ホーム 宇宙論の歴史、孫引きガイド 古城と怪奇映画など 美術の話 おまけ
甲賀屋敷

    1949年、日本 
 監督   衣笠貞之助 
撮影   杉山公平 
編集   西田重夫、沼崎梅子 
 美術   平川透徹 
 照明   平田光治 
    約1時間26分 
画面比:横×縦    4:3 
    モノクロ 

ケーブルテレビで放映
………………………

 超自然現象は起きません。タイトルに「甲賀」とありますが、黒装束で手裏剣を放つ忍者が出てくるわけではなく、もとより奇怪な忍術を駆使したりもしません。他方タイトルの「屋敷」どおり、とりわけ前半は篇中で「世阿弥(よあみ)の屋敷」とか「甲賀屋敷」と呼ばれる屋敷が舞台で、末尾では炎上までしてくれます。登場人物の台詞に曰く、「抜け穴だらけ。まるで化物屋敷」とあるくらいで、なかなか入り組んだ造りになっていますので、手短かに取りあげることにしましょう。
 原作は吉川英治の『鳴門秘帖』とのことで、タイトルには「第一部」と出ますが、続篇は製作されなかったようです。タイトル部分はクレジットの記された紙だか布を手が一枚一枚繰るというもので、他にもいろいろ類例はあるのでしょうが、コクトーの『美女と野獣』(1946)で黒板に書いては消し書いては消しという体裁だったのが連想されたりしたことでした。

 冒頭、町人風の男が塀を乗り越えて、屋敷の敷地に忍びこみます。庭はすすきがぼうぼうと生え放題の状態で、屋敷も雨戸が閉ざされています。ちなみに本作品で、塀や門、それに後に出てくる濠状の部分をのぞけば、屋敷自体の外観が映されるのはこの雨戸の閉まった軒先だけで、全体の姿は不明のままです。どのくらいの広さかも見当がつかない。
 さて、件の軒先の先に、少し出っ張った部分があって、そこに細めの扉がついています。そこから入ると、中は暗がりで、奥の方に小さな窓、脇に上への階段などが何とか見てとれる。滑車のようなものがあってそれを操ると窓を開ける仕掛けになっているのでした。
 蹴上げのない木の階段をのぼると中2階で、手前には金網が張ってあるようです。そこの窓から見下ろすと、まず、太い梁ごしに引き戸のある出入り口から浪人風の男が入ってくるのが見えます。この男は左の方に進み、そちらは書庫で、棚に平積みで本類がたくさん置いてある。
 男が気配に気づいて書庫から上を見上げると、戸口の上に中2階の窓が見えます。このショットでは、窓の桟や壁の梁と、それらの影が交錯していました。
 気づかれた町人風の男は、急いで戻ります。薄暗い中2階には、随所で天井から紐が垂れさがっており、その内のいくつかには錘がつけられています。右の方には滑車を操作する仕掛けの車輪らしきものものぞいている。これらの仕掛けによって上げ下げする揚げ戸のような類のものが、下の階にはいくつもあるということなのでしょう。
 階段をおりようとすると、階段自体がどうにかなったのか、驚く男をカメラは下からとらえる。男には格子の影がかぶっています。後の場面で、階段は軸で上下に回転するようになっていることがわかります。
 男は床を突き抜けたのか、1階よりさらに下の地下へ落ちる。太い柱と石積みの壁、床には水が溜まっています。右の方へ進むと、胸くらいの高さで石垣に穴が開いている。そこは上に狭い台形状の木組みがある坑道のような通路で、突きあたりで屋外に出るようです。そこを進む男の背をカメラが映します。ここまでで約7分、台詞はありませんでした。


 屋敷を囲む塀には、灯りをともす小さな塔があります。台座部分は石積みで、左にはやはり石の階段が塀に沿ってついています。その上に上すぼまりの木製の四角錐が立ち、頂きには屋根のついた灯り入れが設けられています。台座の中央には戸口があって、かがんでやっと通れるほどの高さです。左手には門がのぞいています。
 この塔のすぐ向かいには寺があるようです。また敷地のすぐ近く、見下ろすほどの低さで川が流れている。

 再び勝手口から入ると、障子の間があって、壁には小さな窓が開いています。その先の木戸を抜けると、吹き抜けの空間です。屋敷内の位置関係はよくわからないのですが、セット上では、ここが一応の中枢部にあたるようです。奥には中2階への回転する階段があり、その左手はさらに奥へ続く暗がりになっている。このショットでも、中2階の手すりや壁の梁、柱などとそれらの影が交錯しています。

 また別の部屋、右手に床の間のある押入の襖を開くと、中に下からの階段があるようです。部屋を出れば奥への廊下があり、天井には斜めになった縦格子の影らしきものが落ちています。この廊下では左手の柱が、上の方で斜めの支え柱を天井に伸ばしています。
 廊下を左へ折れると、襖があってそこでオルゴールが鳴っている。他方、木の引き戸を開け、網戸を開けて階段をおりるところを、下から見上げ、左に曲がればやはりこの部屋の襖の前に出ます。後の台詞からこのオルゴールの間は地下にあることがわかります。とまれここに姫君が幽閉されているのでした。
 ところでこの作品では、何度か、角を曲がって廊下を進み、また角を曲がるといった場面がありました。廊下がすごく長いわけではないものの、こうした動きによって空間の屈曲が伝えられるのでしょう。またこの屋敷には、人物たちが坐っていたり寝転がっていたりといった部屋ももとよりあるものの、廊下や階段、中2階などのように、腰を落ち着けるための場所ではない空間の方が目立っていたような気がします。表だっては空き家だという設定によるところもあるのでしょうが、この点もまた、必ずしも宏壮とはいいがたいセットに、入り組んだ印象をもたらすのに資していたのでしょう。
 また、冒頭の木戸で閉ざされた廊下の外観を除けば、たとえば『雨月物語』(1953、監督:溝口健二)におけるような、庭を囲む縁側の長い廊下も、だだっ広い畳敷きの広間も残念ながら本作には登場しません。もとより壁や柱は、地下の石積みを除けば、ほとんどが木製ですし、床も廊下は板張り、部屋の中は畳敷きなのでしょうが、空気の流れのよい和風建築であるはずなのに、一部の小窓以外は外に対して閉ざされています。こちらもまた、セットに独特の雰囲気をもたらす要因となっています。


 書庫にまた戻れば、右奥の壁が石積みのもので、その脇に上への階段があります。階段の上には扉があるのですが、これが斜めになっている。落とし戸の態をなしているのでした。とまれ書庫も、地下にあるということでしょうか。

 また廊下のような空間が登場します。左手は板貼りの壁、右にも壁があるのですが、壁から少しだけ間を開けて柱が立ち、柱と壁を短い水平の梁が結んでいます。突きあたりは石積みの壁で、その左の方では上からなだれ落ちて来た砂らしきものが溜まっています。突きあたりの上は屋外になっており、右側の屋内はオルゴールの間に通じているようです。つまりこの廊下というか濠のような場所は、地面より低い位置にあるのでした。

 横に床の間のある押入内の抜け道からは、塀に接した灯り塔の下の出入り口に通じていることがわかります。残念ながら通路の様子はわからない。それとも始めの方で町人風の男が通った坑道のようなところがそれにあたるのでしょうか。

 そうこうしている間にも、二度ほどチャンバラが行なわれます。一度目の際には、人物一人一人を交互にアップでとらえたカットを切り返し、妙に様式化した印象を与えます。ピアノによる西洋風の曲が劇伴しているのも、こうした効果を支えているのでしょう。
 ちなみにここで主人公が初めて登場するのですが、すでに約26分ほど経過しています。そこまでの話運びでは、当時の俳優たちの顔をよく知らないせいもあるのでしょうが、誰が主人公なのか、誰が善玉で誰が悪玉なのかももう一つはっきりせずにきました。この後も人物間の関係や状況がすっかり判然としたとはいいがたく、しかしこれはおそらく意図的なものなのでしょう。
 二度目のチャンバラは、木やすすきで見え隠れするようにして描かれます。ここでも活劇を身体の動きによって演出するという興趣はあまり目指されていないようです。
 また近くの町で祭りが催され、その間を縫って人物たちが行動する場面では、上からの俯瞰を始めとして、次々にカットが切り換えられます。


 屋敷内にもどれば、吹き抜けから脇に入った突きあたりの廊下、そこにヒロイン(幽閉の姫君とは別の人物です)は追いつめられるのですが、足もとの床板のどれかを踏むと、歯車が回り、突きあたりの壁が回転して向こう側に取りこまれてしまいます。取り残された人物はこれを「がんどう返しの落とし穴」と述べます。「がんどう返し(強盗返・龕灯返し)」というのは『広辞苑』によると、「劇場で、舞台の大道具を後へ倒し、最初は底になっていた面を垂直に立て、また次の道具を下からせり上げて、場面を転換させること。またその装置」だそうです。勉強になりました。
 落ちたヒロインは金網を張った廊下を経て、オルゴールの間との間の壁の前に出ます。少し広めのこの部屋の反対側の隅には、天井への階段か何かをおろすためと思しき紐が垂れています。ただしそれ以外に出口はないようです。
 手にした小刀で壁を突き崩し、姫君を救いだしたも束の間、姫君付きの婆やが灯りを倒してしまい、屋敷は火に包まれるのでした。姫君と思いあう仲であった主人公によって二人は何とか助けられますが、火の回りを押し留めようとしていた婆やに救いの手は届かずじまいになってしまいます。その後のエピローグを経て、次回に続くことになるのですが、冒頭で述べたように続篇は製作されなかったようなのでした。

 2014/12/25 以後、随時修正・追補
   HOME古城と怪奇映画など甲賀屋敷 1949