ホーム 宇宙論の歴史、孫引きガイド 古城と怪奇映画など 美術の話 おまけ
『点 線 面 1991 幾何学的構成主義作家6人展』図録、
ギャラリーないとう、1991.3.30
 
四角はまるいか

石崎勝基
 

 いわゆる幾何学的抽象は、表現として成立しうるかいなかを、そのありかたの矛盾に負うている。ここで矛盾というのは、作品のめざすところが何らかの理念的なるものであるとして、その理念が裸形の理念でしかありえないため、作品の即物的なありようと予定調和的な間合いをとるわけにいかず、両者の間にきしみが生じずにはいないことを意味している。
 モンドリアンやマレーヴィッチなど、抽象絵画の草創者たちが念頭においていたのが、神秘論的・ユートピア的ヴィジョンであったことはよく知られている。そうしたヴィジョンが主題の位置を占めるとしても、それはかつてのように、個々のモティーフと画面外の対象が一対一的に対応し、もって画面内の世界と外の世界が、それぞれ独立した集合として照合しうる関係を保証されているわけではない。むしろ両者は、仲介ぬきで対峙しあわなければならないのだ。
 この時呼び出されるのが幾何学的性格だが、それは、プラトニスムの伝統が、幾何学を現実から抽象された理念の領域を扱うものと見なしてきたからだけではない。また幾何学性は、具象的なモティーフを抽象的な形態におきかえるだけでおわるものでもない。幾何学的なアプローチは、画面の構造を意識的に分析し、表現のありかたそのものを画面に即して、おのが主題・理念とすることができるのだ。その際重要な軸をなすのは、物体としての限界、すなわちエッジと、そこよりの演繹的な決定の問題であろう。理念化を成立させるためには、仲介の保証がないのだから、両者はぴったりと重なりあわなければならない。それゆえ理念は、当初の神秘論的な志向をも失なって、表現そのものの自己参照的な理念となりゆき、物体はますます、それ以外の何ものでもないという即物性をあらわにするだろう。それ以外の何ものでもないものは、ただそれ以外の何ものでもない時、それ以外の何ものでもなくされているのだという観念を、見るものの内に呼びおこす。
 同語反復(トートロジー)はしかしすでに、反復されるふたつの語へと分裂している。語が同じであるかぎりにおいて、それは袋小路以外ではありえないが、袋小路であることの不安自体が、ぎりぎりすくいとられた表現でありうるかもしれない。不安とは、自己のありかたを自明としない点で反芸術的な契機をはらんでいるのだが、しかしまさにそこでこそ、理念が理念で、物体が物体でとどまらず、両者の緊張が表現たりうる可能性が開けよう。モンドリアン、ニューマン、初期のステラやジャッドの成功した作品はそれぞれに、こうした緊張に問いかけているように思われる。
 ただしこの緊張は、ぎりぎりのものであるだけに、一歩踏み外せばたやすく消え失せかねない。物体としてありかたを顧みない時は単なる観念の図解に、観念としてのありかたを顧みない時は日常の網の目に埋没した物体に − 作品がつねに可視的な形をとらざるをえないことからすれば、この二点は畢竟同じことであろう。幾何学的なり、演繹的であることは、それだけではいかなる質も保証しない。幾何学的抽象には、つねに、単なる模様でおわるという装飾化・デザイン化の危険がつきまとっている。ただ、おのれのありかたに即しつつそれをつきつめようとする時、他に比して明瞭に、観念と物体の交渉としての作品の構造/分裂を呈示しうる可能性が生じるのだ。
 今回の六人展は、内藤二朗の交友に端を発したものということだが、内藤の志向ゆえかいずれの作品も、幾何学的構成がはらむ課題とのスタンスで眺められる。そこにおいて、四角は四角であることに即しつつ、四角からのずれをはらむことができるだろうか?

 
   HOME美術の話四角はまるいか