ホーム 宇宙論の歴史、孫引きガイド 古城と怪奇映画など 美術の話 おまけ
日本
i 概説、通史など
ii 古事記・日本書紀とその周辺
iii 陰陽道、修験道など
iv 神仏習合、中世神話など
v 江戸時代の儒学その他
vi キリシタン、蘭学・洋学とその周辺
  vii 国学など 
   viii 近世から近代にかけてのいわゆる霊学・古神道など 
 ix いわゆる民衆宗教・新宗教など
   x いわゆる古史古伝・偽史、神代文字など
   xi 近代など
  xii 琉球、アイヌなど
    おまけ 

重複するものもありますが、仏教については→別のページへ

* 古文や漢文も、勉強不足のため残念ながらわかりません。
そもそも日本史さえ、頭に入っていないのです。
例によって、多々誤りもあろうかと思いますが、ご寛恕ください。
i. 概説、通史など

まずは通史として;

荒川紘、『日本人の宇宙観 飛鳥から現代まで』、2001
飛鳥人と宇宙;天武の時代の天体観測/飛鳥人と中国宇宙論/飛鳥仏教と宇宙/時間の秩序//
日本神話の宇宙;垂直の宇宙-高天が原と葦原の中つ国/水平の宇宙-常世の国と妣の国/高天が原の原像/日の宇宙軸の成立/都城と宇宙-北辰の宇宙軸/記紀の宇宙創成論-混沌からの天地の生成/天命-王権と宇宙論/天と自然//
仏教の宇宙;奈良仏教の宇宙観/須弥山宇宙/密教の宇宙/都率天と高天が原-弥勒信仰/地獄の日本化/極楽-常世の国と妣の国への回帰/仏教の宇宙創成論/仏教的宇宙の新展開/朱子学の宇宙論の伝来/自然に生き、自然を詠う//
キリシタン天文学;イエズス会の教育活動/ゴメスの宇宙論『天球論』/カテキズモ-「無からの創造」/ハビアンの『妙貞問答』/キリシタン宇宙論への反発/日本人とキリスト教/キリシタンの宇宙論との妥協/天球地球説のひろがり//
地動説の受容;キリシタン天文学の地動説/長崎の通詞による地動説の紹介/ニュートン力学的宇宙論/地動説の啓蒙と近代思想/天文方と地動説//
国学的宇宙論の成立;仏教的宇宙論の復活/国学的宇宙論の成立/平田篤胤の宇宙創成論/宣長の自然と芭蕉の自然/朱子学・古学派・蘭学/近代化にむけて//
明治の近代化と宇宙意識;地動説と「天」の思想/東京大学の設立と天文学/社会有機体説と星雲説/内村鑑三とキリスト教の宇宙/記紀神話の復活//
現代宇宙論との出会い;相対論的宇宙論/アインシュタインと日本人の自然観/西田幾多郎と和辻哲郎/戸坂潤の空間論/賀川豊彦と宮沢賢治の宇宙/現代の宇宙論/日本人の宇宙と自然など、366ページ。

同じ著者による→こちら、およびこちらも参照

………………………

天文学史として;

中山茂、『日本の天文学-西洋認識の尖兵-』(岩波新書 837)、岩波書店、1972
都の天文博士;古代の科学者、方技/陰陽寮の組織/天文と暦学の関係/王朝期の天文博士/暦計算の役割/仏教天文学と宿命占星術//
江戸の天文方(その一);改暦の必要/渋川春海の活躍/貞享暦の評価/春海の西洋天文学観/天文方と土御門家/宝暦改暦//
長崎の通詞たち;南蛮天文学/コペルニクス説と本木良永/コペルニクス説の受容の仕方/志筑忠雄の「地動説」/中国と比べて/東洋最初のニュートン主義者/忠雄の影響//
江戸の天文方(その二);麻田派と寛政改暦/高橋至時とケプラー/ラランドと天保改暦/後期天文方の活動//
西洋宇宙観に対する仏・儒・神の反応仏教側の反応/僧文雄の反アリストテレス論/円通と梵暦運動/儒者の立場/国学者と近代化学//
大学の天文学者;天文方の末路/土御門家の興隆と衰退/太陽暦改暦/実学としての天文学/大学における天文学/国際協力の方向/物理学の侵入など、226ページ。
同じ著者による→こちらも参照


コリン・ロナン、「中国、朝鮮、日本の天文学」、『望遠鏡以前の天文学 -古代からケプラーまで』、2008、pp.297-329
pp.328-329に日本における古代天文学
………………………

辻哲夫、『日本の科学思想 その自立への模索』(中公新書 330)、中央公論社、1973
文化の異質性と科学の普遍性/実理-伊藤仁斎・古医方・加藤弘之/……之学-デカルト・貝原益軒・吉益東洞/学術技芸-建部賢弘・青地林宗・元田永孚/窮理-本居宣長・三浦梅園・福沢諭吉/進化-福沢諭吉・西周・加藤弘之/器械・工学-細川頼直・豊田佐吉/理学-菊池大麓・杉浦重剛・桜井錠二/自然-カント・安藤昌益・志筑忠雄/科学-西田幾多郎・桑木彧雄・田辺元/技術-橋田邦彦・武谷三男など、236ページ。

源了圓、「日本人の自然観」、『新岩波講座 哲学 5 自然とコスモス』、1985、pp.348-374
古代日本人の自然観/中世の自然観/近世の自然観/近代日本の自然観

大嶋仁、『日本思想を解く-神話的思惟の展開-』(フマニタス選書 12)、北樹出版、1989
神話的思惟の伝統;日本における神話的思惟の原型/日本における仏教の受容/神道と日本的習合/日本におけるカトリック教の受容/歴史と構造//
日本的合理主義とその論敵;日本の儒教/批判的合理主義/反合理主義/十八世紀の神話的思惟/西欧化へ向けて//
近代日本の思想;近代の合理主義・福沢諭吉/伝統と近代の対決・逍遙と鴎外の論争/近代日本の思想的矛盾・内村鑑三/近代非合理主義思想・西田幾多郎/神話的思惟の弁明・小林秀雄など、140ページ。


大嶋仁、『日本人の世界観』(中公叢書)、中央公論新社、2010
世界観の諸相;列島文化の形成/日本人の成立/『古事記』という出発点/『古事記』のあらまし/神話と歴史のはざま/「なる」と「うむ」/死という難問/フロイト的世界観/一と多/はたらく/神道とは何か/残された問題//
仏教時代の世界観;世界観の表現形式/古代から中世へ/聖徳太子の世界観/日本型密教の世界観/うつろひ/天台本覚思想の逆説/自然法爾/山水経の世界観/法華経主義の問題点//
世界観の構造化と神道理論;神仏の心/神仏習合のはじまり/本地垂迹説/世界観の構造化/神道理論の発達/唯一性の志向//
世界観の持続と動揺;西洋宗教の到来/朱子学の合理主義/気の倫理学/生気論の文学/官僚主義の原点/国学のロマン主義/日本哲学の誕生/非=ヤマト文化圏の思想家/庶民の人生哲学/世界観の激震//
世界観の危機;空洞化への道/蘭学のもつ意味/機械論という難敵/明治維新とは/啓蒙のもたらしたもの/個人主義と社会主義/死への旅路/教育勅語のイデオロギー/国家社会主義という解決策/横光利一の『機械』/西田哲学の真価/大川周明の「大東亜戦争」など、240ページ。


応地利明、『絵地図の世界像』(岩波新書 480)、岩波書店、1996
序 絵地図が表現するものはなにか//
中世国土図の異域と謎とき;さまざまな行基式日本図/異域と『今昔物語集』/中世の空間認識と異域/なぜ日本図は行基とむすびつくのか//
海をわたる行基図;李氏朝鮮での行基図の受容/地図編修センター李氏朝鮮/中国での行基図の受容//
三国世界観と天竺;仏教的世界観の受容/仏教的世界のなりたち/「五天竺図」を解読する/東アジアズの発進と三国世界観//
世界認識の近世的展開;近世ヨーロッパ的世界像の衝撃/近世における異域の変容と消滅//
終章 近代へ-世界像の再変容など、238ページ。

地図に関して→こちらそちら、またあちらも参照
 

加藤周一、『日本文化における時間と空間』、岩波書店、2007
はじめに;「今=ここ」に生きる/概念的枠組/本書の構成//
時間;時間の類型/時間のさまざまな表現 日本語の特徴、日本語の文学、芸術と時間/行動様式//
空間;空間の類型/空間のさまざまな表現 建築的空間、絵画の空間/行動様式//
「今=ここ」の文化;部分と全体/脱出と超越など、274ページ。


諏訪春雄、「日本人の空間認識-南北軸と東西軸」、篠田知和基編、『天空の世界神話』、八坂書房、2009、pp.45-72
右回りと左回り/右回りの空間認識/左回りの空間認識/右回り・左回りの民俗/右回り・左回りについての従前説/旋回は秩序と生命を更新する/東西軸の重視/中国の太陽信仰/縄文時代にさかのぼる日本の太陽信仰など
………………………

太田亮、『神道史』、受驗講座刊行會、1930
緒論;神道の意義/神とは何ぞ//
祭祀權の分裂時代(上古前期);日韓古代の状態/日韓の古宗教と神籬/顯齋と太古/盟神探湯と祓禊/政敎一致の治//
祭祀權の中央集注時代(上古中期);皇基の遼遠/惡神退治と迷信打破/神寶の奉献/祭政の分離/山海の神と日月神/產靈神/氏神と產土神/墳墓と祖靈社//
神祇統一時代(上古末期);出雲神話/別天地と神世七代/諾冊二尊の國土經營/三貴子の出現/社の起原と有名なる神社//
神祇制度完成時代(大化改新より平安中期まで);大寶令と神祇行政/神祇官と祝部/四時祭と臨時祭/社格と神階/新勃興の諸神/中古に於ける氏神と產土神/佛教と神祇との關係及び本地垂迹説の起原/漢神崇拝と陰陽道//
貴族社活動時代(平安中期より鎌倉時代まで);神戸と神地の擴張/新勃興の諸神祇/修驗道と神祇/廿二社と總社、一の宮/鎌倉幕府の神社政策/本地垂迹説/兩部神道の發生/伊勢神道/鎮守神の流行と古社の衰微//
武家社活動時代(南北朝より戦國に至る);貴族社の衰微/神社の經濟/武家崇敬社の隆盛/怨靈に對する恐怖と、天王天神の崇敬/產土神と鎮守產土神との關係、並びに產子地域の變動/唯一神道//
民衆社發達時代;朝幕の神社行政/民衆社の發達/當代の產土神と古社/唯一神道と兩部神道/王道神道/伊勢神道、理學神道、垂加神道/復古神道/土御門、伯家、烏傳及び心學派神道/富士敎と御嶽敎/禊敎と黑住敎/金光天理蓮門の三敎/明治初年勃興の神道諸派など、220ページ。


堀一郎、『日本のシャーマニズム』(講談社現代新書 256)、講談社、1971
ミコの系譜;君主から神楽ミコまで/北方系と南方系//
聖の領域に入る-シャーマニズムとは何か-;エクスタシー/シャーマンの資格/社会の不安とシャーマニズム//
燃える人-呪的カリスマとしてのシャーマン-;この世のきずなの外に立つ/イニシエーション/狂熱のオージー//
山伏の神秘体験-密教のシャーマニズム-;民衆と結びつく/山伏、修験者の足跡/山獄に他界を求めて//
人の姿で現れる神-古代日本のシャーマニズム-;アラヒトガミ/神の妻たち/神と人との交流//
たたりにおびえた時代-密教の全盛期-;たたり/加持祈禱//
死者の霊を呼ぶ-口寄せミコの系譜-;「口寄せ」とは/口寄せ巫女はシャーマンか?//
踊り念仏と念仏踊り-日本シャーマニズムの芸能化-;「狂躁エクスタシア」/なぜ踊り狂うか/うかれ女、くぐつ女//
現代日本とシャーマニズム-呪的カリスマへのノスタルジア-;人間神化の傾向/なぜ女性シャーマンが多い?/日本人のあきらめと熱狂など、230ページ。


田村芳朗、「日本における神の観念」、『仏教思想史』、no.1、1979.11、〈神と仏 源流をさぐる〉、pp.199-223
初期の自然崇拝/人格神への発展/仏陀崇拝の歴史/神と仏の交わりなど

豊田国夫、『日本人の言霊思想』(講談社学術文庫 483)、講談社、1980
言霊思想の原点;言霊とは/コト(言・事)の融即観から/言霊の神がみ//
古代人の言霊生活;ミコトモチ・ミコトノリ/コトアゲ・コトアゲ制禁/コトムケ・コトダテ・コトドヒ//
万葉人の言霊の歌;招迎・祓除の歌/鎮魂の歌/夕占問の歌/名前の歌/人麻呂の「
()霊」と憶良の「()霊」//
祝詞の言霊思想;祝詞と言霊/撰善言司/ノリトの変化/呪術氏族と鎮護詞//
名にヤドル精霊たち;神名・地名/古代人・王朝女流の名/実名の敬避/イミナ(諱)とオクリナ(諡)//
仏教の言霊思想;法語/読経/念仏//
近世国学者の言霊思想;言霊の発掘/三大家/音義言霊説//
近現代の言霊思想の問題;言霊と異民族の接触/言葉の呪縛など、244ページ。


『神道の本 八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界 Books Esoterica 2』、学習研究社、1992
神々の記憶 大自然に宿る日本人の原風景//Introduction;神道五つのキーワード(不二龍彦)/日本神話の世界(山梨賢一)/神道の基礎知識(一色正和)//
源流の神々〈神道史-①〉(不二龍彦)//アマテラスの道(写真:岸田森之助)//
祭式と行法のシステム(大宮司朗);神道の作法/禊と斎戒/言霊と祝詞/鎮魂と帰神/太占と探湯ほか/天津金木・天津菅曾/息長・息吹永世/鳥船・雄健・雄詰・伊吹//
神道七つの謎(大鷹幹夫・大宮司朗・豊島泰国);国生み神話の謎/神道ルーツの謎/三種の神器の謎/十種の神宝の謎/大嘗祭の謎/抹殺された神々の謎/神代文字の謎//
神道の多様な展開〈神道史-②〉(本宮眞吾・東山貢司);吉田神道/両部神道/山王一実神道/土御門神道/吉川神道/垂加神道/復古神道/伯家神道/その他の神道流派//日本の神社を知る事典;神社神道の歩み-明治維新から現代まで(矢吹恭一)/精選・日本の神社100(村上典司)など、230ページ。


山折哲雄、『仏教民俗学』(講談社学術文庫 1085)、講談社、1993
彼岸と常世/花祭りと灌仏会/除夜と節分/地獄と冥土/極楽と浄土/お盆と施餓鬼/葬法とお墓/先祖崇拝と供養/地蔵と道祖神/観音信仰と不動信仰/巡礼と遍路/仏教宇宙と民俗世界//
修験の山と蔵王権現/乞食の東西/聖地と方位/精霊信仰の流れ/祈禱と祈り/日本人のふるさと観/骨と日本人/聖武天皇の「骨」/他界観の東西-道頓堀とベナレス/首/牛王/隠れキリシタンと隠れ念仏/民芸と真贋-物からの遠心と物への求心など、344ページ。


春日井真英、『水のコスモロジー』、近代文藝社、1995
水のコスモロジー 異界との接点としての水辺Ⅰ(天竜水系の伝承を中心として);境界としての水辺/異界との接点としての水辺/聖なるモノとしての水/水をめぐる伝承/異界よりの訪問者あるいは異人//
  異界との接点としての水辺Ⅱ(常陸国風土記を中心に);「水」その聖性の問題/常陸国風土記にみる「水」/欠落伝承にみる「水」の世界/欠落伝承にみる池/統治シンボルとしての社/そのほかの水の問題//
  異界への道標としての水Ⅰ(日本書紀を中心としてⅠ) 日本書紀にみる「水」;世界創生から国生み/伊弉@(ミ;冉の二番目の水平線が左右で縦線の外に出る)尊と火の神の誕生/伊弉@(ミ)尊に見る「木気」の性格/生む機能としての「水」/素戔鳴尊、その役割と機能//天真名井における水//
  異界への道標としての水Ⅱ(日本書紀を中心として) 水の神・生成の神としてのスサノヲ;原初としての水/天の岩戸/アメノウズメ/高天原追放とスサノヲ//
  シカウチにみる水の象徴;鹿の習性にみる水/日本書紀にみる水と鹿//
シカウチ考 その文化史的位置づけについて;序論 動物のもつ意味/供儀としての牛、馬(Ⅰ)/供儀としての牛、馬(Ⅱ)//
  「シカウチ」について;現存するシカウチの事例/消滅したシカウチ行事/その他のシカにまつわる儀礼と芸能//
  新たな問題に向けて、など、258ページ。


なお、同じ著者によるものとして→こちら

三橋健、「日本神道における占いと予言」、『アジア遊学』、no.29、2001.7、「特集・予言の力」、pp.55-68
日本神道と予言/記紀に見る占い/預言者としての巫覡/鹿卜と亀卜/貫前神社の鹿占行事/武蔵国と鹿卜/太占祭の次第/祭祀者と所役のことなど/太占表の判定など

山本節、「地域陥没の伝承-静岡県浜名郡新居町今切の生成に関する事例をめぐって-」、篠田知和基編、『神話・象徴・文化』、楽瑯書院、2005、pp.335-354
法螺貝の海中回帰と地域陥没/地蔵の顔の汚染による地域陥没/今切における自然災害の史実など

末木文美士、『日本宗教史』(岩波新書 1003)、岩波書店、2006
はじめに 日本宗教史をどう見るか//
仏教の浸透と神々(古代);神々の世界 記紀神話の構造、記紀の時代/神と仏 仏教伝来と神々、神仏習合の諸相/複合的信仰の進展 仏教思想の基底、諸信仰の重層//
神仏論の展開(中世);鎌倉仏教の世界 実践思想としての仏教、王法と仏法/神仏と中世の精神 習合神道の理論、中世の思惟と神仏/原理を求めて 神道理論と根源の探求、新仏教の定着と進展//
世俗と宗教(近世);キリシタンと権力者崇拝 キリシタンの衝撃、宗教統制と権力者崇拝/世俗の中の宗教 儒教のイデオロギー、宗教と世俗倫理/神道とナショナリズム 神仏から神儒へ、国学から神道へ//
近代化と宗教(近代);国家神道と諸宗教 神仏分離から国家神道へ、内面の深化/宗教と社会 民衆宗教の世界、戦争へ向かう時代の中で/日本宗教の現在 戦後宗教の消長、いま宗教を問い直すなど、254ページ。


井上寛司、『「神道」の虚像と実像』(講談社現代新書 2109)、講談社、2011
「神社」の誕生-古代律令制国家の模索;日本の律令制と神社は双生児である/官国幣社制と神仏習合/日本古代の宗教//
「隔離」にもとづく「習合」-「神道」の成立;顕密体制と神国思想/二十二社・一宮制と中世の神社/吉田神道の成立とキリスト教の伝来//
近世国家と民衆-「神道」論の新たな展開;幕藩制国家の成立とキリシタン/宗教統制の実態/儒学的「神道」論の発展/国学そして国体論//
宗教と非宗教のあいだ-「国家神道」をめぐって;明治維新と祭政一致/「信教の自由」論争/帝国日本を支えるイデオロギー//
戦後日本と「神道」-民族の「自画像」;戦後における宗教構造の変容/柳田「神道」論の問題点/戦後史のなかの柳田「神道」論など、272ページ。

………………………

「日本の神話・宗教」、『世界神話大事典』、2001、pp.1140-1171
日本 宗教と神話の概観(アルトミュ・O・ロータームント)/仏教と古代信仰 神道と仏教の混合(同)/日本の来世観(フランソワ・マセ)/日本の祭と年中行事(ローランス・ベルティエ)/日本の生霊と魂(アルトミュ・O・ロータームント)/日本のシャマニズム(同)/日本の呪術(同)/日本の占い(同)/日本の山(同)/日本の山岳行者 山伏(同)/日本の魔物 天狗(同)など

藤巻一保、「日本の秘教書」、藤巻一保・岡田明憲、『東洋秘教書大全』、学研パブリッシング、2012、pp.17-155
日本の秘教書とは 密教と神道を中核に展開した秘教書群/天地麗気記/天照太神口決/義鎮和尚夢想記/御遺告/覚禅鈔/阿娑縛抄/渓嵐拾葉集/玄旨壇秘鈔/事相方内伝草案/柱源秘底記/修験深秘行法符咒集/烏枢沙摩明王修仙霊要録/三国相伝陰陽輨轄簠簋内伝金烏玉兎集/暦林問答集/先代旧事本紀大成経/仙境異聞/天のみはしら/増補咒詛調法記大全/軍法侍用集/夢合延寿袋大成/水穂伝/神仙秘書/みょう(示+明)道百年の歩み/邪義秘事法門/禅病論/霊学筌蹄/奉献曼荼羅大要公開/霊界物語/聖書より見たる日本

荒俣宏編、『世界神秘学事典』、1981、pp.422-511:「第9部 日本編」

ii. 古事記・日本書紀とその周辺

荒川紘、『古代日本人の宇宙観』、海鳴社、1981
はるかなる地平-空間(一);出雲/葦原の中つ国と高天原/日向/伊勢/日高見/宇宙軸/宇宙の中心/大八島とオノゴロ島//
海への懐い-空間(二);空間間の交通法/天と海/黄泉国と根の国/常世の国と妣の国//
稲と太陽のまつり-時間;おのづからなる暦と時計/稲の暦/「よ」の成立/神話的時間と現実の時間/時の神ツクヨミ/風土記の時間/時間意識の変化//
大いなる宇宙-時・空間;時・空複合体としての日本神話/空間的事象の時間化/宇宙の創生/進化の原理/宇宙-天地と国など、280ページ。

同じ著者による→こちらを参照

『太陽と月-古代日本人の宇宙観と死生観- 日本民俗文化体系 2』、小学館、1983
序章 古代人の宇宙創造(谷川健一)/太陽と火(大林太良)/月と水(松前健)/星と風(窪徳忠・谷川健一)/古代人のカミ観念(谷川健一)/葬りの源流(土井卓治)/他界観-東方浄土から西方浄土へ-(田中久夫)/日本人の再生観-稲作農耕民と畑作農耕民の再生原理-(坪井洋文)など、488ページ。
………………………

倉野憲司校注、『古事記』(岩波文庫 黄 1-1)、岩波書店、1963
訓み下し文+脚注、原文/解説、歌謡全句索引など、344ページ。

次田真幸、『古事記 全訳注』(上中下)(講談社学術文庫 207/208/209)、講談社、1977/1980/1984
書き下し文、現代語訳、注(語釈)、各段解説など、上巻216ページ、中巻254ページ、下巻228ページ。
こちらで少し触れています


坂本太郎・家永三郎・井上光貞・大野晋校注、『日本書紀』(全5冊)(岩波文庫 黄 4-1~5)、岩波書店、1994
(手もとにあるのは1・2巻のみ)
訓み下し文+注/原文など、第1巻530ページ、第2巻576ページ。


宇治谷孟、『日本書紀 全現代語訳』(上下)(講談社学術文庫 833/834)、講談社、1988
上巻384ページ、下巻376ページ。
こちらで少し触れています

荻原千鶴、『出雲国風土記 全訳注』(講談社学術文庫 1382)、講談社、1999
訓み下し文、現代語訳、注、各段解説/原文など、388ページ。

斎部広成撰、西宮一民校注、『古語拾遺』(岩波文庫 黄 35-1)、岩波書店、1985
訓読文と脚注、補注、原文と脚注、解説など、234ページ。
………………………

『古事記』を書名に含むものとして;

西郷信綱、『古事記の世界』(岩波新書 654)、岩波書店、1967
序 古事記をどう読むか/神話の言語/神話の範疇/黄泉の国-死者と生者/須佐之男命-罪の化身/天の岩屋戸-太陽の復活/大国主命-出雲世界/八千矛神-古代歌謡/天孫降臨-君主の生誕/日向三代の物語-聖婚/神武天皇-初代君主/結び 古事記の成立をめぐってなど、222ページ。

西郷信綱、『古事記注釈』(全8巻)(ちくま学芸文庫)、筑摩書房、2005
原著は1975~1989刊(手もとにあるのは第1巻と第2巻のみ)
第1巻;古事記を読む-〈読む〉ということについて/太安万侶の序/天地初発/伊邪那岐命と伊邪那美命/大八島国と神々の生成/黄泉国、禊/付記-神話の世界とつきあって、など、318ページ。
第2巻;須佐之男命と天照大神/天の岩屋戸/大蛇退治など、250ページ。


神野志隆光、『古事記の世界観』、吉川弘文館、1986
「天下」-世界観という視点から;世界観という視点-/神話的な「天下」/「天下」を保障する「葦原中国」//
ムスヒのコスモロジー-『古事記』の世界像-;始発における記紀の差/ムスヒのコスモロジー/陰陽のコスモロジー/補説 本居宣長の天地生成説//
「葦原中国」-神話的世界の機軸-;さまざまな神話的世界/「葦原中国」を機軸とする全体/世界関係の次元//
「高天原」-「葦原中国」の存立-;〈クニ〉の存立の根拠/「高天原」-「葦原中国」の世界関係の確認としてのアメノイハヤト/「高天原」からの保障//
「黄泉国」-人間の死をもたらすもの-;問題の本質/地下世界説批判/平面的関係としての「黄泉国」-「葦原中国」/人間の死をもたらすもの//
「根之堅州国」-「葦原中国」の完成-;「根之堅州国」行きの発端/アシハラノシコヲという呼称/「根之堅州国」地下説への疑問/「根之堅州国」の名義/「葦原中国」の完成//
〈ワタツミノ神の国〉-アマツヒコの定位-;海底説の見直し/海のかなたの世界/「海中」・「上つ国」/海の呪能//
「葦原中国」と「天下」-中心世界と世界観-;構造化批判/中心世界としての「葦原中国」/「葦原中国」と「天下」/『日本書紀』の「葦原中国」//
「天下」の歴史-中・下巻をめぐって-;中巻への視点/「天下」の構造/中巻第一部-大八島国の「言向け」/中巻第二部-新羅・百済の平定/下巻への視点-二人の大王/仁徳・雄略の歌謡物語など、220ページ。


神野志隆光、『古事記と日本書紀 「天皇神話」の歴史』(講談社現代新書 1436)、講談社、1999
本居宣長『古事記伝』をめぐって;「古言」をもとめる/自己確証の営み/倫理としての「物のあはれ」/世界の物語の創出//
中世の『日本書紀』;『日本書紀纂疏』における『日本書紀』/「同時所成の世界」という自己確信/アマテラス=大日如来という言説//
古代天皇神話;人間のはじまりについて語らない神話/天皇につながる神の物語/高天原という世界をもたない『日本書紀』//
『古事記』の神話的物語-ムスヒのコスモロジー;「天地初発」の神々/働き続けるムスヒ/皇祖神アマテラス/降臨神話とアマテラス//
『日本書紀』の神話的物語-陰陽のコスモロジー;「一書」の問題/天地のはじまりから語る物語/陰陽の原理による世界の物語/日神にとどまるアマテラス//
多元的な古代天皇神話;〈一つの神話〉という誤解/人麻呂歌と『古事記』『日本書紀』/祭祀と神謡/帝国的世界を確信するための『古事記』『日本書紀』//
神話の一元化;『古語拾遺』-神器の神話の成立/「日本紀」の広がりと『先代旧事本紀』//
近代国家における『古事記』『日本書紀』;「日本神話」の成立/天皇制国家の神話/生き続ける「日本神話」の制度など、214ページ。


嶋田義仁、『稲作文化の世界観 「古事記」神代神話を読む』(平凡社選書 175)、平凡社、1998
序論 思想としての『古事記』神代神話-本書の成り立ち;研究の出発点/構造主義との出会い/アフリカ研究と「稲作世界の宇宙論」//
神代神話の思想 日本神話の構造的研究-さまざまなアプローチ;『古事記』神代神話とはなにか/神代神話作偽論の問題点/これまでの構造主義的神話分析の問題点//
  恋とアクションの神代神話;国生み・高天原神話、出雲神話、日向神話に共通する構造/アマテラスの性別//
  兄弟闘争神話の構造-2ラウンドの逆転劇とヒーローを助ける美女の物語;2ラウンドの逆転劇/ヒーローを助ける美女たち/愛のパターン-兄弟闘争神話の下位構造でのちがい//
  地霊と水霊の争い-兄弟闘争神話の意味;「海」と「陸」の闘争-解釈の試み/逆転の論理1-助太刀の存在の意味/相撲の起源と「水」と「地」の争い/垂直的世界観は存在したか-逆転の論理2//
  恋愛神話の構造-愛と死の神話;「生」と「死」の神話/恋愛神話にも存在した密室こもり神話/残された謎//
  稲作民の死生観-神代神話の理論体系;神代神話の基本構造/再生復活思想と稲作のプロセス/稲作世界の宇宙論と安藤昌益の思想-密室こもり神話の意味//
稲作世界の宇宙論 第2部のための序論-農耕文化と再生復活思想//
  夏作物栽培文化と復活の季節;夏作物栽培文化と復活の季節/柳田国男の「稲の産屋論」の問題点//
  水母神-稲作文化の豊饒神;地母神信仰は稲作文化に存在するか/石田英一郎の「桃太郎の母」論//
  灌漑農業文化と絶対神;灌漑文化の雷神/灌漑稲作文化における永遠のイメージ//
終章 神代神話とその作偽;小盆地宇宙としての稲作世界/高天原イデオロギーと神代神話/
宗教混交(シンクレティック)文化としての日本文化理解のために、など、356ページ。

北沢方邦、『古事記の宇宙論(コスモロジー)』(平凡社新書 248)、平凡社、2004
序 古事記とはなにか/天地創造/天地の分離/宇宙論(その一)/水の統御/オホクニヌシ物語/宇宙論(その二)/ウツシヨ(顕世)とカクレヨ(幽世)との交換/「天孫降臨」/海幸彦・山幸彦など、212ページ。

工藤隆、『古事記の起源 新しい古代像をもとめて』(中公新書 1878)、中央公論新社、2006
序論 古事記研究の現在//
古事記をどう読むか 古事記はどのように研究されてきたか;基礎作業研究はほぼやり尽くされた/訓詁注釈の次の段階//
  原型生存型民族の口誦表現モデルで読む;原型生存型文化とはなにか/創世神話「ネウォティ」から見た古事記の誕生/原型生存型文化と国家の関係/歌垣文化も国家段階に継承された//
古事記を読み解く 臣安万侶言す(「記序」)-激変の時代が突出させた復古精神;正格の漢文体と官僚としての気配り/「記序」のテーマは「古」と口誦性の強調//
  天地初めて発けし時-無文字の古層と文字の新層の交錯;同内容別表現の対/すべてを同内容別表現の対で読むとすれば/兄妹始祖神話への誘導//
  イザナミの死-排泄物利用の技術革新;女神の死と排泄物/原型生存型文化と糞尿処理/〈古代の古代〉で豚文化が消滅した日本文化の特殊性/アメノイワヤト神話も読み直せる//
  黄泉の国神話-死と折り合いをつける;死霊との闘い/死者を送り届けて生者と遮断する/呪いと呪い返し//
  スサノオ神話-分析を拒絶する混沌;生誕から追放まで/「ネウォティ」のチュクアロ神話との類似/ウケイ神話-歌う神話の化石的残存/単線的な分析を拒絶するスサノオ神話//
  ヤマトタケルの死-古層の死生観で読み直す;復活呪術と葬送歌/別れの口実を詠う//
  サホヒコ・サホヒメ-民族サバイバルから恋愛へ;恋愛文学への一歩/歌謡のあるなし//
  志毘臣と袁祁命の歌垣-歌垣と政治の交錯;歌垣の現場から読む/歌垣の親和性と闘争性//
結-古事記と日本;時代に遅れた書物としての古事記/古事記と現代など、310ページ。
同じ著者の→こちらも参照


『現代思想』、vol.39-6、2011.5増刊号、「総特集 古事記 一三〇〇年目の真実」
古事記論(梅原猛)/古事記私的体験(瀬戸内寂聴)/古事記はなぜ読まれ続けるのか 古事記という物語(ナラティヴ)(三浦佑之・上野千鶴子)/〈出雲〉世界へ 古事記をどう読むか(三浦佑之)/非ジェンダーの身体イメージ ヒルコをめぐって(木村朗子)/異貌の古事記 近世神話としての『古事記伝』(斎藤英喜)/『古事記』の中世(田中貴子)/神話を生きなおす 古事記が語るもの(鎌田東二・安藤礼二)/折口信夫の『古事記』 「神学」と「神話」(藤井貞和)/『古事記』と聖地(鎌田東二)/産霊論序説(安藤礼二)/物語(テクスト)(プレテクスト) 『古事記』随感(浅沼圭司)/古事記の考古学(森浩一)/日本海文化圏から考える『古事記』(藤田富士夫)/穀物起源神話と詩(蜂飼耳)/昔話としての『古事記』(加門七海)/美術と古事記(真住貴子)/古事記に現れた動物の霊力(中村禎里)/場所と記憶(港千尋)/三島由紀夫の古事記(樋口覚)/発光する神、あるいは換喩的感染(斎藤環)/『古事記』のミトクラシー(白石嘉治)など、238ページ。

千田稔、『古事記の宇宙(コスモス)-神と自然』(中公新書 2211)、中央公論新社、2013
序/天と地、そして、高天の原/ムスヒとアマテラス/海-神々の原郷/山-神と精気/植物-王権と精霊/鳥-天と地を結ぶ/身体-内なる自然/終章 言霊としての『古事記』など、264ページ。
………………………

いわゆる〈日本神話〉の周辺;

大林太良、『日本神話の起源』(角川新書)、角川書店、1961
神話の研究法-イントロドゥチオーネ-;内と外からみた日本神話/言葉の流れ 文化の流れ//
あめつちのはじめ;神々の夜明け/宇宙起源神話の三つのグループ/よく似た海外の例/三つのグループの担い手//
国土と神々の創成;日本列島の誕生/創造型神話/潜水モチーフ/釣上げた島/海人の伝承/水をかき廻して国土を生む話/天の浮橋//
生と死;死者の国からの逃走/投げては逃げ投げては逃げ/離婚と死の起源//
アマテラスとスサノオ;日月の誕生/天岩屋/日食縁起/海神の天空訪問//
天地初発からアマテラスまで;原初混沌から進化する宇宙/天父地母//
出雲の大蛇と小人;ヤマタノオロチ/ペルセウスとアンドロメダ/日本周囲の異伝/鉄剣文化/スクナヒコナ/マレビトの来訪/出雲神話の系譜//
高天原から日向へ;さらば高天原/天くだる神/大嘗祭の本義/コノハナサクヤビメとイワナガヒメ/バナナ・タイプ/日向神話とインドネシア//
日本神話の起源-フィナーレ-など、250ページ。


鳥越憲三郎、『出雲神話の誕生』(講談社学術文庫 1783)、講談社、2006
原著は『出雲神話の成立』、1966刊
出雲国造をめぐって;出雲族の発祥地/国造出雲臣/郡領としての出雲臣/氏族構成から見た出雲/国造系譜の疑点//
出雲神話誕生の秘密;出雲神話の担い手/杵築大社の創建者/出雲神話誕生の経緯//
出雲神話の分析;出雲の大神たち/大蛇退治の説話の源流/須佐之男命の出自/大国主神の説話の分析/三輪・賀茂氏との関係/黄泉国の説話など、256ページ。


上田正昭、『日本神話』(岩波新書 748)、岩波書店、1970
序 日本神話の再発見//神代史のなりたち;口誦と記録/神話の舞台/三つの神代史//
天つ神の世界;天地の創成/天つ神の誕生/皇祖神の源流//
国つ神群像;天と国と/葦原の中つ国/国ゆずりの軌跡//
神話の重層;山上来臨/海上遊幸など、236ページ。


『天地開闢と国生み神話の構造 講座日本の神話 3』、有精堂、1976
総論(松前健)/天地開闢神話の構造(森重敏)/イザナキ、イザナミの世界(吉井巌)/国生み神話の構造(服部旦)/黄泉国訪問神話の構造(乗岡憲正)/日本神話における国の概念(山田英雄)/日本神話における火の神(大久間喜一郎)/日本神話における他界概念(原田敏明)/日本神話における葬送儀礼(坂本和子)など、190ページ。

永藤靖、『時間の思想 古代人の生活感情』(教育社歴史新書 〈日本史〉176)、教育社、1979
概観//神話的時間;生と死の物語/大国主神の物語/昼と夜の世界//
古代人の自然観と時間意識;祭式の世界/村々の祭と儀礼/四季の移ろい//
古代人の人生観と時間意識;死生観の変質/仏教的な人生観/古代人の実生活//
古代人の夢と時間意識;夢の現実超克/女性と夢の世界//
古代から中世へ;浄土信仰と死生観/歴史物語に現れた男性像/「道理」の世界など、242ページ。


『ユリイカ』、vol.17 no.1、1985.1、pp.63-233、「特集 日本の神話」
三輪山の夢(湯浅泰雄)/『古事記』の「天地開闢」神話(福永光司)/日本神話と中国の民話-イザナキ・イザナミ神話をめぐって(大林太良)/鍛冶の神(田村克己)/日本神話の特色(吉田敦彦)/もうひとつの降臨神話-ニギハヤヒと物部氏(谷川健一)/記紀神話と琉球神話(遠藤庄治)/エヴェンキ族の創世神話(荻原真子)/殺された女と稲作(伊藤清司)/奄美・沖永良部島の創世神話-「シマダテシンゴ」の世界(山下欣一)/神を迎える神-降臨神話の周辺(荻原千鶴)/白鳥伝承(平野仁啓)/出雲風土記の神話的世界観(神田典城)/ニライカナイの語源と原義(中本正智)/神話の中世-『毘沙門の本地』をめぐって(福田晃)/日本神話における海と山(五来重)/朝鮮の巫俗神話と日本の中世神話-神の子邂逅型日光感精説話を中心として(依田千百子)/身を隠す神と葬られる神(山折哲雄)/神話語りの方式から見た日本と韓国の伝承(松前健)/垂仁天皇記の構造分析(マセ・フランソワ)/神々のユーカラ(萩中美枝)など

斎藤英喜編、『日本神話 その構造と生成(日本文学を読みかえる 1)』、有精堂、1995
総論/日本神話 その構造と生成(斎藤英喜)//
構造/反構造;古代神話のポリフォニー(神野志隆光・米谷匡史)/知=感覚と天皇制-古代王権と〈所有〉あるいは大嘗祭の論理(三谷邦明)/『古事記』の表現に関する覚書-『古事記』の神々(飯田勇)/楽を奏でる土地-笛吹峠の起源譚をめぐって(三浦佑之)//
神話とエクリチュール;古事記のテクスト論(藤井貞和)/文字表記の二重性・序論-古事記研究の現在(呉哲男)/文字法からみた古事記-テクスト生成の基底へ(西條勉)/都市の
漢意(からごころ)(村井紀)/宣長・無文字社会像と「中古」の視線(山下久夫)//
方法としての「現場」;方法としての場-フィールドとしての沖縄(古橋信孝)/神楽のことば-神霊の両義的なはたらきと司霊者のはたらき(岩田勝)/〈神語り〉伝承させるもの-いざなぎ流祭文の場合(小松和彦)/大祓と御贖儀-その儀礼と伝承をめぐって(斎藤英喜)/罪を申す・考-古代伊勢神宮の巫者・祭儀・言語生活(津田博幸)/〈神女〉降臨-天平十五年五月五日の宮廷から(猪股ときわ)//
生成する神話;神話と諸識-中世太子伝・職人由緒書など(兵藤裕己)/中世の王権神話(桜井好朗)/中世王権と中世日本紀-即位法と三種神器説をめぐりて(阿部泰郎)/神道五部書の世界(山本ひろ子)/意識の変容と神主/審神者(鎌田東二)//参考文献(斎藤英喜)など、336ページ。


荻野貞樹、『歪められた日本神話』(PHP新書 289)、PHP研究所、2004
日本神話はどう説かれているか;神話の創作ということについて/神話の類似ということについて//
神話を考える特殊日本的状況;神話を考えるについての二三のことども//
神話各説を批判する;神話の矛盾・不合理ということ/聖数について/道教起源論のこと/統合、ツギハギの説について、その一/統合、ツギハギの説について、その二/学者の想像力について//
諸家の論理操作について、など、228ページ。


斎藤英喜、『読み替えられた日本神話』(講談社現代新書 1871)、講談社、2006
プロローグ//
古代神話を読む;荒ぶる英雄神スサノオ/「シャーマン王」オオクニヌシ/アマテラス、戦う女神から皇祖神へ//
『古事記』『日本書紀』の成立と平安王朝の神話学;『古事記』『日本書紀』の成立/平安王朝の神話学//
『中世日本紀』の饗宴;驚異の中世日本紀/「仏」を宿す日本神話/神話工房としての伊勢神宮/アマテラス、メタモルフォーゼ//
『古事記』の再発見から幕末の「日本神話」へ;宣長・篤胤の「日本神話」/幕末志士たちが読んだ日本神話//
日本神話の「近代」;国家神道と日本神話の不幸/戦後・ポストモダンの「日本神話」など、234ページ。


斎藤英喜・武田比呂男・猪股ときわ編、『躍動する日本神話 神々の世界を拓く』(叢書・〈知の森 7〉)、森話社、2010
序 「日本神話」とはなにか//
「日本神話」の世界 『古事記』を中心に;世界創世と兄妹婚 イザナキとイザナミ(猪股ときわ)/女神アマテラスの成長と変貌(斎藤英喜)/英雄と怪物退治 スサノヲとヤマトタケル(猪股ときわ)/王の誕生の物語 オホアナムヂと天つ神の神子たち(武田比呂男)/王権伝承と歴史叙述 神話から歴史時代へ、中・下巻の中の神話的構造(谷口雅博)/『古事記』神話の世界構造(武田比呂男)//
「日本神話」の脱領域;中世神話の世界 「日本神話」の再解釈・再創造(1)(舩田淳一)/江戸の「日本神話」と『古事記伝』 「日本神話」の再解釈・再創造(2)(斎藤英喜)/神話の「近代」、その不幸と可能性 「日本神話」の再解釈・再創造(3)(同)/民間神話と伝説・昔話(谷口雅博)/歌と神話 神話の表現様式(猪股ときわ)/ファンタジー文学と神話(稲生知子)//
コラム中国西南地域の「洪水神話」(岡部隆志)/日本神話とゲーム(井熊勇介)/文字と神話テキスト(三品泰子)/琉球列島の神話世界 幻視されるアマミキョ(末次智)/『日本書紀』の戦略 「歴史」が永遠となるために(山田純)/『日本霊異記』の神話(山本大介)/神話学の近代 神話分析の可能性(1)(村田真一)/神話的思考のポスト・モダン 神話分析の可能性(2)(同)/環境論と神話(北條勝貴)/アイヌの神話世界(丸山隆司)/CGの想像力と限界 神話とCG表現(1)(北條勝貴)/リアリティの位相 神話とCG表現(2)(北條勝貴)//ブックガイドなど、280ページ。

………………………

松本重彦、「日本の天地開闢説」、ドクトル・アレニウス、一戸直藏訳、『宇宙創成史』、大鐙閣、1921、附録 pp.9-18

大林太良、「古代日本における分類の論理-天津神・国津神と天津罪・国津罪」、大林太良編、『神話・社会・世界観』、角川書店、1972、pp.329-356
初出は1971
天津神と国津神についての諸説/天津神・国津神と神々の機能/神々の分類体系/天津罪と国津罪/宇宙の均衡破壊など


荒川紘、「日本神話の時間 無時間から不可逆的時間へ」、is、no.17、1982.6、「特集 時」、pp.33-35
廃墟の詩/古事記の時空構造/稲の時間と神話の時間/古今集の時間へなど

岡田重精、「日本古代の宇宙観」、『現代宗教-5 特集・宇宙論』、春秋社、1982、pp.18-32
宇宙生成の理念/宇宙の構成/宇宙的時間/宇宙感覚など

大林太良、「日本神話における水と火」、『理想』、no.614、1984.7、「特集=『水』の思想」、pp.113-120
水中出産と火中出産/火中出産と水辺出産/火中出産と水のイニシエーション/水中から由来する火/周囲の類例など

吉田敦彦、「日本神話における稲作と焼畑」、君島久子編、『東アジアの創世神話』、弘文堂、1989、pp.168-191
さまざまな農作起源神話とその齟齬/国作りと稲作および粟作/オホゲツヒメ・ワクムスヒと焼畑/稲作の起源と焼畑以前に作られたとされている果実酒など

水林彪、「律令天皇制における『天』と『日』の観念-天之御中主神・高御産日神と天照大御神-」、『思想』、no.816、1992.6、pp.4-37

水林彪、「『古事記』天地生成神話論-『天』の『日』と『地』の『葦』の物語の始発-」、『思想』、no.835、1994.1、pp.41-68

松村一男、「日本神話における鳥と聖空間」、宮家準・小川英雄編、『聖なる空間 宗教史学論叢 5』、リトン、1993、pp.225-260
こちらに再録

西郷信綱、「地下世界訪問譚あれこれ-それは文化の問題といかに相関しているか」、『ユリイカ』、臨時増刊号vol.26-13、1994.12、「総特集 死者の書」、pp.160-171
黄泉の国・根の国/海神の国/浦島説話の意味など

大内建彦、「記紀神話を読みなおす-その(1)-創世神話をめぐって-」、『城西大学女子短期大学部紀要』、vol.13 no.1、1996.1、pp.1-14 [ < 城西大学機関リポジトリ(JURA)
 同  、「記紀神話を読みなおす-その(2)-(Ⅰ)創世神話をめぐって(承前)」、『城西大学女子短期大学部紀要』、vol.15 no.1、1998.3、pp.1-15 [ < 同上 ]
 同  、「記紀神話を読みなおす-その(3)-(Ⅱ)国生み神話をめぐって」、『城西大学女子短期大学部紀要』、vol.16 no.1、1999.3、pp.1-22 [ < 同上 ]

大内建彦、「二つの『ヒルコ』神話拾遺」、『城西大学女子短期大学部紀要』、vol.17 no.1、2000.3、pp.1-13 [ < 城西大学機関リポジトリ(JURA)

大内建彦、「黄泉国訪問神話(その1)-死の起源をめぐる問題-」、『城西大学女子短期大学部紀要』、vol.19 no.1、2002.3、pp.1-9 [ < 城西大学機関リポジトリ(JURA)

若水俊、「『古事記』神代巻における問題点-『別天つ神五柱』から『神々の生成』まで-」、『茨女国文』、no.9、1997.3.19、pp.1-8 [ < CiNii Articles

瀬間正之、「日本書紀開闢神話生成論の背景」、『上智大学国文学科紀要』、no.17、2000.3.15、pp.129-147 [ < 上智大学学術情報リポジトリ

瀬間正之、「古事記序文開闢神話生成論の背景」、『上智大学国文学科紀要』、no.18、2001.3.15、pp.1-21 [ < 上智大学学術情報リポジトリ

渡辺喜勝、「上代日本人の神観念-『成坐(ナリマス)神』・『生坐(アレマス)神』によせて-」、『東北大学医療技術短期大学部紀要』、vol.10 no.1、2001.1.31、pp.71-821 [ < 東北大学機関リポジトリ(TOUR)

笹岡弘隆、「『往生要集』成立以前の冥界」、田中純男編、『死後の世界 インド・中国・日本の冥界信仰』、東洋書林、2000、pp.204-227
従来の捉え方(地下世界)/神野志氏説の再検討/史料の再考と整理など

千田稔、「数のシンボリズム-コスモロジーという秩序化-」、『アジア遊学』、no.19、2000.8、「特集・数のシンボリズム」、pp.2-9
四/八/六/五/三など

古川のり子、「太陽神の祭り-難波津の八十島祭-」、松村一男・渡辺和子編、『太陽神の研究 宗教史学論叢 7』(上巻)、リトン、2002、pp.137-152
古代の難波/八十島祭について/八十島祭と神功皇后伝説/八十島祭と太陽神の神話など

越野真理子、「太陽神アマテラスの誕生-ツクヨミ・スサオヲ・ヒルコとの兄弟関係-」、松村一男・渡辺和子編、『太陽神の研究 宗教史学論叢 7』(上巻)、リトン、2002、pp.153-170
アマテラスとヒルコの兄弟関係/追放される兄弟神/アマテラスと海洋など

升田淑子、「息長氏と風の信仰-『虚・空』と神話的世界観-」、『學苑』、no.771、2005.1、pp.1-10 [ < CiNii Articles

村上光彦、「天柱峰」、篠田知和基編、『神話・象徴・文化』、楽瑯書院、2005、pp.37-48
《中今》/〈天柱峰〉/藤村が幻視した柱/記紀の《天柱》/天を支える柱など

小島瓔禮、「オホアナムチの命と稲羽の素菟-東アジアの帝王紀の魚鼈の橋-」、同上、pp.65-94
魚鼈の橋の趣向/高句麗の朱蒙の神話/川を渡る王者/海神の橋杭岩/鷲にさらわれた英雄/神話とずる賢い動物など

目崎茂和、「出雲神話の風水学的考察」、同上、pp.355-372
「出雲神話」風水構造の分析法;陰陽による分析/五行・八卦・十二支による分析など

坂田千鶴子、「甦った新月、オホアナムヂ」、同上、pp.373-424
縄文土器の月神話/消されたツクヨミ/大国主命と白兎/月神の使者/母の乳汁/スサノオの御祖命であったカミムスヒ/カミムスヒの御子であったキサカヒヒメ/生死を司る母神/白い月弓・金の月弓/月母神と新月の誕生/新月の意味の逆転/オホアナムヂの生涯/オホアナムヂと水汲み人など

竹内雅文、「媒介する神オホアナムチ~因幡の素兎をめぐって」、『神話・象徴・文化 Ⅱ』、楽瑯書院、2006、pp.333-390

坂田千鶴子、「古代日本の新月信仰」、同上、pp.405-426
天照る月/隠れる月/日月の交替劇と射日神話/日は渡り、月は照る/花鳥風月、雪月花/十三夜の祀り/月と恋/月を数む/太陰的世界観/光の誕生を待つ/生命の誕生と新月の甦り/縄文土偶の新月の女神/新月の祀り/世にふるかひなど

越野真理子、「天の安の河の『河上』-古事記神話における異界-」、細田あや子・渡辺和子編、『異界の交錯 宗教史学論叢10』上巻、リトン、2006、pp.301-321
他界との往来/「河上」という場所/(もがり)/『古事記』の世界観としての「河上」など

目崎茂和、「黄泉国の構造と地理」、『神話・象徴・文化 Ⅲ』、楽瑯書院、2007、横書きpp.157-170
黄泉国とは葦原中国の「陰国」か/黄泉国までのイザナミとイザナギ/イザナキの火神・迦具土神斬殺による神々の誕生/黄泉国の名称と由来/比婆山と熊野有馬村/黄泉国の地理と空間構造/黄泉国でのイザナミとイザナキ/イザナキの行動展開/桃子三箇について/千引石・磐石での相論/竺紫と筑紫の日向など

吉田敦彦、「弥生時代の『天的宗儀』と銅鐸」、篠田知和基編、『天空の神話-風と鳥と星』、楽瑯書院、2009、pp.65-86

小島瓔禮、「岩屋に隠れた稲の神-天の岩屋神話の周辺-」、同上、pp.87-116
太陽と月と黒い星/アマテラス神話の型/逃げ隠れする神々/三人兄弟型の神話の論理/天の魔神の資格など

勝俣隆、「星座が先か、神話が先か?」、同上、pp.237-262
神話を先とする説について/おおぐま座について/オリオン座について/星座の位置関係と動きについて/星座としての天宇受売命についてなど

目崎茂和、「天と地を結ぶ国産みの神々と環境」、同上、pp.303-327
伊邪那岐・伊邪那美による国産み十神と八神/自然にかかわる神産み四神と八神/火之神の誕生による国産み/伊邪那岐が産んだ神々/迦具土神を斬った御刀と手上の血の八神/迦具土の神の体からの山河の八神など

匝瑤葵、「宇宙を構成する古事記の別天神-出雲大社の天空神」、『アジア遊学』、no.121、2009.4、「特集・天空の神話学」、pp.94-101
課題//出雲大社の天空神祭祀//
別天神の性格;アメノミナカヌシノ神/タカミムスヒノ神/カミムスヒノ神/ウマシアシカビヒコジノ神とアメノトコタチノ神など


目﨑茂和、「高天原の神々と日月星辰」、篠田知和基編、『天空の世界神話』、八坂書房、2009、pp.135-148
高天原で誕生した神々と、その分類法;五柱神の別天神について/神世七代の二柱神まで/七柱・独神の日月星辰/神世五代・十神について//
高天原の陰陽五行の神分類と日月星辰など


匝瑤葵、「天皇の御魂の二重性」、『アジア遊学 128 古代世界の霊魂観』、勉誠出版、2009.12、pp.60-73
課題//二種類の天皇の御魂の行方;人麻呂の日並皇子挽歌/持統天皇の夢の歌/持統天皇の吉野の行幸の時の人麻呂の歌//
二つの高天原;宇宙を意味する高天原/天照大御神の支配する高天原/高天原の別天神//
カムロギとカムロミ//皇祖神の天照大御神とタカミムスヒノ神の関係//天照大御神の本質は光である//高天原神話の意味など


この他、

五十嵐一、『イスラーム・ルネサンス』、1986、「Ⅱ 第8章 アッラーの神-ひとつの神名論的反省-」
で「古事記の神学と流出論」、イスラームの「原像空間(アーラム・ミサール)」、「カッバーラーの神学」を比較しています。
大貫隆訳・編、『グノーシスの神話』、岩波書店、1999pp.66-67
での『ヨハネのアポクリュフォン』と『古事記』の神統譜の比較も併せて参照。

こちらも参照

iii. 陰陽道、修験道など

『陰陽道の本 日本史をつらぬく秘儀・占術の系譜 Books Esoterica 6』、学習研究社、1993
陰陽道の世界 知られざる日本史の背後力学(藤巻一保)//安倍晴明伝説(志村有弘)//
陰陽道と闇の日本史(古代編)(藤巻一保);陰陽道の意味と歴史/陰陽道の源流/古代天皇と陰陽道/暗躍する陰陽師群像/陰陽道と密教//
陰陽五行の思想(不二龍彦);陰陽説と五行説/森羅万象と五行配当/伊勢神宮と陰陽五行//
いざなぎ流の呪術(豊島泰国)//
陰陽道の秘法(羽田守快);方忌み・方違え/物忌み・祓い/撫物・人形/式神/符呪/反閇/呪禁/セーマン・ドーマン/その他の呪術//
陰陽道の祭祀と神々(吉田邦博);泰山府君と天@(ちゅう;由の上に縦棒を横切る一+下に日)地府/星神と星辰祭祀/鬼神と呪禁の祭り/怨霊と御霊会/池水火風の神々と祭祀//
陰陽道と闇の日本史(中近世編)(矢吹恭一);陰陽道の変容と大衆化/将軍・武家と陰陽道/神道に侵入する陰陽道/芸能に関わる陰陽道/暦に埋没する陰陽道//
民間信仰と陰陽道(豊島泰国);民間に流れた陰陽道の系譜/年中行事/庚申信仰/民間習俗/性神信仰/金神信仰と新宗教の流れ//
陰陽道の霊跡を歩く(村上典司)//暦と占いの大図鑑(本宮眞吾);多様に展開する陰陽道の占術/暦占/方位/命占/地相と家相など、228ページ。

荒俣宏、『陰陽師-安倍晴明の末裔たち』(集英社新書 0173 D)、集英社、2002
はじめに-生きている陰陽師に出会う//
安倍晴明の子孫たち;土御門家の奮闘/近世の陰陽道//
吉備、上原大夫の知恵;カンバラ叩く人々/金神との闘い/金光教教祖と金神の祟り//
土佐、芦田主馬大夫の謎;陰陽頭の足跡を求めて/博士と散所//
高知、いざなぎ流大夫は生きている;式を飛ばしあう大夫たち/いざなぎ流大夫に会う/いざなぎ流の歴史と環境など、234ページ。


繁田信一、『陰陽師 安倍晴明と蘆屋道満』(中公新書 1844)、中央公論新社、2006
官人陰陽師と法師陰陽師;安倍晴明の身分/蘆屋道満の身分//
怪異を読む;物忌と怪異/怪異の諸相/物忌の諸相//
禁忌を告げる;日時の禁忌/方角の禁忌/禁忌と暦//
災厄を除く;病気の治療/病気の予防/天災の回避/家内安全//
生命を狙う;霊託の中の呪詛/風聞の中の呪詛/生活の中の呪詛//
安倍晴明と蘆屋道満;英雄の誕生/悪役の誕生など、222ページ


斎藤英喜、『陰陽道の神々』(佛教大学鷹陵文化叢書 17)、思文閣出版、2007
はじめに-もうひとつの「日本」の神々を求めて//序章 陰陽道と安倍晴明の基礎知識//
追われる鬼、使役される鬼-疫神と式神-;鬼を使う陰陽師/「式神」という神//
冥府と現世を支配する神;冥府神としての泰山府君/変貌していく泰山府君//
牛頭天王、来臨す;牛頭天王を求めて/中世神話としての「祇園牛頭天王縁起」/牛頭天王、陰陽道の神へ//
暦と方位の神話世界-『簠簋内伝』の神々-;『簠簋内伝』という謎/暦世界の根源神へ//
いざなぎ流の神々-呪詛神と式王子をめぐって-;いざなぎ流の神々と陰陽道/「呪詛神」の系譜から/式王子の世界//
終章 「陰陽道」の神々のその後//
断章;いざなぎ流への〈旅〉/安倍晴明ブームの深層へなど、330ページ。


山下克朗、『陰陽道の発見』(NHKブックス 1159)、NHK出版、2010
序章 陰陽道とは何か//
陰陽道の源流;陰陽道の源流/術数の伝来と陰陽寮//
陰陽道の成立;災害と怨霊/卜筮を信ずること無かれ/陰陽師たちの登場//
平安貴族と陰陽師;朝廷と陰陽道/占いと物忌/日常の心得と陰陽師//
陰陽道の呪術と祭祀;呪術と祭祀/宗教としての性格/陰陽師と呪詛//
賀茂保憲と安倍晴明;賀茂氏と安部氏;晴明像の生成//
晴明伝承の成立;晴明伝承の世界/もうひとつの晴明伝承//
終章 陰陽道批判の系譜など、288ページ。


小松和彦、「いざなぎ流の宇宙論覚え書」、『現代宗教-5 特集・宇宙論』、春秋社、1982、pp.65-78
始源の時、終末の時/天竺・唐土・日本/五行説の影響/修験道の影響など

小池淳一、「数のフォークロア-暦注をめぐる民俗世界-」、『アジア遊学』、no.19、2000.8、「特集・数のシンボリズム」、pp.96-105
七殺-金神の祟り/五人の王子とその仲裁者-土用の由来と陰陽師の力/三隣亡-憑霊信仰との習合など
………………………

吉野裕子、『隠された神々 古代信仰と陰陽五行』(講談社現代新書 405)、講談社、1975
日本古代の神々;神々をとらえるの日本的発想/古代日本人が描く世界像/陰陽五行を受け入れたとき//
大君は神にしませば-白鳳期の呪術;近江遷都の謎/改葬された天武天皇陵/高松塚の被葬者はだれか//
伊勢に隠された神々-伊勢神宮の謎;天照大神のかげにひそむ「太一」神/伊勢神宮をつらぬく陰陽五行/北斗七星と伊勢の祭り/太玉串行事の背後にあるもの/「西北」という聖なる方位//
大嘗祭でまつられる神;
御禊(みそぎ)」は何を象徴するか/陰陽五行を隠した天王の即位式など、218ページ。
………………………

宮家準、「修験道の宇宙観」、『アジアの宇宙観』、1989、pp.234-253
曼荼羅の原風景/山岳曼荼羅の世界/宮曼荼羅の世界/観心曼荼羅の世界など

宮家準、『修験道 山伏の歴史と思想』(教育社歴史新書〈日本史〉 174)、教育社、1978
概観//修験道の歴史;修験道の発生/修験道の確立/修験道の展開/修験道の崩壊と再生//
役小角と不動明王;大峰山と役小角/修験道と不動明王//
峰入とその思想;修験道の峰入/冬の峰/秋の峰/峰入の思想/即身成仏の意義//
修験道のまつり;吉野山の花供儀法会/修験一山のまつり/験競べと加持・祈禱//
修験道の遺跡と遺物;遺跡と遺物/金峰山と熊野の経塚遺物/大峰山中の遺跡//研究史など、234ページ


『修験道の本 神と仏が融合する山界曼荼羅 Books Esoterica 8』、学習研究社、1993
神霊の住む山//山界の神秘学(花咲一成)//役一角の伝説(藤巻一保)//
修験道の修行世界(藤田庄市);修行とは何か/十界修行/羽黒「秋の峰」/大峰「奥駆け」/験競べ/神憑り/山伏芸能//
異形の修験者列伝(豊島泰国)//修験道・全史(村山修一・藤巻一保);修験道の起源と先駆者の活躍/修験教団の形成と確立/独自に発展した地方修験/修験道の制度化と大衆化/修験教団の解体と再生//
山界曼荼羅の世界(不二龍彦)//秘儀・呪法の世界(羽田守快);修験道の行法とは何か/修験の護摩/九字と金縛り/憑り加持/摩利支天の呪法/鬼神使役法/敬愛・和合法/封じものと呪符/その他の行法//
修験道オカルティズム(吉田邦博・本宮眞吾);カミから“神と仏”へ/修験道の主尊・権現/本地仏としての如来・菩薩/行者の守護神としての明王・諸天・護法/修験道に習合した様々な神々/天狗とは何か?/六道外の異界・天狗道/天狗小僧寅吉と天狗界/天狗列伝//
日本の霊峰(村上典司)など、228ページ。


久保田展弘、『修験の世界 始原の生命宇宙』(講談社学術文庫 1701)、講談社、2005
原著は『修験道・実践宗教の世界』、1988刊
いま、修験道がもつ意味//大峰山の修験道;全長一八〇キロの〈奥駆け修行〉/吉野修験の歴史背景/熊野三山の宗教世界//
出羽三山の修験道;秋の峰入り修行-生命の円環/出羽三山の宗教的背景/厳冬の夜の奇跡・松例祭//
比叡山の修験道//修験道-ミクロとマクロの宇宙など、326ページ。


大内典、「『声』と『音』がつくる儀礼-修験道儀礼の音空間-」、『美學』、no.160、1990.3.31、pp.25-35 [ < CiNii Articles
………………………

村山修一、「日本における神と仏の交渉」、『仏教思想史』、no.1、1979.11、〈神と仏 源流をさぐる〉、pp.225-253
日本霊異記の史料的価値/小子部栖経と道場法師/カントケの木と疫神・客神の信仰/神祇実類信仰の展開/石神信仰の発展/聖者隠身の思想/卜占と因果観/冥府の思想と疫神信仰/祖霊の祭日と霊託ならびに楊木の呪法など

『現代宗教-2 特集・山岳宗教』、春秋社、1980
山の信仰と日本の文化(五来重)/出羽三山の修験道(戸川安章)/福島の山岳信仰 はやま信仰を中心として(岩崎敏夫)/御嶽信仰(生駒勘七)/大峰修験の思想 金剛蔵王権現を中心として(宮家準)/道教と山岳(窪徳忠)/山越えの象徴(山折哲雄)/不二道の歴史観 食行身禄と参行六王の教典を中心に(宮崎ふみ子)/筑波山信仰の信仰圏(牧雅子)/房総の山岳信仰 上総鹿野山を中心に(岡倉捷郎)/瞽女 盲人と境界性の一考察(福島邦夫)など、204ページ。

湯浅泰雄、「日本神話の宇宙観と山岳仏教の心理世界」、『現代宗教-5 特集・宇宙論』、春秋社、1982、pp.2-17
宇宙観の三層構造/光と影の二項対立/山岳仏教の重層化/苦しむ神と怨霊の心理学的意味/幻影の旅における心理的変容の構造/変容の体験の哲学など

菅原寿清、「御嶽行者の宇宙観」、『現代宗教-5 特集・宇宙論』、春秋社、1982、pp.79-94
山の空間構造/座の空間構造/行者の宇宙観など

宮家準、「熊野曼荼羅の世界-熊野修験伝来本を中心に-」、宮家準・小川英雄編、『聖なる空間 宗教史学論叢 5』、リトン、1993、pp.291-328
熊野信仰と熊野曼荼羅/熊野宮夜曼荼羅/熊野本地曼荼羅/熊野垂跡曼荼羅と熊野本跡曼荼羅/熊野那智参詣曼荼羅/熊野曼荼羅の構図と思想など

諏訪春雄、「日本人の山岳信仰-天父地母観の検討-」、篠田知和基編、『天空の神話-風と鳥と星』、楽瑯書院、2009、pp.117-137
山の神の性別//生業を中心に見る山の信仰五種;自然神/採集狩猟民(鍛冶・漁労民も含む)/山地農耕民/平地農耕民/宗教の山//
山の神の性別を分ける理由;生殖信仰/天と地/生業//
天への通路としての山//日本人の山岳信仰 結論など


鈴木正祟、「聖地・熊野の真髄」、同上、pp.139-206
はじめに;古代から現代までの連続性/熊野における二つの動因/熊野の語義//
熊野三山の形成;前史-古代の残響としての熊野/古代の修行地/修行場としての那智/三山の成立まで//
聖地・熊野の成立;聖地の特性/十二所権現の成立/王子信仰//
熊野詣;熊野詣の形成と展開/参詣道//
縁起から物語へ;縁起の成立と展開/小栗判官の物語(室町末期から江戸初期)//
祭りへの展開;熊野の各地の祭り/熊野の祭りの特性/湯立の意味/湯立から湯立神楽へ//
おわりに-聖地の語り方など

………………………

空海について→こちらとその前後を、
また、鎌倉仏教から;
道元について→こちらを、
親鸞について→こちら、またこちらも参照

増尾伸一郎、「泰山府君祭と〈冥道十二神〉の形成」、田中純男編、『死後の世界 インド・中国・日本の冥界信仰』、東洋書林、2000、pp.228-252
『今昔物語集』と泣不動縁起/泰山府君と閻羅王/泰山府君祭の都状と冥道十二神/冥道十二神の形成/平安貴族と泰山府君祭など

林東洋、「『先代旧事本紀』巻第一の分析」、『哲学会誌』、no.26、2002.5、pp.23-44

木村淳也、「パフォーマンスを忘れた神話-『先代舊事本紀』巻三「天神本紀」とその周辺に関する研究ノート-」、『明治大学日本文学』、no.30、2004.4.30、pp.41-50 [ < 明治大学学術成果リポジトリ

権東祐、「『先代旧事本紀』におけるスサノヲの変貌」、『佛教大学大学院紀要. 文学研究科篇』、no.38、2010.3.1、pp.77-93 [ < CiNii Articles

iv. 神仏習合、中世神話など

大隅和雄校注、『中世神道論 日本思想体系 19』、岩波書店、1977
倭姫命世記(伊勢神宮外宮の度会氏によるいわゆる神道五部書の一つ)/中臣祓訓解/大和葛城宝山記(初期の両部神道を代表する書)/天地麗気記(両部神道の教説を組織化した書)/類聚神祇本源(抄) 天地開闢篇、禁誡篇、神道玄義篇(度会(村松)家行による伊勢神道の教説の集大成、全10巻15篇)/旧事本紀玄義(抄) 巻第三、巻第四(卜部氏の出で天台僧となった慈遍の著)/諸神本懐集(親鸞の五代目の子孫にあたる存覚の著)/唯一神道名法要集(吉田兼倶の著)//原文//
解説 中世神道論の思想史的位置;神道論の成立/天地の開闢/現世の秩序/禁忌と儀礼/収載書目についてなど、386ページ


北畠親房、永原慶二・笠松宏至訳、『神皇正統記』、『慈円・北畠親房 日本の名著 9』、中央公論社、1971、pp.337-456
冒頭に仏教の須弥山説が記され、その後、神代史へと続きます。

本書には他に、中世の歴史感覚と政治思想(永原慶二・大隅和雄)//慈円 愚管抄(大隅和雄訳)//北畠親房 書簡(笠松宏至訳)など、604ページ。


貴志正造訳、『神道集』(東洋文庫 94)、平凡社、1967
熊野権現の事/二所権現の事/諏訪大明神の秋山祭の事/諏訪大明神の五月会の事/三島大明神の事/児持山大明神の事/蟻通し明神の事/橋姫明神の事/赤城大明神の事/伊香保大明神の事/葦苅明神の事/覚満大菩薩の事/鏡の宮の事/釜神の事/富士浅間大菩薩の事/八ヵ権現の事/那波八郎大明神の事/北野天神の事/諏訪縁起の事//解説など、338ページ。

「全五十篇のうちの十九篇にすぎないが、量的には全体の三分の二近くを収めえている」(pp.330-331)とのこと。

………………………

村山修一、『神仏習合思潮』(サーラ叢書 6)、平樂寺書店、1957
序論/発生期の習合思潮/密教の成長と習合思潮/浄土思想の発生と習合思潮/新仏教と習合思潮/習合美術の本質(一)/習合美術の本質(二)/習合文芸思潮/行事にあらわれた習合思潮/習合理論の変遷/神仏分離など、270ページ。

田中貴子、『外法と愛法の中世』(平凡社ライブラリー た 18-1)、平凡社、2006
原著は1993刊
女神と竜女;竜女の妹-厳島の神をめぐる神仏関係と『厳島本地』/姉妹神の周辺-竜女・吉祥天・弁才天/〈玉女〉の成立と限界-『慈鎮和尚夢想記』から『親鸞夢記』まで//
舎利が生み出す〈王権〉;宇治の宝蔵-中世における宝蔵の意味/仏舎利相承系譜と女性-胡宮神社『仏舎利相承次第』と来迎寺『牙舎利分布 八粒』を中心に/法華寺の八条院高倉-来迎寺文書から//
外法と愛法の中世;吒枳尼天法と〈王権〉(1)-祇園女御をめぐって/吒枳尼天法と〈王権〉(2)-小野仁海と白河院政/吒天行者の肖像-外法と愛法の中世など、320ページ。


山本ひろ子、『異神 中世日本の秘教的世界』(上下)(ちくま学芸文庫 ヤ 12-1~2)、筑摩書房、2003
原著は1998刊
上巻 プロローグ//異神と王権-頼豪説話をめぐって;『平家物語』頼豪説話の構成とモティーフ/呪殺された王-後三条天皇崩御譚/頼豪説話の成立/鼠の秀倉譚/付論Ⅰ 赤衣の老翁・赤山明神/付論Ⅱ 新羅明神来臨考-縁起と秘法をめぐって/付論Ⅲ 新羅明神の幻像を追って//
摩多羅神の姿態変換-修行・芸能・秘儀;序 謎の神・摩多羅神/叡山常行堂と摩多羅神/秘儀と摩多羅神-摩怛利神法と玄旨灌頂の世界/修正会のなかの摩多羅神-秘法相伝と摩多羅神の「顕夜」/付論 日光山の延年舞と常行堂など、446ページ。
下巻 宇賀神-異貌の弁才天女;はじめに-『渓嵐拾葉集』と二種の弁才天/宇賀神経と荒神祭文/『弁才天修儀』の儀礼宇宙-行法と口伝をめぐって/弁才天灌頂-戒家相承の弁才天と如意宝珠をめぐって/終わりに-「如意宝珠王」の彼方へ/付論 戒家と大黒天-大黒天法と戒灌頂をめぐって//
行疫神・牛頭天王-祭文と送劫儀礼をめぐって;はじめに-「牛頭天王島渡り」祭文と祇園縁起/「牛頭天王島渡り」祭文の世界/津島の牛頭天王信仰と御葦流し/終わりに-「みさきたなびく牛頭天王……」//エピローグなど、450ページ。


山本ひろ子、『中世神話』(岩波新書 593)、岩波書店、1998
序章 中世神話への招待//
屹立する水の神;中世の開闢神話/御饌の神から開闢神へ/水徳の神=豊受大神の成立//
天の瓊矛と葦の葉;大日如来の印文神話/天の瓊矛のシンボリズム/葦の老王の物語/地主の神と今来の神//
降臨する杵の王;稲の王から杵の王へ/天の瓊矛とその行方/猿田彦大神と大田命//
終章 伝世されなかった神器など、222ページ


牟禮仁、『中世神道説形成論考』、皇學院大學出版部、2000
「神道」日本書紀用例考-「神道」の語の特性をどうとらえるか-/「神道」古代・中世用例輯(稿)/神人相依論の系譜-「神者依人之敬増威」考-//
「仏家神道」説の形成-「太神宮啓白文」を手がかりとして-/「神家神道」説の形成-『神皇実録』を通して-/大中臣氏神祇説の形成-『神宝図形神秘書』によって-/卜部氏神道説の形成-『神道秘説』によって-/中世初期神道書の関わりあい-『神道秘説』を定点として-/度会行忠と仏法-伊勢と京都との、中世神道思想交流の事例として-/中世神道文献関係年表(稿)など、478ページ。


佐藤弘夫、『アマテラスの変貌 中世神仏交渉史の視座』、法藏館、2000
プロローグ 神仏交渉論への視座;雨法童子の寺/男神としての天照大神/現代人と神仏/交流する神仏/変身する神と仏//
祟る神から罰する神へ 祟りを下す神;記紀神話の神々/アマテラスの祟り/国家支配と祟り//
  邪霊の登場;邪気・霊気・モノノケ/死霊の跳梁/御霊信仰と疫神/調伏されるモノノケ//
  変身する名神;祟りと罰/賞罰を司る神/祟り神の行方//
〈日本の仏〉の誕生 日本の仏の出現;日本人を護る仏/土地をシメル仏/「神」と呼ばれた仏たち//
  起請文の宇宙;起請文とはなにか/起請文の仏たち/精霊と諸天//
  怒る神と救う神;浄土へ誘う仏/極楽往生と此土の仏/本地垂迹の真相//
  神々の変身の背景;仏教的世界観への嵌入/荘園制社会と神仏/神の中世・仏の中世/神国思想の実態//
コスモロジーの変容 中世的コスモロジーの形成;冥界の二重構造/〈日本の仏〉の位置/中世的コスモロジーの特質//
  地獄の思想・極楽の思想;子孫を見守る霊/彼岸の浄土の伝統/極楽への距離//
  この世の浄土とあの世の浄土;此土浄土の役割/生身の仏との出会い/古代的コスモロジーから中世的コスモロジーへ//
変貌するアマテラス 古代神話における天照大神;律令国家の形成と神々/天照大神の限界/祈りを拒む神//
  中世神への転換;日本国主天照大神/国民神への転換/神国思想と天照大神//
  中世のコスモロジーと天照大神;粟散国主天照大神/日蓮における天照大神/天照大神の本地//
  中世王権神話の形成;中世社会と天皇/天皇像の分裂/天皇と仏教//
日本を棄て去る神 神祇崇拝と神祇不拝;鎌倉仏教論の方法/排除される神々/神祇不拝の根拠//
  鎌倉仏教と神祇;一仏への傾斜/罰を下す仏/弟子ひとりももたず//
  神天上の系譜;善神捨国と『立正安国論』/善神捨国の源流/神天上と中世コスモロジー//
エピローグ ある個人的な回想など、238ページ。


佐藤弘夫、『偽書の精神史 神仏・異界と交感する中世』(講談社選書メチエ 242)、講談社、2002
序章 偽書の精神史へ//
新仏教と本覚思想のあいだ;本覚思想と日蓮遺文/法華唱題の根拠/新仏教と本覚論はどこが違うか//
偽書の時代としての中世;予言する聖徳太子/未来記の流行/中世日本紀の世界/神道説の形成と偽書//
偽書はいかにして作られるか;異界からの言葉/夢見の作法/親鸞の夢/夢が告げる未来//
中世的コスモロジーと偽書;中世コスモロジーの構造/起請文の神仏/偽書成立のメカニズム/中世人はなぜ偽書を書いたか//
鎌倉新仏教の誕生;日蓮の彷徨/本仏との邂逅/新仏教の目指したもの/根源なる存在を求めて//
偽書を超えて;偽書からみた中世/偽書の時代の終焉/偽書の精神と現代など、248ページ。

佐藤弘夫、『起請文の精神史 中世世界の神と仏』(講談社選書メチエ 360)、講談社、2006
序章 方法としての起請文//
起請文を読む;神文への着目/神仏の序列/日本の仏/弥陀と閻魔/死霊の系譜//
神と死霊のあいだ;古代の神観念/〈命ずる神〉と〈応える神〉/御霊とモノノケ/〈応える神〉としての疫神//
垂迹する仏たち;あの世とこの世の神仏/中世人にとっての本地垂迹/浄土信仰と垂迹の役割/生身仏の時代//
神を拒否する人々;コスモロジー論の検証/神を拒否する人々/神祇不拝の根拠/なぜ垂迹を排除するのか/法然の決断//
終章 パラダイムに挑む、など、212ページ。


佐藤弘夫、『神国日本』(ちくま新書 591)、筑摩書房、2006
序章 神国思想・再考への道;「神国」の常識を疑う/放逐される天皇/「神国」論への視座//
変動する神々の世界;古代的神祇秩序の形成/中世的神祇秩序への移行/神々の反乱/土地を支配する神々//
神と仏との交渉;神仏習合の展開と本地垂迹説の成立/祟り神と罰する神/本地垂迹説の歴史的意義/冥界のコスモロジー//
神国思想の成立と変容;古代における「神国」の観念/中世的「神国」への転換/神国日本の境界/辺土と神国/神国思想に見る普遍主義//
神国思想の歴史的意義;悪僧の跳梁と神国/新仏教批判の論理としての神国思想/蒙古襲来/イデオロギーとしての神国思想/中世的神国思想の観念性//
疎外される天皇;神から人へ/「裸の王様」としての天皇/神国のなかの天皇/なぜ天皇が必要とされたか//
終章 神国の行方;ナショナリズムとインターナショナリズムのはざまで/神国思想の歴史的展開/自国中心主義への旋回/神国思想と現代など、234ページ。


黒田日出男、『龍の棲む日本』(岩波新書 831)、岩波書店、2003
プロローグ 〈国土〉と〈日本図〉と龍//
行基式〈日本図〉とは何か;金沢文庫の〈日本図〉/行基図のアポリアと謎解き/行基菩薩とは/独鈷の〈かたち〉をした日本/独鈷のシンボリズム/〈日本図〉と三国のシンボリズム//
金沢文庫本〈日本図〉と蒙古襲来;金沢文庫本〈日本図〉とは/〈国土〉と異界/龍乃国宇嶋と雨見嶋/高麗・蒙古国と唐土/妙本寺本〈日本図〉の発見と「三韓」//
龍体の神々と国土守護;蒙古と戦う神々の姿/龍の〈日本史〉/龍のつく言葉と〈日本〉の龍/龍の図像学/龍が起こす地震-「龍動」「龍王動」「龍神動」/政変や天変地異と龍//
龍が棲む中世〈日本〉;龍が伏す〈大地〉/龍穴だらけの中世的〈国土〉/地下を縦横に走る巨大な穴道/龍の棲む〈国土〉と地下世界遍歴の物語//
大龍と地震と要石;「大日本国地震乃図」の読解/金沢文庫本〈日本図〉と大日本国地震乃図の比較/地震と要石//
エピローグ 龍から大鯰へ、など、242ページ。


地図に関連して→こちらも参照
地震に関連して→こちらにも挙げておきます
龍に関連して→こちらにも挙げておきます


錦仁・小川豊生・伊藤聡編、『「偽書」の生成 中世的思考と表現』、森話社、2003
御記文という名の未来記(小峯和明)/未来騙りのテキスト-『愚管抄』のウソとマコト(深沢徹)/樂書と偽書-『體源鈔』所引『至要抄』をめぐって(中原香苗)/署名する定家、装われるテキスト-仮託書論の一視角(川平ひとし)/菅江真澄におけるモノガタリ-「旅日記」から「地誌」へと真澄は変化したか(錦仁)/中世神学のメチエ-『天地霊覚秘書』を読む(小川豊生)/三宝院流の偽書-特に『石室』を巡って(伊藤聡)/『蓮華三昧経』の基礎的考察(水上文義)//資料篇 九州大学図書館蔵『新選帝説集』-解題と翻刻(錦仁・小川豊生)/松平文庫蔵『本朝事始』-解題と翻刻(同)/天理大学附属天理図書館蔵・清水光房『和歌無底抄考』-解題と翻刻(川平ひとし)など、368ページ。

千田稔、『伊勢神宮-東アジアのアマテラス』(中公新書 1779)、中央公論新社、2005
序章/アマテラスの旅路/中国思想と神宮/神国の系譜/近代の神宮/植民地のアマテラス/終章など、230ページ。

逵日出典、『八幡神と神仏習合』(講談社現代新書 1904)、講談社、2007
神奈備信仰(神体山信仰)と仏教の伝来/神仏習合現象の始まり/八幡という神の成立/八幡神の発展と神仏習合/習合現象の中央進出と八幡大菩薩の顕現/本地垂迹説の成立/八幡仏教徒の国東進出/八幡信仰の全国的広がりと神仏習合など、258ページ。

小峯和明、『中世日本の予言書-〈未来記〉を読む』(岩波新書 1061)、岩波書店、2007
序 未来記という名の予言書//
去りゆく神仏、談合する神仏;去りゆく神仏/神仏・怨霊の談合//
発掘される未来記-捏造と発見のドラマ;未来記の「作者」たち/発見される未来記//
未来から歴史を読む;蜘蛛の糸をつたって/牛腸を食う黒鼠とは/空飛ぶ猿の隠喩//
未来記に憑かれた人々;未来記にとりつかれた人々/南北朝の内乱と未来記/応仁の乱を読む人々//
生きている未来記;近世の未来記-中世からの転換/近代の未来記-〈世紀〉という史観など、234ページ。


『神仏習合の本 本地垂迹の謎と中世の秘教世界 Books Esoterica 45』、学習研究社、2008
[神仏習合の美術]神と仏の楽土へ(本田不二雄)//プロローグ 神仏習合とは何か-日本的シンクレティズムの彼方へ-(斎藤英喜)//
神話の章(藤巻一保);天地開闢の秘説/国土を創成した独鈷杵/天照=大日説と神国日本/天照と第六天魔王の密約/天照大神にまつわる異説/豊受大神の隠された顔/謎の神器=神璽の正体/龍女が天皇に授けた秘儀//
聖地の章(羽田守快・本田不二雄);比叡山と山王権現/伊勢と天照・豊受大神/白山と九頭龍・妙理権現/南都と春日大明神/熊野と三所権現/金峰山と蔵王権現/宇佐と八幡大菩薩//
奇書の章(北端あおい・榛和夫);両部神道系 中臣祓訓解、大和葛城宝山記、天地麗気記/山王神道系 耀天記、山家要略記、渓嵐拾葉集/伊勢神道・吉田神道ほか 類聚神祇本源、瑚璉集、唯一神道名法要集、諸神本懐集//
[秘密の図像学]蛇と宝珠(古川順弘)//異神の章(藤巻一保);宇賀弁才天/大黒天/荼枳尼天/摩多羅神/三宝荒神/牛頭天王//
秘儀の章;神拝作法(豊嶋泰国)/祭祀行法(同)/神道護摩(大森義成)/神道灌頂(同)//
神仏縁起の世界;序 神仏縁起とは何か(稲田智宏)/日本垂迹神総覧(吉田邦博・羽田守快)/記紀神話の神々と本地(稲田智宏)/さまざまな縁起(同)など、222ページ。


川村湊、『闇の摩多羅神 変幻する異神の謎を追う』、河出書房新社、2008
はじめに 摩多羅神の世界/広隆寺の摩吒羅神/摩多羅神はどこから来たか/延暦寺常行堂/赤山明神と新羅明神/毛越寺常行堂・多武峯常行堂/東照大権現と摩多羅神/玄旨帰妙壇灌頂/江戸の摩多羅神/おわりに 踊る神の由来など、242ページ

高橋美由紀、『伊勢神道の成立と展開[増補版]』、ぺりかん社、2010
原著は1994刊
神道五部書の成立と外来思想;神道五部書と仏教思想/伊勢神道の形成と道家思想/伊勢神道の形成と度会行忠/神道五部書成立私考//
伊勢神道成立の思想的背景;伊勢神道の成立とその時代/伊勢神道と末法思想/伊勢神道をめぐる本地垂迹思想//
伊勢神道の思想とその展開;伊勢神道の外宮祭神論/初期伊勢神道の思想/伊勢神道思想の発展と継承/室町時代の伊勢神道-荒木田守晨を中心として-//
補論;中世神国思想の一側面/中世における神宮宗廟観の成立と展開/宗廟の神-中世伊勢神道の解読-など、354ページ。


伊藤聡編、『中世神話と神祇・神道世界 中世文学と隣接諸学 3』、竹林舎、2011
中世の神;中世における神観念の変容(佐藤弘夫)/本地垂迹説の存立の根拠をめぐって-神仏習合を捉え直す-(佐藤眞人)/中世における神社秩序の形成(岡田莊司)/本覚思想と神(大久保良峻)/中世密教における神の位相-密教王としての天皇即位と「大日本国」-(松本郁代)/覚鑁と神祇(苫米地誠一)/神を見ることと描くこと-石清水八幡宮の事例を中心に-(山本陽子)//
中世神道の形成と展開;伊勢神宮の中世的意義(山田雄司)/伊勢神道とは何か(平泉隆房)/神道諸流の形成(伊藤聡)/三輪流の成立(アンナ・アンドレーワ)/山王神道の形成-その問題点と留意点-(水上文義)/慈遍における神道理論(林東洋)/〈和光同塵灌頂〉考(平沢卓也)/吉田神道の根本枝葉花実説再考(森瑞枝)//
古典の中世的変容;日本紀講から中世日本紀へ-アマテラス、スサノヲを中心に-(斎藤英喜)/解体する神話・再生する神々-中世における『旧事本紀』の位置-(門屋温)/鎌倉・南北朝時代における中臣祓注釈-『中臣祓注抄』と称名寺聖教『大中臣祭文』との比較から-(大東敬明)/〈赤白二渧〉と〈和合〉の古典学-『伊勢物語髄脳』を起点とする中世日本のプネウマトロジー-(小川豊生)/中世学僧と古今註-了誉聖冏『古今序註』について-(鈴木英之)/吉田神道と古今伝受-『八雲神詠伝』の相伝を中心に-(海野圭介)/中世後期における吉田家の神社研究と『延喜式』「神名帳」-梵舜自筆『諸神記』を通路として-(新井大祐)//
中世神話の諸相;南都の中世神話・中世神道説をめぐって-春日社・興福寺・貞慶を中心に-(舩田淳一)/能と国土生成神話(高橋悠介)/走湯山をめぐる神話世界とその生成(阿部美香)/『神道集』の世界-白山権現の王子たちをめぐって-(有賀夏紀)/『神道雑々集』の基礎的問題(落合博志)/『元長参詣記』略解-現場で披かれる〈中世日本紀〉-(原克昭)など、640ページ。


菅原正子、『占いと中世人 政治・学問・合戦』(講談社現代新書 2089)、講談社、2011
序章 生活のなかの占い//
朝廷の占い、幕府の占い;宮中の占い師たち/天王と御卜/鎌倉の怪異//
陰陽師の「家」;安倍晴明の実像/足利義満が好んだ陰陽道/若狭国名田荘上村//
天変地異と政治;日月と惑星の変異/天文密奏/彗星・客星と徳政//
儒学と占い;足利学校/講義の内容/庠主による占筮伝授//
戦後の世と占い;武田信玄と占い/鬮に神意を問う-島津氏の合戦/算木を置く公家-山科家の場合//
おわりに-占いの意味など、240ページ。


斎藤英喜、『荒ぶるスサノヲ、七変化 〈中世神話〉の世界』(歴史文化ライブラリー 346)、吉川弘文館、2012
もうひとりのスサノヲへ-プロローグ//
『記』『紀』『風土記』神話のスサノヲ;スサノヲ神話をどう読むか/多彩なスサノヲ神話/『出雲風土記』のスサノヲ神話//
中世神話が語るもの;中世神話とはなにか/ヲロチ退治譚の変奏/「日本紀の家」が語るスサノヲから//
スサノヲは雲陽の大社の神なり;スサノヲ、出雲大社に鎮座す/漂流する山を繫ぎとめた神/鰐淵寺・日御碕と中世スサノヲ神話/冥府としての出雲//
祇園御霊会のスサノヲ;スサノヲ変成の「神話工房」へ/祇園御霊会をめぐって/異国神となるスサノヲ/中世神道の大成者、吉田兼倶//
スサノヲの神話学;「善悪不二」をめぐる神話言説/スサノヲ変貌する//
その後の、スサノヲ-エピローグなど226ページ

………………………

鏡島寛之、「中世に於ける神佛關係の動向-反本地垂迹説を中心として-」、『駒沢大学仏教学会年報』、vol.7 no.1、1936、pp.237-275 [ < CiNii Articles

鏡島寛之、「中世に於ける佛教理念の神道論的展開」、『駒沢大学仏教学会年報』、no.8、1937、pp.92-128 [ < CiNii Articles

大山公淳、「密教神道の展開-特に天地麗氣記に就いて- 」、『密教研究』、no.79、1941、pp.23-61 [ < J-STAGE

広神清、「日本における神道理論の形成」、『哲学・思想論叢』、no.15、1997.1、pp.1-18 [ < つくばリポジトリ(Tulips-R)

彌永信美、「第六天魔王と中世日本の創造神話(上)」、『弘前大学國史研究』、no.104、1998.3.30、pp.44-68 [ < 弘前大学学術情報リポジトリ
 同、  「第六天魔王と中世日本の創造神話(中)」、『弘前大学國史研究』、no.105、1998.10.30、pp.25-39 [ < 同上 ]
 同 、 「第六天魔王と中世日本の創造神話(下)」、『弘前大学國史研究』、no.106、1999.330、pp.17-41 [ < 同上 ]

同じ著者による→こちらを参照

伊藤聡、「中世日本における太陽信仰-特に天照大神と愛染明王の習合を巡って-」、松村一男・渡辺和子編、『太陽神の研究 宗教史学論叢 7』(上巻)、リトン、2002、pp.191-208
神仏習合思想における天照大神/愛染明王信仰の展開/宇治の宝蔵の愛染明王像/愛染明王・天照大神同体説の展開など

鷹巣純、「幽明往還-縁起絵に見る中世・近世日本の他界往還のイメージ-」、細田あや子・渡辺和子編、『異界の交錯 宗教史学論叢10』上巻、リトン、2006、pp.323-346
山を越える;死出の山越え/剣の山//川のほとりで//野辺へ戻る//肉体の変容としての幽明往還//志度寺縁起の幽明往還など

佐藤弘夫、「『神仏習合』論の形成の史的背景」、『宗教研究』、vol.81 no.2、2007.9.30、pp.211-234 [ < CiNii Articles

伊藤聡、「神仏習合理論の変容-中世から近世へ-」、『宗教研究』、vol.81 no.2、2007.9.30、pp.385-409 [ < CiNii Articles

鈴木英之、「了誉聖冏『麗気記拾遺鈔』における神体-教相判釈される神々-」、『宗教研究』、vol.82 no.3、2008.12.30、pp.711-733 [ < CiNii Articles

饗庭千代子、「狂言『神鳴』に観る神と人間」、篠田知和基編、『天空の神話-風と鳥と星』、楽瑯書院、2009、pp.221-236
『神鳴』/雷神像を追って/神になった人間/日本神話の雷神/ギリシア神話の雷神/医術を行なう人間/医術を行なう神/神と人間と結びに代えて-など

中根千絵、「霊巌寺の妙見菩薩~日本の星信仰~」、同上、pp.207-219
霊巌寺と「御燈会」と妙見菩薩/天皇の目の病と妙見菩薩信仰/三条天皇の目の病と天狗/天狗と妙見菩薩/『今昔物語集』の妙見菩薩信仰と天狗など

中根千絵、「霊巌寺の妙見菩薩-日本の星信仰」、『アジア遊学』、no.121、2009.4、「特集・天空の神話学」、pp.86-93
霊巌寺と「御燈会」と妙見菩薩/天皇の目の病と妙見菩薩信仰/三条天皇の目の病と天狗/天狗と妙見菩薩/平安時代末の妙見菩薩信仰と天狗など

中根千絵、「伊勢朝熊山の縁起と星の神信仰」、篠田知和基編、『天空の世界神話』、八坂書房、2009、pp.95-111
朝熊山縁起-縁起の源泉を求めて/星の神の登場-朝熊山の略縁起をめぐって/結び-伊勢の星信仰と縁起など
2013/08/27 以後、随時修正・追補
日本 Ⅱ
江戸時代の儒学、キリシタン、蘭学・洋学、国学、霊学・古神道、民衆宗教・新宗教、古史古伝・偽史、神代文字、琉球、アイヌなど
   HOME宇宙論の歴史、孫引きガイド日本