, pp.225-236

Laura Morowitz, "Geneviève Lacambre, ed., et al. Gustave Moreau : Between Epic and Dream",(Book Reviews), Art Bulletin, vol.LXXII no.2, June 2000, pp.369-371

Peter Cooke, Gustave Moreau et les arts jumeaux. Peinture et littérature au dix-neuvième siècle, Bern, 2003

Peter Cooke, "Gustave Moreau's 'Œdipus and the sphinx' : archaism, temptation and the nude at the Salon of 1864", The Burlington Magazine, no.1218, September 2004, pp.609-615

Narayan Khandekar, Stephan Wolohojian and Teri Hensick, "Gustave Moreau's 'Jacob and the angel' re-examined", The Burlington Magazine, no.1225, April 2005, pp.253-257

Peter Cooke, "Gustave Moreau and the Reinvention of History Painting", Art Bulletin, vol.XC no.3, May 2009, pp.312-318

Peter Cooke, "Symbolism, Decadence and Gustave Moreau", The Burlington Magazine, no.1274, September 2004, pp.609-615

Jonathan F. Krell, "Mythic Patterns in the Art of Gustave Moreau : The Primacy of Dionysus", Crisolenguas, vol.2 no.2, 2010, pp.34-49

Zühre İndrikaş, "The Presence of Death in Gustave Moreau's Painting", Synergies Turquie, no.3, 2010, pp.69-78

Peter Cooke, Gustave Moreau. History Painting, Spirituality and Symbolism, Yale University Press, New Haven and London, 2014


- その他、モローについて言及しているものなど

Lettres d'Odilon Redon. 1878-1916, publiées par sa famille avec une préface de Marius-Ary Leblond, G. van Oest & Cie, Éditeurs, Paris et Bruxelles, 1923, pp.38-40 : "À Madame de Holstein, Paris 29 Janvier 1900"
(高橋巖訳、「ルドンの四つの手紙」、『オディロン・ルドン展』図録、神奈川県立近代美術館、1973、pp.155-158 中の pp.157-158)

Roseline Bacou, Odilon Redon, 2 tomes, Pierre Cailler, Genève, 1956, tome premier, pp.254-259

Pierre Courthion, Georges Rouault, suivi d'un catalogue établie avec la collaboration d'Isabelle Rouault, Flammarion, Paris, 1962, pp.31-77 : "Gustave Moreau animateur", notes : pp.357-360

Richard J. Wattenmaker, Puvis de Chavannes and the Modern Tradition, Art Gallery of Ontario, 1975 (revised edition), pp.94-97 / cat.nos. 41-44


Nancy Hathaway, The Unicorn, Penguin Books, 1980/1982, p.150

Highly Important Nineteenth Centure European Paintings and Drawings, Sotheby Parke Bernet & Co, 1981
  cat.no.95 L'enlèvement de Ganymède, 1886, PLM.342


Donald A. Rosenthal, Orientalism. The Near East in French Painting 1800-1880, Memoriaal Art Gallery of the University of Rochester, Neuberger Museum, State University of New York at Purchase, 1982, pp.146-148, 154 / fig.146

L'aquarelle en France au XIXe siècle. Dessin du musée du Louvre, Musée du Louvre, 1983, pp.92-97
  cat.no.115 Le jeune homme et la mort, PLM.274
  cat.no.116 Salomé dansant, PLM.341
  cat.no.117 L'apparition, PLM.159
  cat.no.118 Dalila, PLM.277
  cat.no.119 Pietà, PLM.279
  cat.no.120 Giotto, PLM.280
  cat.no.121 Les plaintes du poète, PLM.290

Catalogue sommaire illustré des peintures du musée du Louvre et du musée d'Orsay. IV École française. L-Z, Éditions de la Réunion des musées nationaux, Paris, 1986, pp.113-114


Androgyn. Sehnsucht nach Vollkommenheit, Neue Berliner Kunstverein, Kunstverein Hannover, 1986-87, pp.91-98, p.172

Virginia Mae Allen, The Femme Fatale : A Study of the Early Development of the Concept in Mid-Nineteenthe Century Poetry and Painting, a dissertation submitted to Boston University, 1979, UMI Dissertation Services, Michigan, 1987

Ségolène Bergeon, «Science et patience» ou la restauration des peinture, Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 1990, pp.124-125 : "Décrassage"
  Hélène glorifiée, MGM.217

Polyptyques. Le tableau multiple du moyen âge au vingtième siècle, Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 1990, pp.171-175 / cat.nos. 36a-e-37

Aimée Brown Price, "Puvis de Chavanne's Caricatures : Manifestoes, Commentary, Expressions", The Art Bulletin, vol.LXXIII no.1, March 1991, pp.119-140

Copier créer. De Turner à Picasso : 300 œuvres inspirées par les maîtres du Louvre, Musée du Louvre, 1993, p.59 / cat.no.9, pp.135-136 / cat.nos.78-79, p.206 / cat.no.137, pp.219-221 / cat.nos.146-148, pp.283-289 / cat.nos.187-193

Roger Benjamin,"The decorative landscape, Fauvism, and the arabesque of observation", The Art Bulletin, Vol.LXXV no.2, June 1993, pp.295-316
中の p.310

Théophile Gautier, Critique d'art, Extraits des salons (1833-1872), Textes choisis, présentés et annotés par Marie-Hélène Girard, Séguier, Paris, 1994, pp.321-327 (1865, 1866)

Elisabeth Lebovici et Philippe Peltier, "Lithophanies de Matisse", Les Cahiers du Musée national d'art moderne, no.49, automne 1994, pp.5-39
中の p.23

Elizabeth Briggs Lynch, The Apollo/Phaeton Theme in the Wark of Odilon Redon, a thesis submitted to the George Washongton University, 1998, UMI Dissertation Services, Michigan, 1998, pp.135-163: "Chapter VII. Delacroix and Moreau"

Patricia Mathews, Passionate Discontent. Creativity, Gender, and French Symbolist Art, The University of Chicago Press, Chicago and London, 1999

The Art Institute of Chicago Museum Studies, vol.26 no.1, 2000 : "Maineri to Miró. The Regenstein Collection Since 1975", pp.74-75 /cat.no.32, pp.76-77 / cat.no.33, p.96

Georges Banu, L'Homme de dos, Adam Biro, Paris, 2000, p.129
  Promenade dans un parc, MGM.224

Gérard-Georges Lemaire, L'univers des orientalistes, Éditions Place des Victoires, Paris, 2000, pp.252-255

Richard R. Brettell, Impression. Painting Quickly in France 1860-1890, The National Gallery, London, Van Gogh Museum, Amsterdam, Sterling and Francine Clark Art Institute, Williamstown, Massachusetts, 2000-2001
  p.43 / no.16 Sketch, c.1878, MGM.1141

Mercier Kinney, "Eros and Anteros : Iconic Representatioms of Sacred and Profane Love", Catalogue European Paintings. From 1600 to 1917. Baroque, Rococo, Romanticism. Realism, Futurism, The Matthiesen Gallery & Star Sainty Matthiesen Inc., Spring 2001, pp.45-59, 84-85, 99

Manet Velázquez. La manière espagnole au XIXe siècle, Musée d'Orsay, Paris, The Metropolitan Museum of Art, New York, 2002-2003, p.221 / fig.128, pp.391-392 / cat.no.108

Michelle Facos, Symbolist Art in Context, University of California Press, Berkeley, Los Angeles and London, 2009

Jean-Claude Lebensztejn, "Passage (Note sur les idéologies de la première abstraction)", Les Cahiers du Musée national d'art moderne, no.108, été 2009, pp.4-29


Beautés monstres. Curiosité, prodiges et phénomènes, Musée des Beaux-arts de Nancy, 2009-10, p.109 / cat.no.19

Crime & châtiment, Musée d'Orsay, Paris, 2010, pp.9, 57/ill.35/cat.no.8, p.54/ill.32/cat.no.7, pp.140-141/ill.107/cat.no.89, p.142/ill.108/cat.no.88, p.143/ill.109/cat.no.90

L'Europe des esprits, ou la fascination de l'occulte, 1750-1950, Musée d'Art moderne et contemporain de la Ville de Strasbourg, et Zentrum Paul Klee, Berne, 2011-2012, p.173

Dark Romanticism. From Goya to Max Enst, Städel Museum, Frankfurt am Main, 2012-2013, Hatje Cantz, p.160 / fig.1, p.161 / fig.2, pp.165-168 / cat.nos.98-101

Michel Pastoureau et Élisabeth Delahaye, Les secret de la licorne, Éditions de la réunion des musées nationaux, Paris, 2013, pp.130-131

・オルフェウス(オルペウス)についてこちらも参照;「余談:オルフィスム、オルペウスの諸相」(<「ギリシア・ヘレニズム・ローマ」<「宇宙論の歴史、孫引きガイド」)

Victor Segalen. Voyageur et visionnaire, Bibliothèque nationale de France, 1999, pp.79-80 / cat.nos.69-70
こちらも参照

Emilia Slimon, "The Orpheus Myth through Nineteenth Century Art", Verge, no.10, 2014

・サロメ、〈切られた首〉などについてこちらも参照

Trudie Grace, The Disembidied Head : A Major Theme in European Art from 1885 to 1905, a dissertation submitted to City University of New York, 1984, UMI Dissertation Services, Michigan, 1986

Salomé. Un mito contemporaáneo, Museo Nacional Centro de Art Reina Sofía, Madrid, 1995-96, pp.22-30, 65-70, 122

Salomé danse et décadence, Fondation Neumann, Gingins, Suisse, 2003, pp.4, 8-9, 20-21


14-15世紀のサロメ像を扱うもので、モローは出てきませんが;
Martha Levine Dunkelman, "The Innocent Salome", Gazette des Beaux-arts, no.1563, avril 1999, pp.173-180
 

やはり見る機会のあった範囲内に限られますが、日本での文献類です。既に挙げたものは、『モローと象徴主義の画家たち』展図録(1984-85)を除いて省きます。


- 日本での展覧会図録等

『ギュスターヴ・モロー展』、国立西洋美術館、1964-65
  中山公男、「ギュスターヴ・モロー その人と芸術」  *
  高階秀爾、「ギュスターヴ・モロー その芸術の系譜」 **
* 再録;中山公男、『モローの竪琴 世紀末の芸術』(小沢コレクション 18)、小沢書店、1987、pp15-35:「モロー - 象徴と幻想 Ⅰ ギュスターヴ・モロー」
** 再録;高階秀爾、『美の回廊』、美術公論社、1980、pp.132-150+口絵:「ギュスターヴ・モロー その芸術の系譜」


『フジカワ画廊 創業35年記念展』、東京セントラル美術館、フジカワ画廊大阪店・福岡店、1971
  世界の至宝 ギュスターブ・モロー展(17点)
  他に;新着の ブルデル展/国内作家による 現代絵画・彫刻展/フジカワコレクションの一部/休憩室/フジカワ画廊略歴など


『モローとその弟子たち』、池袋・東武百貨店8階大催事場、1974
  ルネ・ユイグ、「象徴主義とギュスターヴ・モロー」


『モローと象徴主義の画家たち』、山梨県立美術館、神奈川県立近代美術館、三重県立美術館、1984-85
  ピエール=ルイ・マチュー、「ギュスターヴ・モロー (1826-1898)」
  ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル、「ギュスターヴ・モローと象徴主義」
  匠秀夫、「日本に於ける西洋美術受容の経過-モロー、シャヴァンヌ、ルドン、ルオーの場合を主として-」


『ギュスターヴ・モロー』、国立西洋美術館、京都国立近代美術館、1995
  高階秀爾、「魂の詩、思想の詩」
  ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル、「ギュスターヴ・モロー:生涯と美術館」
  隠岐由紀子、「コピーするモロー、コピーされるモロー」
  喜多崎親、「甦る詩人の竪琴 モローの《死せる竪琴》に於ける諸神混淆的ヴィジョンの形成」


『ギュスターヴ・モロー フランス国立ギュスターヴ・モロー美術館所蔵』、島根県立美術館、兵庫県立美術館、Bunkamura ザ・ミュージアム、2005
  マリ=セシール・フォレ、「ギュスターヴ・モロー 画家の暮らし」
  ルイサ・カポディエチ、「当時の美術批評から見たサロンにおけるギュスターヴ・モロー」
  木島俊介、「サロメと《出現》についての幻想」


『モローとルオー 聖なるものの形象と変容』、パナソニック 汐留ミュージアム、松本市美術館/淡交社、2013-14
  マリー=セシル・フォレスト、「ギュスターヴ・モローの名誉を保ち彼を擁護したジョルジュ・ルオー」
  後藤新治、「ギュスターヴ・モローとジョルジュ・ルオーの往復書簡」
  増子美穂、「ギュスターヴ・モロー-夢の美術館計画」
  細萱禮子、「幻想と夢-受け継がれる精神-」
  エマニュエル・シュワルツ、「美術学校教授としてのギュスターヴ・モロー 芸術と詩情を追い求めて」
  エマニュエル・マセ、「ジョルジュ・ルオーの初期サロン作品(1895-1897)」
  レミ・ラブリュス、「夢見た共同体 ジョルジュ・ルオーと『アトリエ・モロー』という神話」


また;
(大原美術館、国立西洋美術館、ブリヂストン美術館、岐阜県美術館、メナード美術館、横浜美術館、群馬県立近代美術館などの所蔵品図録類もご参照ください)

『泰西名画展 ハマー・コレクションによる』、西武美術館、京都市美術館、福岡県文化会館、愛知県美術館、1975-76
  cat.nos.27 《ダビデ王》、PLM.171
  cat.no.28 《サロメ》、1876、PLM.157


『明治15年・パリ 近代フランス絵画の展開と山本芳翠 岐阜県美術館開館記念特別展』、岐阜県美術館、1982
  cat.no.37 《荒地の聖者》、1879頃、PLM.187
  cat.no.38 《オイディプスとスフィンクス》、PLM.285
  cat.no.39 《ピエタ》、1882、PLM.279


『ヨーロッパ象徴派展 世紀末の憂愁とエロス』、心斎橋PARCO・6Fパルコスタジオ、他、1983
  p.18 / cat.no.18 《ハンガリー王女エリーザベート》、1879、PLM.188


『ルドンをめぐる巨匠たち』、岐阜県美術館、熊本県立美術館、広島県立美術館、1985-86
  p.60 / cat.no.53 《顕現》、1876頃、MGM.222
  p.61 / cat.no.52 《ピエタ》、1854,岐阜、PLM.39
  p.62 / cat.no.54 《サン・セバスチャンと天使》、1876頃、岐阜、PLM.166
  p.63 / cat.no.55 《ヴィーナスの誕生》、MGM.41
  p.64 / cat.no.57 《オルフェウスの首》のためのカルトン、MGM.551
  p.65 / cat.no.56 《トロヤの城壁の下のヘレネ》、1885頃、PLM.332


『ジャポニスム展』、グラン・パレ、国立西洋美術館、1988
  pp.196-197 / cat.no.188 《歌舞伎役者-日本の画帖からの模写》、1869、MGMd.849
  p.197 / cat.no.189 《歌舞伎の女形二人-日本の画帖からの模写》、1869、MGMd.975
  また p.27 fig.32 《長崎湾の風景》、MGM.Des.10078
  p.56 / figs.133-134 《日本の衣裳》、1869,MGM.Des.12746-1-1, 2-2


『ル・サロンの巨匠たち フランス絵画の精華』、福岡市美術館、京都国立近代美術館、1989
  pp.147, 279-280 / cat.no.116 《一角獣》、1885-90頃、MGM.189


『メナード美術館名作展 ヨーロッパと日本近代の絵画と彫刻』図録、ブリヂストン美術館、1990
  p.9 / cat.no.1、p.126 《サロメの踊り》、1876頃、メナード、PLM.158


Human Shape and Flower、EXPO'90 ヨーロッパパビリオン、国際陳列館4階、1990
  pp.88-89 / cat.no.33 《蝶と花》、1882、MGM.inv.15509
  pp.90-91 / cat.no.34 《ナルキッソス》、1885-90頃、MGM.220


『ベオグラード国立美術館展 19・20世紀フランス絵画』、そごう美術館、奈良そごう美術館、佐賀県立美術館。高松市美術館、山口県立美術館、1991
  p.103 / cat.no.74 《疲れたケンタウロス》、1880頃、PLM.362


『フランス絵画 黄金の19世紀 ルーアン美術館展』、三越美術館・新宿、福岡市美術館、芸術の森美術館、静岡県立美術館、千葉そごう美術館、川崎市市民ミュージアム、近鉄百貨店阿倍野店・近鉄アート館、1993
  pp.50-51 / cat.no.11 《馬に喰われるディオメデス》、1866、PLM.78
  p.157 / cat.no.98 《エウロペ》、1897、PLM.426

『近代絵画の流れ展 - フランスと日本 - 』、 徳山市美術館、1995
  pp.38-39 / cat.no.15 《サテュロスたち》、1892、PLM.396


『印象派はこうして生まれた アカデミスムからクールベ、マネ、モネ、ルノワール』、東武美術館、1996
 p.97 / cat.no.57 《印象派の遠近法》、1876頃、MGM.
     cat.no.59 《歌舞伎俳優のスケッチ》、MGMd.849


『19, 20世紀ヨーロッパ美術にみる 物語の世界』、群馬県立近代美術館、1996
  pp.18, 84 / cat.no.I-2 《救済される聖セバスティアヌス》、1885頃、群馬、PLM.326


『象徴派展 世紀末ヨーロッパ』、高松市美術館、Bunkamuraザ・ミュージアム、姫路市立美術館、1996-97
  pp.36-37 / cat.no.4 《夕べと苦しみ》、1882頃、PLM.283
  p.38 / cat.no.5 《インド(或いはアラブ)の歌い手》、1884、PLM.317
  p.39 / cat.no.6 《円柱の前のサロメ》、1885-90頃、PLM.381


『揺れる女/揺らぐイメージ フェミニズムの誕生から現代まで』、栃木県立美術館、1997
  p.46 / cat.no.33 《化粧》、1885-90頃、ブリヂストン、PLM.385


『フランス19世紀末の女性たち展』、日本橋三越本店7階ギャラリー、弘前市立美術館、奈良そごう美術館、河口湖美術館、1998-99
  p.27、pp.108-109 / cat.no.28 《サロメ》、1873-75頃、水彩、26.0x18.5cm、ニュージャージー州ラトガース大学ジェーン・ヴーヒーズ・ジマーリ美術館蔵
  * PLM. にも PLM. nouveau catalogue de l'œuvre achevé, 1998、Supplément, 2006 にも非掲載。


『描かれた馬たち ペガサスからサラブレッドまで』、Bunkamura ザ・ミュージアム、2000
  pp.32, 113-114 / cat.no.10 《デイアネイラの掠奪》、MGM.17
  pp.34, 114-115 / cat.no.13 《ペルシアの詩人》、MGM.109
  pp.37, 117-118 / cat.no.16 《ロジェーとアンジェリク》 水彩、MGM.413 (MGM. では
Andromède )

『ウィンスロップ・コレクション フォッグ美術館所蔵19世紀イギリス・フランス絵画 夢想と現実のあわいに』、国立西洋美術館、2002
  pp.108-109 / cat.no.20 《キリストの埋葬》、1867頃、PLM.96
  pp.118-119 / cat.no.25 《聖セバスティアヌスと天使》、1876頃、PLM.165
  pp.120-121 / cat.no.26 《出現》、1876頃、PLM.160
  pp.154-156 / cat.no.43 《キマイラ》、1867、PLM.89
  pp.156-157 / cat.no.44 《セイレンたち》、1882、PLM.276
  pp.188-189 / cat.no.53 《若者と死》、1856-65、PLM.67
  pp.190-191 / cat.no.54 《ヤコブと天使》、1878、PLM.170
  pp.200-201 / cat.no.59 《アフロディテ》、1870頃、PLM.121
  またpp.37-49:喜多崎親、「侵出するヴィジョン - バーン=ジョーンズとモローの作品に見るイコンの変成」


『フランス象徴派展』、滋賀県立近代美術館、財団法人ひろしま美術館、秋田市立千秋美術館、北九州市立美術館、宮崎県立美術館、2003
  p.84 / cat.no.55 《庭園のサロメ》、1871、インク、PLM.177
  p.85 / cat.no.56 《サン・セバスチャンと天使》、1876頃、岐阜、PLM.166


『ルドンとその時代 愛知・三重・岐阜三県立美術館協同企画 No.2』、岐阜県美術館、2006
  p.3 / cat.no.36 《ピエタ》、1854,岐阜、PLM.39


『オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園』、神戸市立博物館、東京都美術館、2006-07
  pp.144-145 / cat.no.90 《ガラテア》、1880,PLM.195


『澁澤龍彦 幻想美術館』、埼玉県立近代美術館、札幌芸術の森美術館、横須賀美術館/平凡社、2007
  p.78 / cat.no.120 《救済される聖セバスティアン》、1885頃、群馬、PLM.326
      cat.no.122 《出現》、1901、エミール・シュルピス刻、PLM.450
  p.79 / cat.no.119 《ダヴィデ》、1884、フェリックス・ブラックモン刻、PLM.435
      cat.no.123 《ユピテルとセメレー》、1921、シャルル・シュッツ刻
  p.216 / cat.no.121 《不和の女神》、1886、フェリックス・ブラックモン刻、PLM.441


『ルオーとマティス』、松下電工 汐留ミュージアム、財団法人ひろしま美術館、新潟県立近代美術館、松坂屋美術館、2008
  pp.32-33 / cat.no.1 《ナルキッソス》、MGM.592
  pp.34-35 / cat.no.2 《ケンタウロス》、MGM.881
         cat.no.3 《エマオでのキリストの十二使徒》、MGM.769
         cat.no.4 《風景》、MGM.558
  p.36 / cat.no.5 《羊飼い》、MGM.878


『オルセー美術館展2010 「ポスト印象派」』、国立新美術館、2010
  pp.172-173 / cat.no.87 《オルフェウス》、1865、PLM.71


『象徴派 夢幻美の使徒たち』、岐阜県美術館、新潟県立近代美術館、姫路市立美術館、2012
  p.35 / cat.no.1 《ピエタ》、1854,岐阜、PLM.39
  p.36 / cat.no.2 《聖セバスティアヌスと天使》、1876頃、岐阜、PLM.166
  p.37 / cat.no.3 《サロメの舞踏》、1876頃、メナード、PLM.158


『シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才』、国立西洋美術館、2017
  pp.100-101 / cat.no.29 《アポロンとダフネ》、MGM.767
  pp.100-101 / cat.no.36 《聖チェチリア》、1885、西洋美術館、PLM.384
  pp.120-121 / cat.no40 《牢獄のサロメ》、1873-76頃、西洋美術館、PLM.164
  pp.130-131 / cat.no.43 《ヘロデ王の前で踊るサロメ》の関連習作、1876頃、MGMd.2407
  pp.130-131 / cat.no.44、《オルフェウスの首を運ぶトラキアの娘》、MGMd.397
  pp.214-215 / cat.no.91 《シャセリオーによる会計検査院の階段装飾画に関する覚書》、MGM.Arch.G.M.205-1, 205-2
  p.215 / cat.no.92 《シャセリオーの肖像》、1856頃、MGM.Des.12715
  pp.217 / cat.no.93 《若者と死》、1881-82、PLM.274


- 日本での画集等

大島清次、吉川逸治、『講談社版 世界美術 14 近代』、講談社、1965、pp.74-83

坂崎乙郎、『世界美術全集 15 モロー/ルドン/ルソー』、河出書房、1967

大島清次・千足伸行、『ほるぷ「世界の名画」 4 モロー・ルドン・ムンク』、ほるぷ出版、1970

ジュリアーノ・ブリガンティ、高階秀爾訳、『19世紀の夢と幻想 現代の絵画 7』、ファブリ・平凡社、1974

福永武彦、西澤信彌、高階秀爾、『カンヴァス世界の名画 13 ムンクとルドン』、中央公論社、1974

竹本忠雄、『モロー 新潮美術文庫 35』、新潮社、1975

嘉門安雄、『ファブリ-研秀 世界美術全集 16 モロー/ルドン/ムンク/アンソール/キルヒナー』、研秀出版、1978

『週刊朝日百科 世界の美術 17 モローとルドン』、朝日新聞社、1978.7.23

坂崎乙郎、島田章三、『世界の素描 21 モロー』、講談社、1979

小倉忠夫、武満徹、『世界美術全集 25 モロー/ルドン』、小学館、1979

『1987 HOLBEIN CALENDAR ギュスターヴ・モロー』、ホルベイン工業株式会社
  《デリラ》、1890頃、MGM.inv.13961
  《一角獣》、1890頃、MGM.213
  《キマイラ》、MGM.361
  《ヘロデ王の前で踊るサロメ》、1876、MGM.211
  《アレキサンダー大王の凱旋》、1885-92頃、MGM.70
  《死せる詩人をはこぶケンタウロス》、MGM.481

大岡信、『ギュスターヴ・モロー 夢のとりで』、PARCO出版、1988


隠岐由紀子・松尾博・高階秀爾・喜多崎親、『アサヒグラフ別冊 美術特集 西洋編17 モロー』、朝日新聞社、1991.10

『週刊美術館 15 ルドン モロー』(小学館ウィークリーブック)、小学館、2000.5.23

『週刊西洋絵画の巨匠 32 ギュスターヴ・モロー』(小学館ウィークリーブック)、小学館、2009.9.29

新人物往来社編、解説・コラム:平松洋、『ギュスターヴ・モローの世界』、新人物往来社、2012


また;

『全集 美術のなかの裸婦 3 神話・神々をめぐる女たち』、集英社、1979
  no.7 《レダ》、MGM.418、p.91;高橋裕子
  no.24 《ユピテルとセメレ》(部分)、1870頃、PLM.408/MGM.91、p.92;湊典子

『全集 美術のなかの裸婦 1 神話・美の女神ヴィーナス』、集英社、1980
  no.9 《アフロディテ》、1870頃、PLM.121、p.92;中山公男

『全集 美術のなかの裸婦 4 神話・ニンフと妖精』、集英社、1980
  no.22 《妖精とグリフォン》、1876頃、MGM.183、pp.96, 99;馬渕明子
  no.27 《ガラテア》、1880、PLM.195、p.100;馬渕明子

『全集 美術のなかの裸婦 5 聖書の女性たち』、集英社、1980
  no.49 《出現》(部分)、1876頃、MGM.222、p.110;馬渕明子


『全集 美術のなかの裸婦 6 歴史と物語の女たち』、集英社、1980
  no.13 《クレオパトラ》、1887頃、PLM.351、p.92;湊典子
  no.53 《求婚者たち》、1852着手、MGM.19、pp.105-106;湊典子


『全集 美術のなかの裸婦 7 寓意と象徴の女性像Ⅰ』、集英社、1981
  no.13 《一角獣》、1865、MGM.189、pp.93-94;若桑みどり


『全集 美術のなかの裸婦 2 神話・ディアナと美神たち』、集英社、1981
  no.21 《ジュノーに懇願する孔雀》、1881、PLM.226/MGM.566bis、p.95;中山公男


『全集 美術のなかの裸婦 8 寓意と象徴の女性像Ⅱ』、集英社、1981
  no.61 《イアソンとメディア》、1865、PLM.69、p.110;高橋裕子
  no.63 《デリラ》、1880頃1、MGM.inv.13961、p.111;高橋裕子
  またpp.9-22:中山公男、「美しき禍い(カロン・カコン)


加藤進治責任編集・対談、『美から美へ 日本にある印象派その前後』、ロータリーの友事務所、1990
  p.92, pp.94-95 / no.38 《化粧》、1885-90頃、ブリヂストン、PLM.385


『名画への旅20 19世紀Ⅳ 音楽をめざす絵画』、講談社、1993
  pp.16-35:隠岐由紀子、「出現 サロメに託された新しい女性像 ギュスターヴ・モロー」


諸川春樹監修、『【カラー版】西洋絵画の主題物語 Ⅱ 神話編』、美術出版社、1997

利倉隆、『【カラー版】エロスの美術と物語 魔性の女と宿命の女』、美術出版社、2001

利倉隆、『【カラー版】絵画のなかの動物たち 神話・象徴・寓話』、美術出版社、2003

結城昌子、『原寸美術館 画家の手もとに迫る』、小学館、2005
  pp.90-91 《雅歌》、1893、大原、PLM.399


- 日本での記事、論文等

ギャブリエル・ムウレエ、あらきすゑを譯、「ギュスターヴ・モロー論 百年祭に際して(1826-1898) 十九世紀の畫家」、『日佛藝術』、tome 2 no.15、1926.9、pp.229-230
  図版頁(「佛展1925年度」) 《聖セバスチャン》、PLM.165


髙橋忠弥、「ギュスターヴ・モロー 聖女チェチリア」、『美術手帖 6月号増刊 松方コレクション』、no.159、1959.6、pp.60-61 *PLM.384
  またp.77 《ピエタ》、PLM.148 pp.78-79(嘉門安雄、「絵画 19世紀西洋美術史上の位置づけ Ⅰ.写実主義まで」)
  p.169(富永惣一、三雲祥之助、瀬木慎一(鼎談)、「松方コレクションを迎えて - その意味と国立西洋美術館への希望 - 」)


中山公男、「ギュスターヴ・モロー 一角獣 名画解説 フランス美術展より」、『美術手帖』、no.197、1961.12、pp.54-55
  * MGM.213 『フランス美術展』は東京国立博物館、京都市美術館、1961-62


「モロー、ブレダン 再評価への道(海外の話題)」、『美術手帖』、no.201、1962.3、pp.83-84

高階秀爾、宮川淳、『近代世界美術全集 4 ゴッホ、ゴーガンとその周辺』(現代教養文庫 454)、社会思想社、1963、pp.69-90:宮川淳、「三 象徴派」、またpp.170-175
(『宮川淳著作集 Ⅲ』、美術出版社、1981/1999、pp.253-270 に再録。
 また同書、pp.pp.315-317:「ルドンとモロー-『講義ノート』より」
 p.630、p633-634:「『世界美術名宝事典』より」(1972)に作品解説4点
 pp.646-678:「美術史とその言説(ディスクール)をめぐる阿部良雄との往復書簡」(1978)中のp.661。これは先だって;宮川淳、『美術史とその言説(ディスクール)』、中央公論社、1978、pp218-219)


大岡信、「フランス・ロマンティシズム 〈7〉」、『藝術新潮』、1963.11、pp.128-131
(大岡信、『装飾と非装飾』、晶文社、1973、pp.44-49;「ロマン主義の領土 - フランス・ロマン主義絵画を中心に」の「7」


野村太郎、「ギュスタヴ・モロー 世紀末の幻視者たち 1」、『みづゑ』、no.706、1963.12、pp.26-34

前田常作、「追求の執念」、『朝日ジャーナル』、1964.11.8、pp.26-27

『別冊みづゑ』、no.42、1964.12:「特集 ギュスターヴ・モロー」
  富永惣一、「ギュスターヴ・モロー展を迎えて」
  大岡信、「ギュスターヴ・モロー論 - アラベスクへの愛」 *
  宮川淳、「神話的主題の構造」 **
  高階秀爾、「モロー芸術における詩と文学」
  小倉忠夫、「現代の眼からみたモロー」
  前田常作、「私とモロー」

* 再録;大岡信、『装飾と非装飾』、晶文社、1973、pp.55-79:「ギュスターヴ・モロー論 - アラベスクへの愛」
** 再録;宮川淳、『鏡・空間・イマージュ』(美術選書)、美術出版社、1967、pp.73-81:「神話について ギュスターヴ・モロー」
 さらに;『宮川淳著作集 Ⅰ』、美術出版社、1980/1999、pp.66-73 に再々録。
 また同書、pp.488-495:「スタロバンスキーの余白に モローをめぐる引用と注」(1973)。これは先だって、宮川淳、『美術史とその言説(ディスクール)』、中央公論社、1978、pp175-182 に収録。


『みづゑ』、no.718、1964.12、pp.1-8:「特集 ギュスターヴ・モロー」
  中山公男、「モローの竪琴 - 象徴・幻想・抽象 - 」
(再録;中山公男、『モローの竪琴 世紀末の芸術』(小沢コレクション 18)、小沢書店、1987、pp35-44:「モロー - 象徴と幻想 Ⅱ モローの竪琴」

宇佐見英治、「震撼の美 - モロー展をみて - 」、『藝術新潮』、vol.15 no.12、1964.12、pp.99-105

穴沢一夫、「ギュスタヴ・モローの世界」、『三彩』、no.180、1964.12、pp.35-39

福永武彦、『藝術の慰め』、講談社、1965、pp.191-202、図版19-20:「ギュスタヴ・モロー」
(初出は『芸術生活』1962.5~1964.2に連載中の一回。
 「ニコラ・ド・スタール」の章の p.11 にも挿図2として《オーピック夫人の庭》、1869頃、p.15 で言及)。


嘉門安雄、「主題をめぐって モロー●随想」、『美術手帖』、1965.1、pp.102-108

富永惣一、「異色の画家ギュスターヴ・モロー」、『世界』、no.231、1965.3、pp.236-240

澁澤龍彦、「密封された神話の宇宙 ギュスターヴ・モロオ展を見て」、『幻想の画廊から』、美術出版社、1967、pp.192-197
  また、同、「一角獣と貴婦人の物語」、同上、pp.170-179


坂崎乙郎、『抽象の源流 その先駆者たち』、三彩社、1968、pp.203-214:「モロー 孤独な騎士」
(初出は『三彩』1965.1~1966.12に連載中の一回)


イラスト:和田誠、「モローの広場恐怖症 話のコレクション」、『美術手帖』、no.295、1968.3、p.175

窪田般彌、「モロー - 孤独な幻視者 展覧会から」、『美術手帖』、no.348、1971.11、pp.152-165
(窪田般彌、『ロココと世紀末』、青土社、1978、pp.171-178:「モロー - 孤独な幻視者」)


「ギュスターブ・モローの神話」、『三彩』、no.281、1971.12、pp.54-61

「フジヰ画廊 ギュスタヴ・モロー ガヤメドの略奪」、『求美』、no.13、1972秋、pp.116-117 * PLM.342

『みづゑ』、no.822、1973.9-10、pp.13-65:「特集 ギュスターヴ・モロー 秘教的魂の顕現」
  澁澤龍彦、「ビザンティンの薄明-あるいはモローの偏執」 *
  中山公男、「20世紀絵画への予兆 - モローの役割」 **
* 再録;澁澤龍彦、「ビザンティンの薄明あるいはギュスターヴ・モローの偏執」、『幻想の彼方へ』、美術出版社、1976、pp.186-203
  澁澤龍彦、『世紀末画廊』(河出文庫 し1-51)、河出書房新社、2007、pp.251-264 にも掲載
** 再録;中山公男、『モローの竪琴 世紀末の芸術』(小沢コレクション 18)、小沢書店、1987、pp45-56:「モロー - 象徴と幻想 Ⅲ モローの役割」


千足伸行、「モローとその弟子たち 展覧会」、『美術手帖』、no.381、1974.5、pp.30-31

ルネ・ユイーグ、渡辺守章訳、「ギュスターヴ・モローの象徴的世界 - 時代の危機を予見する画家の芸術心理学的解釈 - 」、『芸術生活』、no.298、1974.6、pp.90-99

巻頭口絵(「モローとその弟子たち」展から)、年譜、『美術手帖』、no.382、1974.6、pp.5-21
アンドレ・ブルトン、宮川淳訳、「ギュスターヴ・モロー」、同上、pp.178-184 *→こちらに再録
江原順訳編、「モローの言葉とモローについて述べられた言葉」、同上、pp.184-187


鹿島享、『絵と音楽の対話 - 名画にみる楽器 - 』、芸術現代社、1977、pp.73-85:「第1章6 モロー - ヘシオドスとミューズほか」

末永照和、「モロー」、『美術手帖』、vol.29 no.415、1977.1:「特集 象徴主義の画家たち」、pp.160-161、図版pp.18-21

北嶋廣敏、『美の沐浴』、湯川書房、1978、pp.309-312:「パリのカフェからⅥ モロー」

岡田隆彦、『美術散歩50章』、大和書房、1979、pp.20-23:「モロオとユイスマンス」

浅水黒枝、「オルフェウスの歌 - ギュスターヴ・モローの秘められたる世界 - 」、『繪』、no.196、1980.6、pp.19-23

長谷川智恵子、「モロー美術館 美術館巡りXII」、『繪』、no.198、1980.8、pp.42-45

髙橋明也、「国立西洋美術館所蔵 ギュスターヴ・モロー《牢獄のサロメ》について」、『国立西洋美術館年報』、no.16、1982、pp.41-48、またpp.36-37 も参照

撮影:川田喜久治、「モロー美術館」、『芸術新潮』、1982.12、pp.64-71

吉村由美、『魅せられし時のために』、神戸新聞出版センター、1983、pp.24-28:「夏の魅惑」
  pp.97-103:「大原美術館」
  pp.223-230:桐山秀樹、「行け! 汝ら芸術の子よ」(作品論)


本江邦夫、「象徴主義絵画に関する一視点 - 画面の二重性 - 」、『現代の眼 東京国立近代美術館ニュース』、no.338、1983.1、p.4

宇佐美圭司、「色 蜘蛛の巣状の、そして玉虫色の……」(Serial Essay 4)、『SD』、no.235、1984.4、pp.167-168

『みづゑ』、no.932、1984秋、pp.3-43:「特集 ギュスターヴ・モロー」
  隠岐由紀子、「ギュスターヴ・モロー - その現代性」
  太田泰人、「世紀末のレオナルド - ルネサンス美術の解釈にみる象徴主義の一局面」


山口猛、「凄まじき『美しき無力』 モローと象徴主義の画家たち[展覧会から]」、『美術手帖』、no.534、1984.11、pp.110-121

『アトリエ』、no.694、1984.12、pp.10-48:「特集 美術を解く 1 ギュスターヴ・モローの芸術」
  篠原たつ子、「この世の外へ」
  丹生谷貴志、「世紀末……そして là-bas 彼方へ」
  飯田達夫、「モローの技法」


城景都、「モローの女体考」(ART NEWS)、『芸術新潮』、1984.12、pp.44-51

中谷伸生、「モロー 若者と死 (表紙解説) 」、『ひる・ういんど』、no.8、1985.1.1 [ < 三重県立美術館のサイト

中谷伸生、「イアソン 世紀末芸術の華 『モロー展』から 1」、『中日新聞』(三重総合)、1985/1/5

荒屋鋪透、「クレタ島の迷宮にいるミノタウロスに捧げられるアテネ人たち 世紀末芸術の華 『モロー展』から 2」、『中日新聞』(三重総合)、1985/1/6

毛利伊知郎、「あるムガール人の夢 世紀末芸術の華 『モロー展』から 4」、『中日新聞』(三重総合)、1985/1/9

井上英司、「モローと象徴主義の画家たち展(美術)」、『讀賣新聞』、1985/1/16(夕)

(F)、「モローと象徴主義の画家たち展(美術)」、『京都新聞』、1985/1/19

「新版みえ風土記 4 県立美術館 モロー展、2月11日まで」、『住宅情報』、no.4、1985/2/13、pp.122-123

中谷伸生、「モローの芸術について」、『友の会だより』、no.8、1985.3.20 [ < 三重県立美術館のサイト

中村紘子、(菅)、「モロー 雅歌 私の好きな世界の名画」、『讀賣新聞(土曜版)』、1985/10/19、p.1

鈴木杜幾子、「ギュスターヴ・モロー 神話の構造」、辻邦生責任編集、『世紀末の美と夢 6(非在の土地) 夢想への逃亡』、集英社、1986、pp.126-145

高樹のぶ子、(菅)、「モロー 一角獣 私の好きな世界の名画 1」、『讀賣新聞(土曜版)』、1986/3/21、p.1

河合雅雄、「動物画 しごとの周辺」、『朝日新聞』、1986/11/1(夕)

疋田桂一郎、「モロー 出現 世界 名画の旅」、『朝日新聞(日曜版)』、1987/3/1、pp.25, 27
高階秀爾、「切られた首」、同上、p.27

喜多崎親、「ギュスターヴ・モローの《ヘロデ王の前で踊るサロメ》に見る『必須の豪奢』」、『美学』、no.151、1987秋、p.57

喜多崎親、「ギュスターヴ・モローの《ユピテルとセメレー》」、『美術史研究』、no.25、1987.12、pp.107-126

水原冬美、「パリの墓地散策 芸術家の墓碑をたずねて 12 モンマルトル墓地のギュスターヴ・モローの墓」、『繪』、no.298、1988.12、p.36

喜多崎親、「ギュスターヴ・モローの『サロメ』について』」、『鹿島美術財団年報』、no.7、1989、p.22

古川秀昭、「ギュスターヴ・モロー サン・セバスチャンと天使 日曜ギャラリー」、『毎日新聞』、1989/6/25

喜多崎親、「ギュスターヴ・モローの『サロメ像』に就いて』」、『鹿島美術財団年報』、no.8、1990、pp.97-101

隠岐由紀子、「独創の誕生 ギュスターヴ・モローの『サロメ』を中心に」、『美術史の六つの断面 高階秀爾先生に捧げる美術史論集』、美術出版社、1992.11、pp.371-385、図235-246

喜多崎親、「ギュスターヴ・モローの《出現》に就いて」、『美術史』、no.133、1993.2、pp.15-29
(喜多崎親、『聖性の転位 一九世紀フランスに於ける宗教画の変貌』、三元社、2011、pp.149-212、註pp.19-28:「第四章 幻視としてのイコン ギュスターヴ・モローの《出現》に見る聖と俗」)


気谷誠・山田俊幸往復書簡、「珍本稀書掘出物通信 書物の森 版画の泉 第十三信 モロー讃 往信:永遠のオルフェ(気谷)、返信:『雅歌』と『おわか』の妙(山田)」、『版画藝術』、no.88、1995、pp.196-199

気谷誠、「書物の森 版画の泉〈番外篇〉 室内生活のユートピア - 久保卓治『ヤコブと天使』に寄せて」、『版画藝術』、no.90、1995、pp.166-169

隠岐由紀子、「ギュスターヴ・モローと『プリミティヴ』絵画」、『武蔵野美術大学 研究紀要』、no.25、1995.1、pp.7-14

「ギュスターヴ・モロー展 神秘の顕現 - 甦る詩人の竪琴」、『美術手帖』、vol.47 no.703、1995.3、pp.88-91
佐藤亜紀、「モロー美術館での三時間」、同上、pp.92-98 *
* 再録;佐藤亜紀、『掠奪美術館』、平凡社、1995、pp.160-170:「14 ギュスターヴ・モロー『スカイア門のヘレネー』」


喜多崎親、「詩人の嘆き」、『視る 京都国立近代美術館ニュース』、no.335、1995.5、pp.2-4

永井隆則、「ギュスターヴ・モロー(1826-1898)の芸術論 - 批評空間の中でのモロー像(1) 〈研究ノート〉」、『視る 京都国立近代美術館ニュース』、no.336、1995.6、pp.2-3
  同 、「ギュスターヴ・モロー(1826-1898)の芸術論 - 批評空間の中でのモロー像(2) 〈研究ノート〉」、同上、no.337、1995.7、pp.2-4
(永井隆則、『モダン・アート論再考 - 制作の論理から - 』、思文閣出版、2004.4、pp.41-51、238-240:「第Ⅱ章第2節 ギュスターヴ・モローの芸術論 - 批評空間の中でのモロー像 - 」)


槇尾藤美、「ギュスターヴ・モローの歴史画における物語叙述」、『美学美術史研究論集』、no.15、1997、pp.27-46

アンドレ・ブルトン、巖谷國士監訳、小川尚之・鈴木雅雄・谷川渥・永井敦子・星埜守之訳、『魔術的芸術』、河出書房新社、1997、pp.229-239:「二つの大いなる綜合 ギュスターヴ・モローとポール・ゴーガン」

吉田城、「神話の変貌 フランスの作家はモローをどう見たか」、宇佐美斉編、『象徴主義の光と影』、ミネルヴァ書房、1997、pp.10-24

横尾忠則、『名画感応術 神の贈り物を歓ぶ』(光文社文庫 よ10-1)、光文社、1997、pp.227-231:「35 モローは歴史を超える 『勝利のスフィンクス』」

喜多崎親、「ギュスターヴ・モロー《聖なる象》」、『国立西洋美術館年報』、nos.29-30、1997.1、pp.16-19
  同、 「ギュスターヴ・モロー」、同上、pp.26-27


喜多崎親、「断片としてのオリエント ギュスターヴ・モローの《聖なる象》における引用の構造」、『国立西洋美術館研究紀要』、no.1、1997.3、pp.50-65

Michel Maucuer, "Quelques bronzes chinois, coréens et japonais dessinés par Gustave Moreau au palais de l'Industrie en 1873", 『日仏美術学会会報』, no.17, 1997, pp.17-28

ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル、隠岐由紀子監修、南條郁子訳、『ギュスターヴ・モロー 夢を編む画家』(知の再発見双書 77)、創元社、1998


吉川一義、『プルースト美術館 「失われた時を求めて」の画家たち』、筑摩書房、1998、pp.148-207、218-222:「第6章 ギュスターヴ・モローと芸術家の使命」

中山公男、「ギュスターヴ・モロー 出現 バテシバ 世紀末のヌード第6回」、『日経アート』、no.111、1998.1、pp.80-82

喜多崎親、「展覧会評 『ギュスターヴ・モロー』展」、『西洋美術研究』、no.2、1999.9、pp.219-223

隠岐由紀子、「ギュスターヴ・モローと仏教美術」、『ジャポニスム研究』、2000.9、pp.15-32

髙橋幸次、「ギュスターヴ・モロー 牢獄のサロメ」、『日本でみる西洋名画の鑑賞ブック』、淡交社、2000、pp.44-45

隠岐由紀子、「19世紀に日本からヨーロッパに輸入された美術の実体とその影響について - ライデン国立民族学美術館、ウィーン国立工芸美術館、パリ・チェルヌスキ美術館等、調査報告 - 」、『鹿島美術研究(年報第17号別冊)』、2000.11、pp.420-438

隠岐由紀子、「ギュスターヴ・モローと異郷探検記」、『武蔵野美術大学 研究紀要』、no.31、2001.1、pp.17-25

澤渡麻里、「ギュスターヴ・モローにおける線描表現について - 後期作品における線描の意味と機能」、『日仏美術学会会報』、no.21、2001、p.36

鹿島茂、『ギュスターヴ・モロー 絵の具で描かれたデカダン文学』(RAV Rikuyosha Art View)、六曜社、2001

岡部あおみ、「大原美術館コレクションの起源 - 日本の近代美術館の原型 - 」、『大原美術館紀要』、no.1、2001.11.5 中のpp.101-237:「Ⅴ 102点の作品解説及び図版」中の pp.177-178:「モロー、ギュスターヴ 67. 雅歌」

星野知子、『カラー版 パリと七つの美術館』(集英社新書 0169F)、集英社、2002、pp.169-198:「モロー美術館」

「モロー 出現 美の巨人たち」、『日本経済新聞』、2002/7/12(夕)、p.12(全面広告)

松村一男、「ギュスターヴ・モロー『ユピテルとセメレ』 女性の魔性と美 十選 19世紀末のギリシャ神話 10」、『日本経済新聞』、2002/10/8、p.40

喜多崎親、「浮遊するオリエント ギュスターヴ・モローの《刺青のサロメ》をめぐって」、『幻想文学』、no.67、2003.7.7、pp.44-52

別役実、「ギュスターヴ・モロー『刺青のサロメ』 絵の中のドラマ 十選 8」、『日本経済新聞』、2003/12/13

浦田憲治、「宿命の女-サロメ幻想① 美の美」、『日本経済新聞』、2004/6/6、pp.20-21
 同、  「宿命の女-サロメ幻想② 美の美」、同上、2004/6/13、pp.20-21

小池真理子、「モロー『オイディプスとスフィンクス』 世紀末のエロス 十選 1」、『日本経済新聞』、2004/7/20、p.32

夢枕獏、「モロー『聖ゲオルギウスと龍』 龍の図像 十選 3」、『日本経済新聞』、2005/1/13、p.44

田中麻野、「ギュスターヴ・モロー作《オルフェウス》 - 新しい神話画の試み」、『美術史』、no.159、vol.LV no.1、2005.10、pp.18-30

澁澤龍彦、「レオン・ブロワとギュスターヴ・モロオー」、『世紀末画廊』(河出文庫 し1-51)、河出書房新社、2007、pp.31-33
(初出は『フランス世紀末文学叢書』(国書刊行会)の「月報」(1984.3~1985.11)に連載された巻頭口絵解説の一回)


高樹のぶ子、「ギュスターヴ・モロー『ガラテア』 オルセー美術館展 魅惑の一点 1」、『日本経済新聞』、2007/3/12(夕)

横山由紀子、「ギュスターヴ・モロー《ラ・フォンテーヌの寓話》連作における画家の新たな試みについて」、『鹿島美術研究(年報第26号別冊)』、2009.11、pp.132-143

金岡直子、「贖われた詩想 - ギュスターヴ・モロー作《死せる竪琴》について - 」、『フィロカリア』、no.27、2010.3、pp.77-103

金岡直子、「ギュスターヴ・モロー作《天界を観想する大神パン》 - 諸宗教の調停者 - 」、『美術史』、no.171、2011.10、p.160[ < 第64回 美術史学会全国大会美術史學會

文:ジェラール=ジョルジュ・ルメール、写真:ジャン=クロード・アミエル、矢野陽子訳、『芸術家の家 作品の生まれる場所』、西村書店、2012、pp.94-105;「ギュスターヴ・モロー」

金岡直子、
「新たなる審判図 - ギュスターヴ・モロー作《天界を観想する大神パン》について - 」、『フィロカリア』、no.31、2014.3、pp.93-117


- その他、モローについて言及しているものなど

森口多里、『近代美術』、東京堂、1937、pp.167-173、図13-1 《サントールと詩人》、MGM.481)


須田國太郎、「大原コレクションについて」、『美術手帖』、no.80、1954.4、pp.9-10

ルイ・ヴァックス、窪田般彌訳、『幻想の美学』(文庫クセジュ 310)、白水社、1961、pp.54-55

高階秀爾、『世紀末芸術』(紀伊國屋新書 A-1)、紀伊國屋書店、1963、pp.152-158

坂崎乙郎、『マチス、ルオーと表現主義 近代世界美術全集 6』(教養文庫 456)、社会思想社、1963

粟津則雄、『ルドン 生と死の幻想』(美術選書)、美術出版社、1966、pp.135-136、163-167

兒島直平、『兒島虎次郎略伝』、兒島虎次郎伝記編纂室、1967、pp.168-169

マルセル・ブリヨン、坂崎乙郎訳、『幻想芸術』、紀伊國屋書店、1968

「省略が芸術を創る」、『芸術新潮』、no.221、1968.5、pp.1-16 中の pp.2-3
  * 《風景(勝利のスフィンクス)》、MGM.636
大岡信・前田常作、「省略と消去の芸術」、同上、pp.17-21


ロジェ・カイヨワ、三好郁朗訳、『幻想のさなかに 幻想絵画試論』、法政大学出版局、1975、p.79
  図53 《刺青のサロメ》、MGM.211


ジョルジュ・バタイユ、森本和夫訳、『エロスの涙』、現代思潮社、1976、pp.193-194、197-201

ジョン・ミルナー、吉田正俊訳、『象徴派とデカダン派の美術』(パルコ ピクチュアバックス)、PARCO出版局、1976

池辺一郎、『ルドン-夢の生涯 幻想芸術の極致』、読売新聞社、1977、pp.167-175:「VI-3 ギュスターヴ・モロー」

ダニエル・ゲラン編、岡谷公二訳、『ゴーギャン オヴィリ 一野蛮人の記録』、みすず書房、1980、pp.57-64:「ユイスマンスとルドン(抜粋)」(1889年末)中の p.59

粟津則雄、「眼と意識」、『ヨハネの微笑 近代芸術断想』、小沢書店、1980、pp.7-17

フィリップ・ジュリアン、杉本秀太郎訳、『世紀末の夢 象徴派芸術』、白水社、1982

若桑みどり、「世紀末とは何か」、『夜想』、no.7、1982.10:「特集 世紀末」、pp.79-96、図版:pp.97-128

「横尾忠則の縦横無尽」、『アトリエ』、no.701、1985.7、pp.48-59 中の p.49

千足伸行、「レンブラントとフランス近代の画家たち」、『レンブラント 巨匠とその周辺』展図録、そごう美術館、福岡市美術館、京都国立近代美術館、1986-87、pp.43-52 中の pp.47-52:「Ⅲ モローとルドン」

ジャン・クレイ、高階秀爾監訳、『印象派』、中央公論社、1987
  p.51 《サロメ、または出現》、1876-80、MGM.661


ジャン・ピエロ、渡辺義愛訳、『デカダンスの想像力』、白水社、1987

フィリップ・ジュリアン、志村信英訳、『1900年のプリンス 伯爵ロベール・ド・モンテスキュー』(クラテール叢書 5)、国書刊行会、1987

「CREATORS IN JAPAN AMBIGUITY 裸婦を埋めつくす鉱物質のマティエール 山本文彦」、『アトリエ』、no.727、1987.9、pp.41-56 中の p.49

嘉門安雄、「一目惚れのドラクロワ」、『芸術新潮』、1988.8、pp.20-22
  p.20 《雅歌》、1893、大原、PLM.399
千足伸行、「名品でたどる西洋水彩画史」、同上、pp.23-34
  p.32 《ミューズの散歩》、MGM.311


髙橋明也、「『ジャポニスム』東京展」、『三彩』、no.494、1988.11、pp.53-54

大原まゆみ、「近代の宗教画とその周縁をめぐる一試論」、『実践女子大美學美術史學』、no.4、1989、pp.54-81
  pp.74-76、図30 《出現》、1876、PLM.159


ジャン・クレイ、高階秀爾監訳、『ロマン派』、中央公論社、1990
  pp.312-313 《求婚者たち》、1853開始、MGM.19


上村くにこ、『白鳥のシンボリズム 神話・芸術・エロスからのメッセージ』、御茶の水書房、1990

ブラム・ダイクストラ、富士川義之・藤巻明・松村伸一・北沢格・鵜飼信光訳、『倒錯の偶像-世紀末幻想としての女性悪』、パピルス、1994

ピエール=ルイ・マチュ、窪田般彌訳、『象徴派世代 1870-1910』、リブロポート、1995

マリオ・プラーツ、末吉雄二・伊藤博明訳、『ペルセウスとメドゥーサ ロマン主義からアヴァンギャルドへ』、ありな書房、1995

リュディガー・ロベルト・ベーア、和泉雅人訳、『一角獣』、河出書房新社、1996、pp.229-230

小林康夫・松浦寿輝・松浦寿夫、『モデルニテ 3×3』、思潮社、1998、p.146 註1(松浦寿夫)

中村隆夫、『象徴主義 モダニズムへの警鐘』(世界美術双書 005)、東信堂、1998

河村錠一郎、『世紀末美術の楽しみ方』(とんぼの本)、新潮社、1998

マリオ・プラーツ、高山宏訳、『ムネモシュネ 文学と視覚芸術との間の平行現象』、ありな書房、1999、pp.51-53

マリオ・プラーツ、浦一章訳、『蛇との契約 ロマン主義の感性と美意識』、ありな書房、2002

本江邦夫、『オディロン・ルドン 光を孕む種子』、みすず書房、2003

俵万智、「トリアングル 37」、『読売新聞』、2003/10/9

セルジュ・フォーシュロー、作田清・加藤雅郁訳、『印象派絵画と文豪たち』、作品社、2004

千足伸行監修、『すぐわかる 画家別 幻想美術の見かた』、東京美術、2004、pp.46-49:新畑泰秀、「ギュスターヴ・モロー」

ダリオ・ガンボーニ、藤原貞朗訳、『潜在的イメージ モダン・アートの曖昧性と不確定性』、三元社、2007、pp.197-212:「モロー、ドガ、セザンヌ」

イ・ミョンオク、樋口容子訳、『ファム・ファタル 妖婦伝』、作品社、2008

大野英士、「サロメとスフィンクス - 怖い怖い女たち」、『トーキングヘッズ叢書 No.37 特集・デカダンス~呪われた現世を葬る耽美の系譜』、アトリエサード、2009、pp.74-91
樋口ヒロユキ、「ファム・ファタールの世紀末-運命の女たち、愛と死のアラベスク」、同上、pp.106-112


エリー・フォール、與謝野文子訳、『美術史 5 近代美術[Ⅱ]』、国書刊行会、2009、pp.38,73
  後者の頁には「それにしても、クールベの絵のなかでももっとも物質的な絵のなかの一平方センチメートルにさえ、英国のラファエル前派の画家たち、ギュスターヴ・モロー、ベックリンの作品を全部ひっくるめたものよりは、はるかにたくさんの《魂》が含まれているだろう」という有名な(?)一文があります。


尾崎信一郎、「館勝生の絵画 - 現在形で」、『館勝生 Tachi Katsuo』、ギャラリー白、2009.8、pp.10-11
  《出現》(MGM.222)が引きあいに出されています。


ダリオ・ガンボーニ、廣田治子訳、『「画家」の誕生 ルドンと文学』、藤原書店、2012

岡田温志、『天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔』(中公新書 2369)、中央公論新社、2016、pp.172-175
  口絵10 《旅人としての天使》、1885、MGM.441
  口絵11 《パルカと死の天使》、MGM.84
  p.173 《ヤコブと天使》、1878頃、PLM.170
  p.174 《霊感》、1893頃、PLM.405bis


・サロメ、〈切られた首〉などについてこちらも参照

高階秀爾、「マラルメと造型美術」、『西欧芸術の精神』、青土社、1979、pp.323-349

河村錠一郎、「世紀末とサロメの系譜」、『ビアズリーと世紀末』、青土社、1980、pp.247-291

高階秀爾、「『切られた首』の崇拝 - 19世紀想像力についての一考察 - 」、『美術史論叢』、no.2、1985、pp.119-135

山川鴻三、『サロメ - 永遠の妖女 - 』(新潮選書)、新潮社、1989

井村君江、『「サロメ」の変容 翻訳・舞台』、新書館、1990

フランソワーズ・メルツァー、富島美子訳、、『サロメと踊るエクリチュール 文学におけるミメーシスの肖像』、ありな書房、1996

工藤庸子、『サロメ誕生 フローベール/ワイルド』、新書館、2001

江川美和、「絵でみる『サロメ』の変貌」、『美学・美術史学科報』、no.30、2002.3、pp.32-65

井村君江、『サロメ図像学』、あんず堂、2003

小嶋洋子、「もうひとりのヘロデ - リケッツとビアズリーをめぐる考察 - 」、『美学論究』、no.18、2003.3、pp.71-84

ジュリア・クリステヴァ、星埜守之・塚本昌則訳、『斬首の光景』、みすず書房、2005

大鐘敦子、『サロメのダンスの起源 フローベール・モロー・マラルメ・ワイルド』、慶應義塾大学出版会、2008

文献余滴

 上に挙げた若桑みどり「世紀末とは何か」(『夜想』、no.7、1982.10:「特集 世紀末」)で、「19世紀サンボリスム」、「これらの反時代的な芸術家たち」、「ラファエル前派の画家たち」などについて、「この中では、手法と様式に新しさを見い出すことができるのは(部分的にではあるが)モローだけである。モローは、画面の平面化と、大小比例のバランスを破ることを試みた」(p.81)と述べられていたのが、けっこう頭に残っていました。
 「画面の平面化と、大小比例のバランスを破ること」というのが具体的にどういった相を念頭に置いているのかのか、もう一つピンと来なかったせいもあるのでしょう。図版頁には図6《オイディプスとスフィンクス》(1864)と図12《オデュッセウスの帰国によってみな殺しにされた求婚者たち》が掲げられていますが、後者は「マリオ・プラーツが『肉体、死そして悪魔(ロマン主義文学における)』の中で、ファム・ファタルのティピカルな作例」として挙げたものの一つで(p.82)、「19世紀サンボリスム」に属する作家を列挙する中で指示された前者が関連するのでしょうか。この論考は末尾近くで「空間(三次元)の崩壊」について語り(p.92)、ドヴォルシャック、リーグル、ヴェルフリン、ヴォリンガーといった同時代の美術史家が参照されています(pp.94-95)。いろいろと考えどころではあるようです。


 同じく頭にこびりついていたのは、やはり上に挙げた宮川淳「美術史とその言説(ディスクール)をめぐる阿部良雄との往復書簡」(1978)中の、「モローの作品を他の多くの作家たち、とくにポンピエのそれから区別するものがあるとすれば、それは後者にあってはイマージュがあくまでイデーのルプレザンタシオンにとどまっているとき、そこではイマージュが単なるルプレザンタシオンをこえてしまっているという事実ではないだろうか。…(中略)…しかし、まさしくこの中断された意味作用、事物と意味との両極の間での揺れ動きのうちで、イマージュそのもののプレザンスともいうべきものがかいま見られる。このプレザンスへのサンシビリテ(そしてそれをもっともよく示すのは、またしてもモローの習作だろう)、そこには象徴主義の最良の部分の定義がありうるように思う」とのくだりでした(宮川淳、『美術史とその言説(ディスクール)』、中央公論社、1978、pp218-219。また『宮川淳著作集 Ⅲ』、美術出版社、1981/1999、p.661)。
 関連するのかしないのか、小林康夫・松浦寿輝・松浦寿夫『モデルニテ 3×3』(1998)の p.146 註1 として書きこまれた、「モローの作品はほとんど完璧に崩壊するか、未完成の状態にとどまるかしている。ギュスターヴ・モロー美術館に集積された夥しい数の油彩、水彩、素描の作品群は帰属すべき場所を欠いた漂流物の様相を呈している」という松浦寿夫の一節を思い起こすこともできるでしょう。


 ある意味で、富永惣一・三雲祥之助・瀬木慎一の鼎談「松方コレクションを迎えて - その意味と国立西洋美術館への希望 - 」(『美術手帖 6月号増刊 松方コレクション』)における、モロー美術館に「行ってみたが、胸が悪くなりましたね」という瀬木慎一の発言(p.169)もまた、ここに結びつけることができるかもしれません。
 他方この発言は、モロー美術館を訪れたドガの、「『何だか気味が悪くなる、』と彼はモロオの家から出て来て言った、『まるで墓穴の中にいるようだ。……絵があれだけ集まると百科事典とか韻律辞書とか言った感じしか起らない。』」(ヴァレリィ、吉田健一訳、『ドガ・ダンス・デッサン』(一時間文庫 53)、新潮社、1955、p.46)なる感想や、同じくルドンの、「今私にはこの美術館がまるで氷のように冷たく思えるのです」(ドゥ・オルスタン夫人宛の書簡 パリ、1900年1月29日、高橋巖訳、「ルドンの四つの手紙」、『オディロン・ルドン展』図録、神奈川県立近代美術館、1973、p.157)といった感慨に呼応するとともに、「私にとってなにものもこの美術館以上に神殿のあるべき姿から、また同時に……『悪所』のありうべき姿から生じているものはない。私はいつも夢みていた、夜、ランプをもってそこに押し入りにゆくことを」(アンドレ・ブルトン、瀧口修造・巖谷國士監修、『シュルレアリスムと絵画』、1997、p.411)、というブルトンの夢想と裏表をなすのでしょう(この点については、 「おすすめの美術館(2) ビリャファメース民衆現代美術館(スペイン)、他」(『学芸室だより』、2009.2.16 [ < 三重県立美術館のサイト])でもふれました)。 

おまけ

 以後、まとまってモローを取りあげたのは「シャセモロ」(1987)と「マティモロ」(2005)だけですが、何度かモローの名を潜りこませた他、

吸血鬼は十字架を恐れるか? ビクトル・ミラ『神に酔いしれて』をめぐって(下)-『100の絵画・スペイン20世紀の美術』展より-」、『ひるういんど』、no.46、1994.4 [ < 三重県立美術館のサイト ]

「学芸室だより 心に残るこの1点 その2 もろもろモロー」、2007.8.28 [ <同上 ]

の中で少し作品に触れました。
 また『三重県立美術館ニュース』、第69号、2008.11.14 [ <まぐまぐ!のサイト ]に掲載された原稿ですが、再録しておくと;
 
  『Meigaを探せ!』 第4回
『12モンキーズ』(監督:テリ-・ギリアム、1995年、アメリカ映画)


『未来世紀ブラジル』(1985)などで知られるギリアムが、Ch.マルケルの短編映画『ラ・ジュテ』(1962)に想を得たいささか暗い雰囲気のSFで、ブラッド・ピットが狂躁的な役柄を演じたことでも話題を呼びました。ただこの作品は、個人的にはかつて研究テーマだったギュスターヴ・モローの作品がちらっと映ったことで印象に残っています。

ヒロインは精神科医なのですが、中盤に彼女が講演している場面があり、そこでのスライドとしてモロー晩年の怪作《ユピテルとセメレー》(1895)から、画面左下に配された闇の女神ヘカテーが映しだされたのです。

そこでヒロインは災厄を予言したカサンドラにまつわる話をしており、カサンドラ自身ではないにせよ、それに相当するイメージとしてモローのイメージが選ばれたのでしょう。

モローといえば、日本のシンフォニック・ロックに分類できるグループいくつかがLPやCDのジャケットに用いていました。管見のかぎりでもFROMAGEの“ONDINE”(1984/1994)と“OPHELIA”(1988/1994;双方CD版で)、夢幻の『レダと白鳥』(1984;タイトル曲は「ギュスターヴ・モローに捧ぐ」と記されています)と“Sinfinia della Luna”(1986)、アルハンブラの“FADISTA”(2007)を挙げることができます。

映画にもどれば、特定の作品が登場するわけではありませんが、『ヴィドック』(監督:ピトフ、2001)の色彩はギュスターヴ・モロー調で統一するべく設計されたということです。

話を『12モンキーズ』をもどしましょう。この映画にはモロー以外にも美術作品が登場します。先の講演の場面では、ブリューゲルの《死の勝利》のやはり細部や、特定はできませんでしたが何らかの版画が映しだされますし、そのすぐ後の場面ではロダンの《接吻》が画面をかすめます。また後の方では、やはり特定できませんでしたが、ハドソン・リヴァー派のものと思しき風景画が小道具として用いられていました。

そもそもヒロインが最初に登場する場面は、ピエロ・デッラ・フランチェスカ周辺の《理想都市》の一点のアップから始まります。最初の舞台はボルティモアに設定されているのですが、当の作品はボルティモアのウォルターズ美術館が所蔵するもので、美術館での詩の朗読会にヒロインが出席していたのでした。

『12モンキーズ』では絵画以外にも、ヒッチコックの『めまい』(1958)や『鳥』(1963)の各一場面とか、アメリカのTVアニメが映しだされたりします。

これらは物語の上で重要な役割を担うというわけではありません。それを単なる雰囲気作りと見なすにせよ深読みしてみるにせよ、スタッフなり監督の素養、というか遊びがうかがえることでした。
 
  学芸員 石崎勝基
 《ユピテルとセメレー》は本ページでの図268→こちら、その内ヘカテ-周辺の部分図が図306→こちら
 文中、夢幻の『レダと白鳥』を1984年としていますが、1986年の誤りです。このアルバムについては→こちらでも触れました。そこではB面3曲目の「カーミラの幻」を挙げましたが、上にもあるようにA面1曲目のタイトル曲は「レダと白鳥(ギュスターヴ・モローに捧ぐ)」、歌い出しも「モローの~」と始まります。ちなみにA面3曲目は「サロメ」です。加えてジャケットの表にはモローの《レダと白鳥》(1875頃、MGM.inv.15501)が用いられています。
 また同じ夢幻の先立つ1枚目
Sinfinia della Luna (こちらは正しくは1984→こちらで触れました)の表ジャケットは《夕べ》(1887、PLM.353→こちら:図170)でした。
 
FROMAGEONDINE (1984/1994)には《キマイラ》(1867、PLM.88)、OPHELIA (1988/1994)は《旅人オイディプス(死の前の平等)》(1888頃、PLM.358→こちら:図48)、アルハンブラの FADISTA (2007)は《サッフォー》(1972、PLM.137→こちら:図39)です。
HOME美術の話ギュスターヴ・モロー研究序説 [14]