ヴォルス《題名不詳》1938

ヴォルス (1913-1951)
《題名不詳 》
1938年
写真
23.0×17.2cm

Wols
title unknown
1938
Photographie
23.0×17.2cm
Cf., 『写真のエコール・ド・パリ』展図録、目黒区美術館、三重県立美術館、北海道立近代美術館、河口湖美術館、静岡県立美術館、ひろしま美術館、1991-92、p.85 / cat.no.197

Cf.cf.

千葉成夫、「写真家としてのヴォルス MIZUE JOURNAL 3」、『みづゑ』、no.886、1979.1、pp.76-77

 雨降り後の石畳が、上から接近して撮影されている。カメラの位置は、撮影者の身ぶり以上に、被写体の物質的な実在感を強調するだろう。
 濡れた石、泥まじりの水などは、材質のちがいをよく伝えている。しかし、質感が克明であればあるほど、個々の存在は相殺しあうのではないか。意味ありげな人形も、骨のようなかけらも、その点で水や石と等価だ。
 写真がとらえるのは、事物そのものではなく、実体を欠くイメージなのだろう。カメラの角度を示す右上の壁、敷石を宙に浮かす水の曖昧さ、さらに上下でのピントはずれまで、いっさいが正面を向かず斜めに横断して、イメージの通過を物語る。

(石崎勝基・県立美術館学芸員)
『中日新聞』(三重版)、1991.7.16、「パリ展から」

『写真のエコール・ド・パリ』展(1991/6/22~7/28)より
こちらを参照 [ < 三重県立美術館サイト
   HOME美術の話著作権切れ泰西美術等400字前後解説輯挿図一覧