ヴァン・ド・ヴェルド 雑誌『ヴァン・ニュー・エン・ストラックス』第1号 1893

ハンリィ・ヴァン・ド・ヴェルド (1863-1957)
雑誌『ヴァン・ニュー・エン・ストラックス』第1号表紙
1893年

28x22cm
個人蔵


Henry van de Velde
Cover of the Magazinw
Van nu en straks (Of Now and Afterwards), vol.1
1893
Paper
28x22cm
Private collection

Cf., 西澤信彌、「My «fin de siècle Design»Gallery:2 ストーリーの発端」、STYLING international、no.8、September 1987、pp.110-111

Klaus-Jürgen Sembach, translated by Michael Robinson, Henry van de Velde, Thames and Hudson, London, 1989, p.15

『ヴァン・ド・ヴェルド展』図録、東京国立近代美術館工芸館、三重県立美術館、伊丹市立美術館、1990、p.46 / cat.no.31

Cf.cf.,

西澤信彌、「アンリ・ヴァン・ド・ヴェルドと雑誌『ヴァン・ニュー・エン・シュトラークス』」、『美術史研究』、no.8、1971、pp.67-84

 横長の枠の中を、波打つ線がみたしている。具体的な対象をなぞるとはとても見えず、手の動くままにゆだねたかのようだ。ただ、右上に太陽と海が認められるので、何らかのイメージから出発はしたのだろう。
 右下ではこの作品が表紙を飾った雑誌の標題が、枠の内と外二語ずつ配されているが、内側の'NU'は主な線と見分けがつかず、外の'STRAKS'も、枠の内の運動を継続するべく踊っている。ここだけ枠がとぎれて、枠内と紙面全体を統一する。
 とすれば、向こう側への窓なす絵画ではなく、表紙を飾るデザインが問題なのだろう。抽象性も、装飾という機能に、紙面を突き破らぬよう要請された結果であるわけだ。
 ただし、線は、平面的なパターンでおさまってはいない。線の軌跡は袋状に閉じており、枠どりに抗する独自の生命を求めてのたうつ。機能に即した構造と、それをはみでようとする力動との緊張こそが、この作品の格なのである。

(県立美術館学芸員・石崎勝基) 
『中日新聞』(三重総合)、1990.7.25、「『ヴァン・ド・ヴェルド展』から 6」

『ヴァン・ド・ヴェルド展』(1990/7/14~8/19)より
こちらを参照 [ < 三重県立美術館サイト
なお、やはり三重県立美術館のサイトより;

ハンリィ・ヴァン・ド・ヴェルド 『バックル』」、『ひる・ういんど』、no.32、1990.9

こちらや、またあちらも参照
 
   HOME美術の話著作権切れ泰西美術等400字前後解説輯挿図一覧