ドガ《マイヤーベーアのオペラ『悪魔のロベール』のバレエ場面》1876

エドガー・ドガ (1834-1917)
《マイヤーベーアのオペラ『悪魔のロベール』のバレエ場面》
1876年
油彩・キャンヴァス
76.6×81.3cm
ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館、ロンドン


Edgar DEGAS
The Ballet Scene from Meyerbeer's Opera 'Robert le Diable'
1876
Oil on canvas
76.6×81.3cm
The Victoria and Albert Museum, London

Cf., Fiorella Minervino, Tout l'œuvre peint de Degas. Les classiques de l'art, Flammarion, Paris, 1974, pl.XL, p.109 / cat.no.487

『英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展』図録、伊勢丹美術館、大丸ミュージアム・梅田、ひろしま美術館、福岡市美術館、そごう美術館、三重県立美術館、1990-91、pp.130-131 / cat.no.49

 オペラの上演を描いたこの作品中、舞台はしかし、決して主役ではない。俳優たちは照明に溶けこむかのようで、また身ぶりが連鎖するため、誰かに焦点がすえられることもない。
 では前景の人物たちはというと、確かに大きく、量感も施されているが、ほとんど皆後頭部か横顔を示し、しかも向きはまちまちだ。楽団と観客席の境も判然としない。他方舞台の上と下は、つなぎもなく断ち切られる。
 画面がばらばらと見えようここでは、しかしそのためかえって、空間はできあいの容器におさまろうとせず、むしろ意図的な擾乱によって活性化されている。それまで絵画空間の前提であった遠近法的な枠組みが崩壊しつつある時 - 近世の終わり、近代の端緒にこの作品は位置している。

(石崎勝基・県立美術館学芸員)
『讀賣新聞』(三重版)、1991.4.27、「ヨーロッパの美 ヴィクトリア&アルバート美術館展 作品紹介 5」

『英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展』(1991/4/6~5/6)より
こちらを参照 [ < 三重県立美術館サイト

こちらも参照
   HOME美術の話著作権切れ泰西美術等400字前後解説輯挿図一覧