ピエロ・デッラ・フランチェスカの周辺《理想都市》1470-90?

ピエロ・デッラ・フランチェスカ(1412頃-1492)周辺の画家;ルチアーノ・ラウラーナ(1420頃-79)?、フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ(1439-1501)?、ジュリアーノ・ダ・サンガッロ(1445-1516)?・・・
《理想都市》
1470年?/1480-1490 ?
油彩・パネル
67.7x239.4cm

国立マルケ美術館、ドゥカーレ宮、ウルビーノ

Autour de Piero della Francesca ; Luciano Laurana ?, Francesco di Giorgio Martini ?, Giuliano Gianberti da Sangallo ?・・・
Città Ideale
1470? / 1480-1490 ?
Olio su tavola
67.7 x 239.4cm
Galleria Nazionale delle Marche, Palazzo Ducale di Urbino

Cf., Goerge Martin Richter, "Architectural Phantasies by Bramante", Gazette des Beaux-Arts, 1943, tome 23, pp.5-20 中の p.13 / fig.8

Sir Kenneth Clark. "Architectural Backgrounds in XVth Centyru Italian Painting - II", The Arts, no.II, 1947, p.36, pp.38-39

Richard Krautheimer, "The Tragic and Comic Scene of the Renaissance: the Baltimore and Urbino Panels",Gazette des Beaux-Arts, 1948.1-6, pp.327-346

Pierluigi de Vecchi,Tout l'œuvre peint de Piero della Francesca, (Les Classiques de l'Art), Flammarion, Paris, 1968, pp.104-105 / cat.no.26

ピエール・フランカステル、大島清次訳、『絵画と社会 美術名著選書 5』、岩崎美術社、1968、pp.28-29、p.47、図11

André Chastel, Fables, formes, figures 1, Flammarion, Paris, 1978, pp.496-503 : "28. «Vues urbaines peintes» et théâtre"(1974 et 1976)
  本作の図版は p.321 / fig.136 ("14. Marqueterie et perspective au XVe siècle" 内)

生田圓・佐々木英也、『世界美術全集 3 マザッチオ/マゾリーノ/ピエロ・デルラ・フランチェスカ』、集英社、1979、pl.87、pp.122-123

アンドレ・シャステル、松浦寿夫訳、「理想都市 1(アート・リーディング 8)」、『美術手帖』、no.479、1981.4、pp.206-217/「理想都市 2(アート・リーディング 9)」、『美術手帖』、no.481、1981.5、pp.200-209;第1回の pp.206-207、p.214訳註19

コーリン・ロウ、伊東豊雄・松永安光訳、『マニエリスムと近代建築 コーリン・ロウ建築論選集』、彰国社、1981、pp.254-280:「ユートピアの建築」、p.261 / 図102

福田晴虔、『建築と劇場 - 18世紀イタリアの劇場論』、中央公論美術出版、1991、pp.41-43、p.116

アレッサンドロ・アンジェリーニ、池上公平訳、『イタリア・ルネサンスの巨匠たち 16 ピエロ・デッラ・フランチェスカ』、東京書籍、1993、p.72, p.78/pl.98

Hubert Damisch, translated by John Goodman,The Origin of Perspective, The MIT Press, Cambridge, Massachusetts and London, 1994, pp.170-171 / fig.22, pp.204-205 / figs.34-35, p.210 / fig.41, p.247 / fig.53, p.272 / figs.61-62, p.290, p.295 / fig.68, pp.320-321 / fig.76, pp.334-336 / figs.79-81, p.338 / fig.83, pp.343-344 / figs.85-86, p.354 / fig.89, pp.368-370 / figs.99-102

Richard Krautheimer, "The Panels in Urbino, Baltimore, and Berlin Reconsidered", Edited by Henry A. Millon, Italian Renaissance Architecture. From Brunelleschi to Michelangelo, Thames and Hudson, London, 1994/1996, pp.231-257

中嶋和郎、『ルネサンス理想都市』(講談社選書メチエ 77)、講談社、1996、pp.88-91/図2-6(p.90)

アンリ・フォシヨン、原章二訳、『ピエロ・デッラ・フランチェスカ』、白水社、1997、p.127, p.130

マリリン・アロンバーグ・レーヴィン、諸川春樹訳、『岩波 世界の美術 ピエロ・デッラ・フランチェスカ』、岩波書店、2004、p.316, pp.318-319/図210

石鍋真澄、『ピエロ・デッラ・フランチェスカ』、平凡社、2005、pp.268-270/図13

ロベルト・ロンギ、池上公平・遠山公一訳、『ピエロ・デッラ・フランチェスカ』、中央公論美術出版、2008、pp.164-166/図121、pp.247-249/訳注101

稲川直樹・桑木野幸司・岡北一孝、『ブラマンテ 盛期ルネサンス建築の構築者』、NTT出版、2014、pp.47-50

David Wade, Geometry & Art. How Mathematics transformed Art during the Renaissance, Shelter Harbor Press, New York, 2017, pp.94-95
   HOME美術の話寄木細工、透視画法、マッツォッキオ、留守模様ピエロ・デッラ・フランチェスカの周辺《理想都市》1470-90?挿図一覧
オペラ座の裏から(仮)(2019.9)ピエロ・デッラ・フランチェスカの周辺《理想都市》1470-90?