ホーム 宇宙論の歴史、孫引きガイド 古城と怪奇映画など 美術の話 おまけ
黒猫
The Black Cat
    1934年、USA 
 監督、セット・デザイン   エドガー・G・ウルマー 
撮影   ジョン・メスコール 
編集   レイ・カーティス 
 美術   チャールズ・D・ホール 
    約1時間5分 
画面比:横×縦    1.37:1 
    モノクロ 

一般放送で放映
………………………

 悪魔崇拝の儀式なんてのは出てきますが、超自然現象が起こるわけではありません。エドガー・ポーの「黒猫」(1843)に示唆されたとクレジットされますが、お話は原作とはほとんど関係ありません。そもそも古城どころか、近代的な建築が舞台となります。そのため下に挙げたアルブレヒトの『映画に見る近代建築』で取りあげられているわけですが、にもかかわらず、怪奇映画的空間の一例としておさえておくべき作品でしょう。電波状態が悪い時、VHSに3倍録画したという態なので、きちんと見るのはまたあらためてとなってしまいますが、ご容赦ください。

 ボリス・カーロフ演じる建築家が自ら設計したという邸宅は、まず夜の外観が映ります。模型でしょうか。丘の上にあって、平たく横に伸びた部分が本体で、2層のやはり横に伸びる窓の灯りを伴なっています。向かって右側には階を高くした棟がつながっている。かつての砦の跡地に建てたという設定で、これも下掲の
Film Architecture : Set Designs from Metropolis to Blade Runner の p.116 に載っている図版を見ると、手前は十字架の林立する墓地なのでした。左端ではねじくれた木がルプソワールの役割をはたしてます。ちなみに建築家の名前ペルツィヒは、[ IMDb ]によると監督のウルマーもセット・デザインで参加したという『巨人ゴーレム』(1920)で、美術を担当した「ドイツの建築家ハンス・ペルツィヒに敬意を表してつけた」ものとのことです(アルブレヒト、p.157)。

 屋内はまず、吹き抜けの階段広間が映されます。2階の廊下が右から左に伸びて、その先で階段が湾曲して降りてくる。階段の背景は巨大な窓に占められていて、格子状の桟によって区切られています。磨りガラスでできているようですが、実際はだまし絵とのこと(アルブレヒト、p.158)。この巨大な窓全体が間接照明の光源であるかのごとくでもあります。
 右下には上に広い台形状の仕切りがあって、3つほど孔がうがたれています。この仕切りと階段の間から奥の方にも空間は続いているようですが、玄関は画面右端の方に進んで、天井の低くなった部分にあります。ここの天井自体にも照明が設けられています。扉の脇には、金属でできた管が何本か垂れさがった、よくわからないものがあったりしました。
 階段を上った廊下には、客室が少なくとも3つ、横に並んでいます。扉には金属製の水平の帯がつけられていて、手すりでしょうか、室内側も同じです。中は寝台を主にしたあっさりした感じで、そう広くもなさそうですが、寝台の脇に仕切りでしょうか、天井から下すぼまりの細い板が降りていたり、壁が水平のストライプで区切られていたりします。
 位置はわかりませんが、これ以外に建築家の寝室もあって、寝台に沿った壁は大きな窓になっています。階段広間の窓同様、格子状の桟があり、ランプをつけるとやはり、あたかも窓の向こうに照明があるかのようです。そのため建築家が登場する最初の場面では、寝台から起きあがる建築家は完全なシルエットだったりするのでした。
 これ以外に居間のような空間があって、後の場面からすると、広間の階段の脇を奥に進んだ位置にあるようです。ここにも大きな窓があるのですが、右上あたりに大きな円が見えます。向こう側は円形の吹き抜けになっているのでしょうか。
 広間に戻れば、階段のすぐ左側は少し突きでた壁で区切られ、その向こうにもテーブルや椅子が置かれています。背後はやはり窓ですが、こちらは透明なガラスで、昼間なら山並みが見える。この他、建築家が弾くオルガンがどこかにあります。


 以上の部分はいずれも、明るい壁に柔らかい照明が施された、いかにも近代的な仕様でした。続いて映るのはしかし、暗めの壁に、壁の角が斜めになっていたりする空間です。入口がくぼんだ空間にある扉のそばには、縦長のガラス・ケースがあって、剥製でしょうか、女性の姿があるのでした。
 この場所には、階段のある広間の、建物の玄関から見て左奥にある扉から入ることがすぐに明かされます。ちなみにこの扉と玄関の扉には、客室の扉の水平の帯とは違って、縦に長い手すりがつけられています。この扉からすぐに通じているのかどうかは不明ですが、広い吹き抜けの空間になっており、柱の周囲をめぐる金属の螺旋階段で下りることになる。ボリス・カーロフとベラ・ルゴシが連れ立って階段を降りるさまは、なかなかおいしいと言うほかありますまい。上から見下ろしたり下から見下ろされたりするこの螺旋階段にはつねに、下からの光による大きな影が、横の壁で隣りあっています。
 ガラス・ケースのある部屋は、螺旋階段のある吹き抜けから、さらに廊下を進んだところにあります。かつての「砲塔の入口」と説明され、ガラス製の「座標図」が壁の一つを覆っている。梁でしょうか、斜めの暗がりの下、壁と壁の角も斜めになっています。斜めの切り口になった開口部もあって、その向こうを横切る黒猫が、猫恐怖症のベラ・ルゴシ演じる医師をおびえさせるのでした。
 この地下の空間にはまた、ガラス・ケースのある部屋の奥になるのでしょうか、重そうな扉をあけて入る部屋があります。前後に開く扉の内側には、機械仕掛けで横に移動する壁が設けられているのでした。ここには嵐の夜の転落事故のために邸宅に駆けこんだ新婚夫婦の夫が閉じこめられることになる。
 さらに、螺旋階段の空間から廊下に入る手前にあたるのか、鉄格子のはまった部屋があります。壁は下に狭く斜めになっており、やはり下に狭い台形の架刑台のようなものがある。ここがクライマックスの舞台となるのでした。


 話を少し戻ると、位置は定かではないのですが、悪魔崇拝の儀式が行なわれる広間が登場します。儀式に出席するため集まってきた人たちが広間は螺旋階段への扉のある方に進み、またすぐ後で建築家が螺旋階段を下りる場面があるので、1階にあるということなのでしょうか。上が細く下に太い柱が何本か立っていて、説教壇のようなところにはX字型に組まれた太い木の角柱が手前に配されています。背後には金属的な輝きを放つ、大きな結晶片のようなものが折り重なっている。後の『フランケンシュタイン復活』(1939)における洞窟というか、それ以上に『モノリスの怪物』(1957、監督:ジョン・シャーウッド)が連想されるところです。
 この広間はすぐに俯瞰で映され、説教壇には踏み台があって、その下、左右両側にさらに数段の階段が見える。X字型と見えた木組みは、右上から左下への角柱のさらに下に、短い角柱が交差しています。また説教壇や巨大結晶の4方には、オベリスクが立てられて結界をなしています。


 階段広間を中心にしたいかにもすっきりとして明るく、窓の多い近代的な空間に対して、螺旋階段の吹き抜けとその周囲の地下室、儀式の間は暗い壁に閉ざされています。ただしそれらは、石や土の質感を感じさせない、金属やコンクリートによってできているらしいという点では、やはり近代建築のもう一つの側面を示しているのでしょう。
Cf.,  D.アルブレヒト、『映画に見る近代建築 デザイニング・ドリームス』、2008、pp.156-158、p.160 図100

デイヴィッド・J・スカル、『モンスター・ショー 怪奇映画の文化史』、1998、pp.203-208

北島明弘、『映画で読むエドガー・アラン・ポー』、2009、pp.61-63

Film Architecture : Set Designs from Metropolis to Blade Runner, 1996, pp.116-117

Juan Antonio Ramírez, Architecture for the Screen. A Critical Study of Set Design in Hollywood's Golden Age, 2004, pp.195-196

Jonathan Rigby, Studies in Terror. Landmarks of Horror Cinema, 2011, pp.48-49

タイトルのもとになったポーの短篇の邦訳は;
河野一郎訳、「黒猫」、『ポオ全集 2』、東京創元新社、1970、pp.233-244
原著は
Edgar Allan Poe, "The Black Cat", 1843
「黒猫」は
ロジャー・コーマンの『怪異ミイラの恐怖/黒猫の怨霊/人妻を眠らす妖術』(1962)中の第2話としても映画化されています。


なおポーについては→「viii. エドガー・アラン・ポー(1809-1849)など」(<「ロマン主義、近代など(18世紀末~19世紀)」<「宇宙論の歴史、孫引きガイド」)も参照

監督のエドガー・G・ウルマーについて;
柳下毅一郎、『興行師たちの映画史 エクスプロイテーション・フィルム全史』、2003、pp.216-224

おまけ  Gentle Giant, Acquiring the Taste, 1971
技巧派変態馬鹿バンドの記念すべきセカンド・アルバムのB面3曲目が"Black Cat"でした。
相変わらずのジェントル・ジャイアント調の内に、猫の鳴き声を真似た音が交わります。歌詞は不詳。
こちらも参照


ちなみに猫のことを歌っているわけではありませんが、キング・クリムゾンの記念すべきセカンド・アルバム『ポセイドンのめざめ』(1970→こちらを参照)のB面2曲目が
"Cat Food"
キース・ティペットのピアノが駆け回り転がりまくります。
あわせてプログレ猫唄ということで、猫好きの方は機会があればご一聴ください。


なお怪奇黒猫映画として、上掲『怪異ミイラの恐怖/黒猫の怨霊/人妻を眠らす妖術』(1962)中の第2話の他に、同じコーマンのポー連作から;
黒猫の棲む館』、1964


また
薮の中の黒猫』、1968、監督:新藤兼人

 2014/09/14 以後、随時修正・追補
   HOME古城と怪奇映画など黒猫 1934