ランブール兄弟《ベリー公のいとも豪華なる時禱書》より《7月》 1413-1416
《7月》 Juillet

ランブール兄弟《ベリー公のいとも豪華なる時禱書》より《12月》 1413-1416
《12月》 Décembre

ランブール兄弟《ベリー公のいとも豪華なる時禱書》より《キリストの誘惑》 1413-1416
《キリストの誘惑》 La tentation du Christ

ランブール兄弟(1385頃-1416)
《ベリー公のいとも豪華なる時禱書》より
1413~1416年
装丁した写本、犢皮紙に描画
29.0 x 21.0 cm
コンデ美術館、シャンティイ


Frères de Limbourg
Les très riches heures du duc de Berry
1413-1416
manuscrit relié peinture sur vélin
29.0×21.0cm
Musée Condé, Chantilly

Cf., ケネス・クラーク、佐々木英也訳、『風景画論』(美術名著選書 4)、岩崎美術社、1967、pp.23-24、図17(《8月》と《12月》)

Franz Haittinger, Les très riches heures du Duc de Berry,(ORbis Pictus), Société Française du Livre, Paris, 1976
  pl.VII : Juillet, pl.XII : Décembre, pl.XIX : La tentation du Christ

木島俊介、『ヨーロッパ中世の四季』(増刊中央公論)、中央公論社、1983
  p.47:《7月》、p.69:《12月》


『週刊グレート・アーティスト 36 ランブール兄弟』(分冊百科・西洋絵画の巨匠たち)、同朋舎出版、第1巻第36号、1990.10.16
  p.22(1140):《7月の図》、p.27(1145):《12月の図》


Ingo F. Walther, Norbert Wolfr, traduit par Wolf Fruhtrunk, Codices illustres. Les plus beaux manuscrits enluminés du monde 400 à 600, Taschen, 2005, pp.280-285

前川久美子、『中世パリの装飾写本 書物と読者』、工作舎、2015、図版編 pp.62-73:ベリー公の『いとも豪華なる時禱書』、テクスト編 pp.186-198:「第15章 写本装飾のピーク - ランブール兄弟」

田中久美子、『世界でもっとも美しい装飾写本』、エムディーエヌコーポr-ション、2019、pp.126-145
   HOME古城と怪奇映画など怪奇城閑話怪奇城の肖像(前篇)>ランブール兄弟《ベリー公のいとも豪華なる時禱書》より 1413-1416挿図一覧